格闘技におすすめの飲料水は何か

格闘技(関連)商品紹介

格闘技の練習中に何を飲むかは大切です。

なぜなら、飲むものによって自分の練習のパフォーマンスに影響を与えることになるからです。

しかし、これから格闘技を始める予定の人や格闘技を始めたばかりの人は、何を飲むのが良いのか分からず悩むこともあると思います。

この記事では上記のように、

格闘技の練習に持っていく飲料水は何がいいのか分からない

という人のために、僕が個人的におすすめしたいものをお話します。

僕について少し自己紹介しますと、

・格闘技歴10年以上
・アマチュア選手としてキックボクシングなどの試合へ出場経験あり
・ボクシングのプロライセンス取得に向けて現役で練習中

な人間なので、それなりに参考になると思います。

『まとめ買いした水+ヴィターゴのドリンク』がおすすめ

まず結論から言いますと、僕は『水とヴィターゴを混ぜたドリンク』が総合的な観点からおすすめします。

ヴィターゴとはこの商品のことです。

このドリンクをおすすめする理由は、以下の通りです。

・水のまとめ買いをするととにかく安くてコスパがいい
・すぐ届くから余計な買いだめ不要
・練習する日ごとにいちいち買わなくていい
・ボトルや水筒に入れて飲むから、常温か冷たくするか自由
・ヴィターゴの胃腸に負担のかからない吸収の良さとバテにくくなる効果が良い

詳細を順番に見ていきます。

水のまとめ買いをするととにかく安くてコスパがいい

自販機やコンビニで水を買うとなると、500ミリリットルのものでも100円はします。

しかし、ネットショッピングでまとめ買いすれば、モノにもよりますが1本辺り50~60円ほどで手に入るのでとにかくコスパが良いです。

そしてこれにヴィターゴを混ぜても、1本辺り180~190円とまずまずの価格です。
※体重60㎏の人が使用する場合です。使用する人の体重によって混ぜる分量が変わるため、計算価格は前後します。

すぐ届くから余計な買いだめ不要

水をまとめ買いしたことがある人は分かると思いますが、注文してから届くまでがとても早いです。

もちろん住んでいる地域にもよりますが、最短だと翌日中に届けてくれることもあります。

ヴィターゴはさすがにそこまで早くないので残量を見つつ注文する必要がありますが、あらかじめ多めに買い込んでも置く場所に困ることもあるので、これは隠れた良い点だと思います。

ちなみに僕は500ミリリットルの水とヴィターゴを混ぜているため分かりやすいように500ミリリットルの容量で注文していますが、2リットルで頼んでもOKです。

練習する日ごとにいちいち買わなくていい

これは練習する頻度によりますが、僕のように最低でも週に4~5回は練習するタイプにとって、その時ごとにわざわざ飲料水を買うのって意外と面倒になります。

しかも自販機やコンビニで買うのとスーパーで買うのでは値段が異なるため、なるべくスーパーで買いたいのですが、スーパーで主婦の方々がたくさん買い物してる中で飲料水1本だけ買うのって引け目を感じがちです。

しかしあらかじめ家から持参しておけば、わざわざ買う手間もかからず時間もロスせずジムに直行して練習できます。

ボトルや水筒に入れて飲むから、常温か冷たくするか自由

水とヴィターゴのドリンクはよくシェイクして混ぜて作る必要があるので、ボトルか水筒に入れることになります。

自販機やコンビニ、スーパーで買おうとすると既に冷やされているものが多いですが、これなら常温で持っていくこともできるのでその日の体調に合わせられます。

また、夏場などでキンキンに冷やしたドリンクにしたい場合は、氷をぶちこめば最高に冷えたものが作れますし、ボトルや水筒に入っていれば温くなりにくいです。

ヴィターゴの胃腸に負担のかからない吸収の良さとバテにくくなる効果が良い

ヴィターゴはとにかく吸収が良く、胃に溜まる感覚が全くありません。

カーボドリンクなので摂取するとバテることも少なくなり、味もグレープフルーツとなっていて飲みやすいです。

これまでにスポーツドリンクや炭酸飲料など色々試していたのですが、僕はこの水とヴィターゴのドリンクがしっくりきました。

詳しくはこちらの記事にも書いてますので良ければご覧ください。

まとめ

この記事の要点をおさらいします。

・おすすめの飲料水は水とヴィターゴを混ぜたドリンク
・メリットはコスパが良いこととヴィターゴの吸収が良くバテにくくなる効果が得られる
・水は注文してから届くまでが早いのであらかじめまとめて買い込む必要がなく、置く場所にもあまり困らないなど、総合的観点で見てもなかなかの良さがある

もちろん人によってはヴィターゴの口当たりや味が合わないということもあると思うので、その場合は自分が合う飲料水が何かを色々試してみるのがベストです。

僕も色々試して最終的にこれに辿り着いたので、ぜひ自分にしっくり来るものを探してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました