副業をやって良かったと思う4つのこと

お金・副業・キャリア
この記事はこんな人におすすめ

・副業をすることのメリットを知りたい人
・副業をしている人間の実態を知りたい人
・副業に興味を持っていてやってみようか考えている人

僕は今、会社員をしながら株式投資などの副業をしています。

副業と聞くと「それ怪しくないの?」とか、「普通に仕事しながらやるの大変じゃない?」と言われるかもしれませんが、怪しさは全くないですし自分が好きでやっていることなので、苦痛に感じたことはありません。

むしろ、副業に取り組んだことでたくさんのことを学び知ることができて、「やっていて良かった!」と心から思っています。

この記事では、僕が副業をやって良かったと思うことを4つお話します。

 

『自分の力で稼ぐ』という感覚が掴めた

会社員は大変なことも多いですが、その代わり毎月必ず給料という形でお金を受け取ることができます。

変な話、どれだけ頑張ろうがサボろうが働く時間が変わらなければ残業代はつかず、収入に差は出ません。

そして僕のような社員が頑張った結果、得をするのは会社なので会社側はひたすら尻を叩いてきます。

こんな状況でモチベーションを保つのは、正直かなり難しいですよね。

一方、副業は自分が頑張らなければ稼ぐことはできません。

何もしなければ0円、だからやるしかない環境です。

でもだからこそ、利益が出ればそれは他ならぬ僕自身が頑張った結果であり、得をするのは僕です。

「これは自分が頑張ることで稼げたお金なんだ」という感覚を持てるので、モチベーションが上がりますし自信を持つことができました。

 

『0から1を作る大変さ』を知ることができた

会社員は『会社』という土台があって初めて存在します。

つまり会社という稼げる仕組みを社長や上層部といった他人作ってくれて、そこに社員である僕が乗っかっている状態。

いわば既に1となっているものを、10や100にするのが仕事です。

これに対して、副業は完全な0からスタートします。

まずはこれを1にすることが必要なわけですが、やってみると分かるのですがこの作業は本当に難しいです。

従来の1を広げる方法とは全く異なり、いつ1になるか、そもそも本当に1にできるのかが僕自身にも分かりません。

言うなれば暗闇の中をとにかく進んで、光が差す場所へ出ようともがく必要があるのです。

0から1を生み出す、無から有を作り出すのがこんなに苦労することを知れたのは、今後の人生の貴重な財産だと思っています。

 

『努力を続ける大切さ』を学べた

副業は、最初は上手くいかないことの連続です。

分からないことにぶつかったらその都度調べて、失敗したら何がダメだったのか考察して…と、何をするにも時間はかかりますし、自分で何とかするしかありません。

「この努力の方向性は合っているのか」や「いつになったら報われるんだろう」という想いにかられ、挫折しそうになることは何度もありました。

ここで終わったら始めた意味がないとは分かっているものの、悶々と悩んだこともたくさんあります。

しかし、半年以上続けてようやく少しずつ成果が見え始め、徐々に上向きになっていきました。

先の見えない努力を続けるのは想像以上に大変でしたが、その大切さを副業を通して改めて学ぶことができたのです。

『時間はかけがえのないもの』と実感できた

副業は自分の自由な時間を使ってするものです。

自分のためとはいえ、漫画を読みたくなったり映画を観たくなったりと、遊びたい欲求は当然ありました。

時間は誰にでも平等ですが、どう使うかは人それぞれ。

仕事がなければ遊んでもいいし勉強してもいいし、寝てたっていいわけです。  

そして副業に取り組んでいても、限られた時間の中では進められる量に限界があることを痛感しました。

でもだからこそ、時間が何にも代えがたいものであるということをここに来て気付くことができたのです。

時間をいかに自分にとって有意義に使えるかが、今後の生き方を決めると言っても過言ではありません。

 

副業は自分の可能性を広げてくれる手段  

副業を始めたことで、僕は会社員の世界とは別に様々な世界が上がりますし知れました。

不向きはあるでしょうし、やりたくなければやらなくてもいいのが副業ですが、少なくともやってみて損はしません。

少しでも興味があるならば、まずは始めてみることをおすすめしたいです。
 
あなたが思っているより、副業のハードルは高くありません。
※勉強を続けることは必須ですが。

正社員と言えど、安泰とは決して言えない昨今。

今のうちに『自分で稼ぐ』というチカラを身に付け、自分を護る術を鍛えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました