【体験談】プログラミングスクールを受講して分かったメリットとデメリット

お金・副業・キャリア
この記事はこんな人におすすめ

・プログラミングスクールの受講を考えている人
・プログラミングスクールを受講した人の体験談を知りたい人
・プログラミングスクールのメリットとデメリットを知りたい人

今やプログラミングは、小学校の授業にも取り入れられるほど重要なものとなりました。

これからの時代、ますます需要が高まるであろうプログラミングのスキルを、今から身に付けておきたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで検討されることが多いのがプログラミングスクールの受講ですが、どれくらい役に立つのか分からず迷っている方もいるかもしれません。

この記事では、そんな方に向け実際にプログラミングスクールを受講した経験のある僕が、メリットとデメリットをそれぞれお話したいと思います。

ぜひ受講の判断材料の1つとしてもらえれば幸いです。

プログラミングスクールのメリット

イチから体系的に学ぶことができる

独学で始めようとした場合に悩むことは、「具体的に何からどのように勉強すればいいのか」ということです。

学ぶべきことは数多くあれど、スタート地点すら分からないといきなり躓いてしまいますよね。

プログラミングスクールは、未経験者でも基礎から応用まで体系的に学ぶことができるように、丁寧なカリキュラムが組まれています。

こちらはそれに沿って勉強していけば、無理なく知識を身に付けていくことが可能となっています。

また、途中には課題も設定されており、実際に自分の手を動かしてプログラムを作る工程があります。
知識の勉強と実践の勉強を両方行うので、ちゃんと使えるプログラミングスキルが身に付けられます。

メンターが付いてくれる

プログラミングスクールの受講期間中は、基本的に専任の『メンター』と呼ばれるコーチが付いてくれます。

彼等とは定期的に面談することが可能で、その都度カリキュラムの進捗状況を報告し不明点や質問点があれば聞くことができます。

メンターによっても異なるかもしれませんが、どのメンターもプログラミングのベテランなので、
答えが明確かつ分かりやすくとても助かります。

また、万が一メンターとの相性が合わなそうであれば、条件はありますがメンター変更をすることが可能な場合もあります。

分からないことがあればすぐに質問できる

メンターとの定期面談以外でも、不明点や疑問点がある時はすぐに質問が可能です。

メンターが不在の時も、プログラミングスクールにはベテランのエンジニアが常駐しているので、質問するとすぐに答えが返ってきます。

質問する前に自分で十分調べることが必要ですが、それにも限界があるのでこうしてすぐに質問できてすぐに回答が返ってくると、とても勉強が進めやすいです。

独学だとどうしても分からない点があっても後回しにしてしまう可能性があるので、これはスクールならではのメリットですね。

お金をかけたことにより意識が高まる

プログラミングスクールの受講料は、基本的に数十万円はかかります。
※受講期間やプランによって異なります。

これだけのお金をかけると、「中途半端には終われない…!」という気持ちが強くなり、勉強に対する意識が高くなります。

独学だとどうしてもだらけたり、サボったりしてしまうことがあるので、自分のお金をかけて習うのは、そうした良くない心を振り払うのにも丁度いいのかもしれません。

プログラミングに対する向き不向きを判断できる

プログラミングスクールで提供されるカリキュラムと課題は、集中して本気で取り組まないと、完了させることが難しいです。

そのため、長い時間をかけてしっかり勉強しないと、受講期間内に終わりません。

その過程で自分がどれくらいプログラミングに向いているのかがよく分かります。

もし向いているのであれば、四苦八苦しながらも学ぶのを楽しみながら進めていけると思います。

しかし向いていない場合は、とにかく分からないことだらけでイライラしたり、途中で放り投げて挫折してしまうことでしょう。

プログラミングスクールのデメリット

以上がプログラミングスクールを受講した場合のメリットでしたが、ここからはデメリットについて説明していきます。

モチベーションのセルフコントロールが必要

プログラミングスクールでは課題こそ出されるものの、仕事ではないため必ず終わらせて提出しなければいけないわけではありません。

つまり、どれだけ進んでいなくてもカリキュラムを修了できないだけで、実害は出ないのです。

見方を変えると、どれくらいやるかは自分次第なので、サボることはいくらでもできてしまいます。

だからモチベーションの管理は自分でしっかり行う必要があり、これが保てないとスキル習得は難しくなります。

費用が高い

先程もお話した通り、プログラミングスクールの受講料は一般的に数十万円かかります。

よほどの高所得者でなければ大きな出費となるので、受講には相応の覚悟が必要です。

スクールによっては様々な割引もあるので、それらを上手に活用して、なるべく割安で済むようにしましょう。

また、受講にあたってはなるべく性能の良いパソコンを事前に準備しておくことをおすすめします。
※性能が良くないと処理速度が遅く、勉強に支障が生じる可能性があります。

自習が必須

プログラミングは学ぶことが膨大にあります。

基礎用語から実際のプログラミング手法まで幅広く、とても数日間の詰め込みなどでどうにかなるものではありません。

だからこそカリキュラム受講以外の時間を使って自習を進める必要があり、やらなければどんどん取り残されていきます。

僕も受講するまでは正直甘く見ていたところがあったのですが、いざやってみるとプログラミングは理解が難しい箇所も多く、生半可では通用しないところばかりです。

だから勉強の時間を確保できないと、かなり大変だと思います。

根気が求められる

プログラミングはどこか1つでもコードが違えば、正常に表示や動作しなくなります。

なのでその場合はどこが違うのかを探すことになるのですが、最初はそれが分からずとても苦戦することになります。

また、プログラミングは見慣れない用語がたくさん出てくるため、その都度調べながら進めていくことになり、膨大な時間が必要となります。

集中して取り組まないと実力も身に付いていかないので、大変根気の求められる作業です。

一見華やかに見えて、その実地味な作業の繰り返しがプログラミングなのです。

経験する価値は十分アリ!

以上、プログラミングスクールを受講するメリットとデメリットについて、ご紹介しました。

未経験者でもメンターのサポートを受けながら確実に学ぶことが可能ですが、自身のモチベーション管理や作業時間の確保など、いかに集中して取り組めるかによって、受講して得られるものは変わると思います。

とはいえ、これまでプログラミングに全く触れたことのない方にとっては、やってみることで見えてくる世界もあるので、受講して損はありません。

今検討されている方には、ぜひ受講をおすすめしたいというのが僕の結論です。

僕自身、TechAcademy [テックアカデミー]でプログラミングをそれを肌で感じ取れたので、少しでも興味が湧いた方はチャレンジしてみてください。

↓↓↓プログラミングスクールを受講する↓↓↓

公式サイトを見てみる>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました