サービス残業は当たり前ではない。するくらいなら副業をしよう

お金・副業・キャリア

職場の人達はみんなサービス残業している。自分もしないといけないのかな…

日本には、サービス残業が常態化している会社がたくさんあります。

僕も以前はサービス残業をしていた1人で、月に100時間程度の残業をしていたにも関わらず、表面上は30時間しかしていないことになっているというのはザラでした。

でも、今はサービス残業なんて1秒たりともしませんし、そんなことする時間があるなら副業にあてたいと思っています。

 

サービス残業ほど無意味なものはない

言うまでもなく、サービス残業はどれだけしたって1円にもなりません。

サービス残業なんて言葉にしていますが、つまりは『無給労働』であり、本来自分が自由に使えるはずのプライベートな時間を削ってタダで仕事しているのです。

お金をもらっていたって仕事をしたくない人がたくさんいるのに、お金ももらえず仕事しているなんてハッキリ言ってただのバカです。
※過去の僕もバカでした。

残業するのであれば、キッチリその分のお金をもらう。

僕達の労働力を会社に提供する対価として給料をもらっているのだから、これは当たり前です。

逆にサービス残業が当たり前なんて、全く意味が分かりません。

 

サービス残業しなきゃならないことがおかしい

サービス残業をする理由は様々だと思います。

・仕事が多すぎて終わらない
・残業を付けたいけど上司が許してくれない
・サービス残業をする人が評価されている

でも、たとえどんな理由があるにせよ、サービス残業をしないといけない状態は異常でしかありません。

仕事が多すぎてサービス残業しなければならないレベルなら、それは上司がちゃんと仕事を振り分けられていないせいです。

残業を正しく付けることを妨害されるならそれは立派な法律違反ですし、サービス残業が評価されるような会社なら今すぐ辞めましょう。

周囲にサービス残業している人がいると感覚が麻痺しそうになりますが、サービス残業はすること自体がおかしいのです。

それを素直に受け入れてはいけません。

 

サービス残業で苦しむのは他ならぬ自分

「社会人はサービス残業も仕事のうちだ!」という、極めて理不尽な意見を持つ人がいます。

お金をもらって仕事をする以上、時には耐えなければいけないことや乗り越えなければならないことがあるのは仕方ありません。

しかしサービス残業をそこに含めるのは間違いです。

何よりサービス残業は、している本人が最も被害をこうむります。

時間を奪うのはもちろん、肉体的・精神的な健康を脅かします。

真面目で責任感の強い人ほど「自分が我慢すればいいだけ」と思いがちですが、それは間違い。

サービス残業は自分で自分を苦しめるだけで、何も生み出しません。

 

サービス残業するくらいなら副業に時間を使おう

以上のことから、サービス残業は絶対にするべきではありません。

それをするよりも、副業をした方が遥かに自分のためになります。

副業は自分の収入源を作ることに繋がり、スキルアップも可能です。

すぐに結果が出るものではありませんが、積み重ねることで確実に成長していきます。

だから同じ時間を使うのであれば、間違いなく副業の方が効果的かつ効率的。

仮に今の僕がサービス残業を強要されたら、その仕事は辞めて副業する時間の余裕がある仕事に転職します。

 

自分の時間を大切にしよう

人間は自分の自由な時間がなければ生きていけません。

僕達は仕事をするために生きているわけではなく、生きるために仕事をしているのです。

「この仕事を辞めても次があるか分からない…」と不安になってしまう気持ちは分かりますが、生きてさえいれば何とでもなります。

現に僕は次の職を決めず仕事を辞めたことが2度ありますが、今こうして生活できています。

自分の大切な時間を、サービス残業なんて意味の分からないものに捧げる義理も義務も全くありません。

ぜひ自分の時間を守って生きてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました