【これがあれば大丈夫】ボクシングのロードワークに必要なもの

格闘技(関連)商品紹介

ロードワークは、ボクサーにとって大事なトレーニングの1つです。

世界王者として11回王座防衛を果たした内山高志さんや、世界3階級を制覇した長谷川穂積さんなど、名だたるボクサーの方々はみんなロードワークをしっかりやっていたことが明かされています。

※長谷川穂積さんは過去のインタビューで、走り込むことが勝利に繋がるとお話しています。

<私とラン> 長谷川穂積 「いっぱい走り込んだ後の試合って勝つんです」(米澤和幸)
今でも走ることは好きじゃないですよ。ただ、毎朝のロードワーク中はとにかく歩かないよう心がけています。歩くと、気持ち的に負けてることになるんでね。同時に、走り続けていると“自分はやってるんだ”というメンタル面での自信がつく。

僕もロードワークをしている1人ですが、その効果や大切さは身に染みて感じています。

この記事を読んでいる人の中には、これからロードワークを始めようとしている人もいるかもしれません。

この記事では、『ロードワークをするにあたって必要なものを知りたい』という人のために、何を用意すれば良いかを説明します。

これを書いている僕は、実際に週5回ロードワークを行っているボクサーなので、ぜひ参考にしてもらえれば嬉しいです。

ランニングウェア

「走るだけだし、普通のTシャツと短パンで十分」と思う人がいるかもしれませんが、ロードワークは想像以上に汗をかくのでこれを吸った服は重くなり、走るのに影響を及ぼします。

ランニングウェアの方が吸水性や速乾性に優れており、軽くて動きやすいので快適に走るためにも準備するのがベストです。

ちなみに僕が実際にロードワークで使っているおすすめのウェアはこちら。

この価格で全身一式が揃っていてとても便利です。造りも丈夫で着心地もいいので、用意しておいて損はないと思います。

ランニングシューズ

軽くて丈夫なランニングシューズは、地面を力強く蹴り出せますし足にかかる負担も少なくできます。

日常生活用のシューズを使うと足首を痛めたりする可能性もあるので、必ず用意しましょう。

購入の際はネットではなく、靴屋で試し履きをした上で決めるのがベストです。

サイズはもちろん、足へのフィットする感や軽さなどは実際に履かないと分からないので、面倒くさがらずに足を運ぶことをおすすめします。

ランニングポーチ

ランニングウェアのポケットにスマホなどの小物を入れておくと、走るのに邪魔になるだけでなく落としてしまうリスクがあります。

水分補給も常にできる状態にしておけると安心なので、それらを全て収納できるランニングポーチは必需品です。

身体に接する面は汗を吸うので、使い終わったら必ず除菌スプレーをかけておきましょう。

スポーツサングラス

早朝にロードワークを行う場合は、用意しておいてほしいものです。

太陽の日差しは思っている以上に強く、特に夏場は眩しさも一際なので目をしっかり保護し快適に走れるようにしましょう。

使ってみると分かりますが、これが有るのと無いのとでは走りやすさが全く違います。

サングラスをかけていると自分がカッコよくなった気がして、モチベーションも上がります(笑)

まとめ

ロードワークに必要なものをおさらいします。

  • ランニングウェア
  • ランニングシューズ
  • ランニングポーチ
  • スポーツサングラス

全て揃えると、大体10,000~15,000円くらいになると思います。

やや高く感じるかもしれませんが、逆にこれだけしっかり準備すると「頑張らねば!」という気持ちが芽生えてきます。

ロードワークに必要なことは走る時間や距離よりも継続する力なので、まずは形から入って自分の『やる気スイッチ』をオンにすることをおすすめします。

僕は早朝に行っていますが、空気が澄んでいる感じや静かな雰囲気の中で走るのは思った以上に快適で、良い1日のスタートが切れた感覚になれます。

ぜひロードワークで強い身体造りというだけではなく、様々な効果を実感してもらえたら何よりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました