格闘技で疲れた目に充電式アイマスクを使って分かったメリットとデメリット

格闘技(関連)商品紹介

格闘技の練習って本当にハードです。
全身の筋肉を使うし、大なり小なりケガをすることはしょっちゅうですし、終わると毎回力尽きます(それが気持ち良くもあるんですが 笑)

そして、実は目もかなり疲れています。
特に打撃系格闘技だとパンチやキックなどをいかに避けてかわしガードするかに神経を使うため、半端なく酷使しています。

さらに、練習の前後に試合動画などをスマホやパソコンで観ていると疲れ目もいいところで、僕はそれに伴い頭痛がたびたび起きていました。

そこで蒸しタオルを目の上に置いたり、使い捨てアイマスクを使ったりして対処していたのですが、先日こんなものを発見しました。

ホットアイマスク USB 【楽天1位】 SLOTRE ホットアイマスク 充電 目の疲れ 疲れ目 グッズ 繰り返し 温める 目元ケア 温熱 振動 コードレス 15分タイマー マッサージ アイケア 日本語説明書付き

価格:2,980円
(2021/5/18 01:37時点)

そう、充電式アイマスクです。
面白そうなので試しに買ってみたのですが、予想より良い使い心地でした。

今回は、僕が使ってみて感じたメリットとデメリットをお話したいと思います。

充電式アイマスクのメリット

まず何より良かったのは、手軽に使える便利さです。蒸しタオルは水に濡らして絞って電子レンジで温めて…という作業があって少々手間ですが、これはボタン1つで起動できるので「あまり時間がないけど少しだけ使いたい…」という時でもOKです。

また、充電式なので繰り返し使用できます。使い捨てアイマスクは1度開けるともう戻せないので、途中で何か用事が入ると泣く泣く捨てるしかなかったのですが、これなら電源をオフにして使いたい時にまたオンにすればいいだけです。無駄な消費を防げます。

そしてこの充電式アイマスク、実は振動マッサージ機能も備えています。

振動の頻度は何段階か調節可能で、温めるのと同時にマッサージによって二重の癒しを与えてくれます。振動無しにも出来るので、不要な時にはそのまま普通のアイマスクとして使用できるのもポイントが高いです。

充電式アイマスクのデメリット

一方で、気を付けなければいけないのは装着時にベルトを適度に緩めておかないと目の付近を圧迫するので、外した時に視界がぼやけます。
回復までに時間もかかるので、必ず少し余裕をもって緩めましょう。

また当然ですが充電式のため、バッテリーが切れたら使えません。
手軽に使える分、ついつい充電するのを忘れていざ使おうとしたらバッテリー切れというパターンになりがちなのでこまめに充電する必要があります。

目元の材質はシリコンとなっていて当たりが柔らかいですが、この感触に違和感を覚える人もいるかもしれません。シリコンがあまり好きではない人は買うのは控えた方が無難です。

価格はお手頃なので試しに購入してみるのもいいかも

正直僕も使うまでは「本当に効くのか…?」という感じだったのですが、いざ使ってみると手軽かつ便利で、適度な温度と振動マッサージの合わせ技による癒しは結構良いです。

約3000円と特段高くはないので、疲れ目に困っている人は試しに買ってみる価値はあるかと思います。

ちなみにコードレスとなっており装着したままでも移動は出来ますが、気を付けないと僕のように足の小指をぶつけるので注意してください(笑)

ホットアイマスク USB 【楽天1位】 SLOTRE ホットアイマスク 充電 目の疲れ 疲れ目 グッズ 繰り返し 温める 目元ケア 温熱 振動 コードレス 15分タイマー マッサージ アイケア 日本語説明書付き

価格:2,980円
(2021/5/18 01:37時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました