『副業なんてやめとけ』という意見も参考にするべき3つの理由

お金・副業・キャリア

インターネットを検索していると、時折『副業なんてやめとけ』という意見を見ることがあります。

僕は実際に副業をしており副業賛成派のタイプですが、反対の意見があってもおかしくないですし、むしろみんなが同じように賛成しているのもおかしなことだと考えています。

この記事では、なぜ副業反対派の意見も参考にした方がよいのか、その理由についてお話します。

副業のデメリットやリスクをちゃんと知れる

リモートワークが当たり前となり、副業も以前よりグッと世間に浸透してきていますが、やることが決してメリットばかりではありません。

何事にも言えることですが、メリットがあればデメリットがあり、リスクもつきもの。

副業を推す方々はメリットばかりを強調するため、そこだけ鵜呑みにするといざ自分が始めた時に思わぬ痛い目を見ることだって有り得ます。

『やめとけ』という反対の意見は、なぜ反対をしているのかという理由(デメリット・リスク)をしっかり説明してくれているものが多いです。

今の自分が副業をやることが本当に良いのか、それとも副業をしない方が良いのかということを、ちゃんと検討できる機会となるのです。

賛成の意見と反対の意見、両者の主張を取り入れた上でどうするか決めることは、適切な判断をするのに欠かせません。

他人の失敗談を知れる

副業に反対する人の中には、「自分もやっていたけど辞めた」というケースもあります。

それは大抵何かの失敗があって辞めている場合が多いので、どういった失敗があったのかを知ることができます。

失敗は誰もがすることであり、あなたが副業をしている中で同じ失敗をする可能性だってありますよね。

前もって他人の失敗談を知っておくことで、同じ事態に陥ることを避けられるかもしれません。

失敗から学べることはたくさんありますが、ベストなのは失敗しないこと。

先人の教訓を活かすことは、大切なことです。

冷静になることができる

「副業しないなんて時代遅れ!」や「まだ副業していないの?」などの言葉を見ると、『僕(私)も早くやらないと!』とついつい焦ってしまうことがあります。

しかし、そうした煽り文句は人間の心理的な弱点を突いているだけで、真に受けるべきものではありません。

人を煽って優越感に浸っていたり、自分の利益に繋げようと画策している人が出している場合も多々あります。

そこで『副業反対』という意見を見ることで、焦った心を落ち着かせ、冷静に物事を見る力を取り戻すことができます。

良い言葉ばかりが並んでいるものには、ほぼ確実に裏があります。

それを忘れずに、広い視野を保てるよう努めましょう。

やるかどうかは『自分次第』ということを忘れない

近年副業を始める人は増えていますが、その裏では挫折してしまう人もたくさんいます。

理由は様々ですが、副業をやり続けて利益を出すのはそれだけ難しいということです。

希望に満ちた気持ちを持って、時間をかけて準備して始めても、思うような結果が得られず辞めてしまっては意味がありません。

そのような失敗を防ぐためにも、副業にどのようなデメリットやリスクがあるのかを把握することが必要であり、それを教えてくれるのが副業に反対する人達です。

副業をするべきか否かを最終的に決めるのはあなた次第であり、それを判断するためには全ての意見に均等に目を通すことが重要となります。

あなたが副業をすることが、本当にあなたのためになるのか。

ぜひ十分に検討していただければと思います。

以下の記事で僕が副業に賛成している理由を説明していますので、良ければどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました