打撃が怖いけど格闘技をやりたい人のための対策

お問い合わせ

ひとくちに格闘技と言っても様々なものがありますが、ボクシングやキックボクシングなどではパンチやキックといった『打撃』が存在します。

僕は格闘技をそれなりに長くやってきたこともあって抵抗はないのですが、人によっては打撃を怖いと感じたり、思いきり打ち込めないということもあります。

この記事では、

・格闘技をやってみたいけど打撃が怖い
・殴るのも気が引けるし殴られるのも嫌

という悩みを抱えている方に向けて、打撃を使わなくてもできる格闘技についてお話します。

組技系格闘技に取り組む

打撃を一切使わない格闘技って、実はたくさん存在します。

オリンピック種目である柔道やレスリングを始め、柔術や合気道といったものは、全て打撃無しの格闘技です。

僕が以前通っていたジムにも、打撃が怖いからという理由で柔術をずっと続けている方がいました。

また、打撃系の格闘技をやっていたものの、殴ることに慣れず組技系格闘技に転向してくる方もいまます。

打撃をやることだけが格闘技ではなく、それぞれにあった形で取り組めれば良いのです。

寸止めを採用している格闘技に取り組む

代表的なものとしては空手になると思います。

空手には大きく分けて、実際に打撃を当てて闘う『フルコンタクト空手』と打撃を当てず寸止めにとどめる『伝統派空手』の2種類が存在しています。

寸止めであれば実際に相手を殴ったり殴られることはなく、技の早さやキレなどで勝負することが可能。

もちろん誤って当たってしまうこともあるようですが、ルール上は反則なので打撃が怖い方にも十分オススメできる格闘技ではないかと。

護身術に取り組む

格闘技とは毛色が異なりますか、打撃が怖い方にも護身術は有効なものです。

あくまで自分の身を守るための技術なので、ボクシングなどのような打撃は使わずに相手から逃げたり制することが可能です。

もちろん習うものによっては打撃を使う場合もありますが、ミットに打つことがほとんどでスパーリングなどはしません。

格闘技は闘うことが前提で荒々しい雰囲気ですが、護身術はそうではないため喧嘩や争い事が苦手な優しい方にも敷居が低く、取り組みやすい形になっています。

まとめ

打撃が怖い方におすすめの格闘技をご紹介しました。

打撃のある格闘技は分かりやすく始めやすいですが、ケガをしやすい一面もあります。

普段何かを殴ったり殴られたりという行為をする機会はまず無いため、怖がる方がいるのも何ら不思議ではないですし、ネガティブなことではありません。

ですのでどうしても打撃が怖くてやれない方は、無理をせず自分ができる範囲で格闘技に関わっていってもらえればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました