株を適当に買っても稼げる3つの理由と条件

株式投資の基礎
この記事を読んで分かること

・株は適当に買っても稼げるのか
・株を適当に買っても稼げる理由
・株を適当に買って稼ぐための条件

『投資』というビジネスが一部の人のためのものではなく、誰でもできるものと認知され普及した昨今。

株を取引し、利益を得ようとする『投資家』は格段に増えました。

しかし、そのためには書籍や動画などで知識を身に付け、試行錯誤を繰り返して経験を積む…という過程が必要であり、決して簡単ではありません。

ではそのような過程を経ていない状態で適当に株を買ったら、稼ぐことはできないのか。

これに関しては、僕の経験上やり方次第で稼ぐことは可能であると思っています。

この記事では、そんな適当な購入でも稼げる理由と条件についてお話します。

 

3つの理由と条件

まず結論から言うと、株を適当にも買って稼ぐことができるのは以下の3つの理由があるからです。

・株価は常に何らかの理由で変動している
・配当金が得られる
・株主優待を得られる

そして上記の理由を支えるのが、以下の3つの条件となります。

・株価がどれだけ下落しても保有し続ける
・配当金、株主優待を得られる株を買っておく
・株は余剰資金で買っておく

事項から、これらの理由と条件の詳細について説明します。

 

株は取引完了させなければ損失が確定しない

はじめに、1つめの理由と条件である『株価は常に何らかの理由で変動している』と『株価がどれだけ下落しても保有し続ける』について触れていきます。

よく「株で○○万円も損した!」という失敗談をネット上で見かけますが、実はあれだけだとその人が本当に損失を出したのかは定かではありません。

というのも、株には『含み損』というものがあるからです。

含み損とは、簡単に言うと『もし今の状態で株を売却したらいくら損をするか』を表したもの。

確かに損をしている状態ではありますが、逆に言えば売却しなければ実際に損失が確定することはないのです。

だから仮に適当に株を買ってその後株価が下落してしまっても、売却しない限りは含み損のままで実際の損失とはなりません。

そして、株価というのは常に様々な要因で変動しています。

要因や変動幅は多岐に渡るため、もし今売却したら損をする状態でも、明日には翻って利益が得られるところまで株価が上がっている可能性は十分にあります。
(もちろんその逆も有り得ます。)

なので株価が下落しても売却せず保有し続けていれば、時間はかかってもいつか上昇に転じた時に売却すれば稼ぐことができるのです。

 

株は持っていさえすれば得する可能性に溢れている

続いては、稼げる理由の2つ目と3つ目、あわせて稼げる条件の2つ目である『配当金が得られる』、『株主優待を得られる』、『配当金、株主優待を得られる株を買っておく』についてです。

株にはあらかじめ定められている期日までに保有していれば得られる『配当金』と、定められている条件を満たしていれば配布される『株主優待』という2つの仕組みが存在します。

これらは株を保有し続けている限りは自動的に得られるもの(会社側が廃止しなければ)なので、僕達の側からすれば不労収入のような感覚です。

ただし株によっては配当金や株主優待の制度を設けていないものもあるので、買う前にその点について必ず確認しておきましょう。

 

余裕資金で買えば焦らず持ち続けられる

最後は稼げる条件の3つ目、『 株は余剰資金で買っておく』についてです。

先程説明した「株価が下落しても株を持ち続ける」というのは、この株を売却して現金化しなくても問題がないからこそ可能な手段です。

株は余剰資金で買うのが投資の世界では鉄則とされているのですが、もし生活費など直近で使う予定がある資金だと、たとえ損失となるのが分かっていても売却せざるを得ない状況に陥ります。

余剰資金ならば現金化しなくても何も問題はありませんし、株価がどれだけ下降しようが焦る気持ちは出てきません。

「上がるまで待つ」という姿勢を取るために、ここは崩してはいけない条件なのです。

 

上場廃止になる可能性のある株だけは絶対に買わないようにする

以上が『株を適当に買っても稼げる理由と条件』ですが、1つだけ注意しなければならないことがあります。

それは、上場廃止となりそうな株には手を出さないということ。

上場廃止となった株は、通常の取引が不可能となります。

最終的には買った株の価値自体が無くなってしまい大きな損失を出す危険があるため、必ず「この株は買っても大丈夫なのか」は確認しておきましょう。

これについては以下の記事にて分かりやすく説明されているので、しっかり読んでおくことをおすすめします。

https://www.bridge-salon.jp/toushi/delisted-and-supervised-stock/

 

株式取引は勉強・分析して行うことがベスト

ここまで『株を適当に買う』という前提のもとでお話してきましたが、勘違いしないように補足しておくと、株はしっかり勉強して知識と経験を身に付け取引することがベストです。

もちろん手間も時間もかかりますし、それをしたからといって100%確実に稼げるわけではありません。

しかし、適当に買うよりも遥かに投資について学ぶことができ、稼げる確率は高められます。

また、そうして身に付けたスキルは後々他の場面でも必ず役立つ時が来るので、決して無駄にはなりません。

株を適当に買って稼ぐという手段はラクなので理想ではありますが、それで全てが上手くいくかといったらそんなわけは無いことを覚えておいてください。

僕は適当に買った株で利益を出せたのは事実ですが、ちゃんと勉強して買った株もあって、そちらではさらに大きく利益を出せました。

これも投資の鉄則ですが、『投資は自己責任』です。

その点を踏まえた上で、最後は自分で判断し株を買っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました