初心者向けにGoogle Pay の利用レビューをしてみた【スマホ1台で財布いらず】

株式投資の基礎
・Google Pay の利用を検討している人
・電子マネーに興味がある人
・Google Pay を利用したユーザーの感想を知りたい人

電子マネーサービスが普及して久しい昨今。

今や電子マネーで買い物を済ませてしまうため、現金を持ち歩かない人もいるようです。

そんな中、Googleが提供しているアプリ『Google Pay』はご存じでしょうか?

Android 端末にのみ対応しているアプリではありますが、実際に使ってみたところかなり便利なものだと感じました。

この記事では、Google Pay についてのレビューをしていきたいと思います。

これから利用を検討している方の参考になれば幸いです。

Google Pay とは

まず、Google Pay がどんなアプリか簡潔に説明すると、以下の電子マネーサービスを一元管理できるものになっています。

・Suica
・QUICPay
・楽天Edy
・iD 
・nanaco
・WAON

『一元管理』とは言っても、厳密には各電子マネーの残高や状態をアプリ上に表示させているだけなので、各電子マネーの機能をフルに活用したい場合はそれぞれの提供元から利用開始した方がいいです。
※SuicaであればJR東日本のモバイルSuicaという感じで。

ただ、Google Pay アプリ1つでこれだけの電子マネーを管理できるのはかなりのメリットだと思います。

詳細は Google Pay のヘルプページを要確認です。

Google Pay の設定

複数の電子マネーを即座に確認し使い分けできる

Google Pay は、利用する際に端末の画面を開いたり、パスワード入力をする必要がありません。

店頭でどの電子マネーを利用したいか伝えて、読み取り機に端末をかざせば決済が完了します。
※これが非接触型機能です。

だから1度電子マネーの設定さえ完了させれば、素早く買い物が可能。

ただしSuicaなどのプリペイド型は、あらかじめチャージして残高を確保しておくことが必要なので注意が必要です。

なお、チャージには基本的にクレジットカードを利用します。

設定可能なブランドや発行会社が定められているので、お手持ちのクレジットカードが該当するか事前に確認しておきましょう。

ちなみに僕は楽天のクレジットカードを使っています。年会費も無料なのでおすすめですので、良ければどうぞ。

↓↓↓クレジットカードを申し込む↓↓↓

年会費永年無料の楽天カード

 

スマホ1台で全ての買い物が可能

僕はGoogle Payを使い始めてから、現金をほとんど使わなくなりました。

何せ各電子マネーが揃っているので、ほとんどのお店でいずれかの電子マネーが利用可能だからです。

もちろん中には電子マネーを取り扱っていないお店も存在するため持ってはいますが、極めて稀です。

おかげで財布の中の残金を気にする必要がほとんどなくなり、わざわざ銀行から引き出す手間も省けるように。

また、QUICPayやSuicaなどはクレジットカードと紐付いているので、ポイントがどんどん貯まっていきます。

スマートフォンの電池残量にさえ気を付けていれば、とても使い勝手の良いアプリです。

 

使いすぎには注意!履歴の確認はしっかりと

ただし忘れてはならないのが、お金自体はしっかりクレジットカードを経由して請求が後から来るということ。

当然ではありますが、電子マネーは気軽に使いやすい分、油断するとどんどん使い込んでしまいます。

そうして忘れた頃に前月の請求額を見て、「そんなに使ったっけ…?」と愕然とする。

それだけならいいのですが、「これは不正請求だ!こんなに使ったはずはない!」なんてとんでもない勘違いをする人もいるようなので、必ず定期的に利用履歴を確認し、把握するよう努めましょう。

自分の勘違いで誰かの手間や時間を奪うのはいけませんし、何より自分自身が損をします。

Google Pay は電子マネー初心者にもおすすめ

最初の設定こそやや時間がかかりますが、画面の指示に従っていけば、そこまで難しいことはありません。

Google Pay 自体はアプリをインストールすれば、あとは使いたい電子マネーを自由に選択可能です。

お使いの端末が要件を満たしているかはしっかり確認が必要ですが、問題なければよほどのことがない限り修正不可能なエラーは発生しません。

ぜひ Google Pay で電子マネーデビューして、活用していってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました