【分析してみた】産業カウンセラーから見る『ポジウィルキャリア』のカウンセリング

お金・副業・キャリア

世の中に転職サイトや転職エージェントは数多存在しますが、その枠からはみ出した異彩を放つサービスがあります。

それが今回取り上げる、ポジウィルキャリアの転職支援サービス。

SNSその他のメディアでその存在を知り、気になっている方も多いのではないでしょうか。

僕は産業カウンセラーの資格を保持しており。このポジウィルキャリアのサービスにとても興味を持っています。

この記事ではポジウィルキャリアについて、

ポジウィルキャリアカウンセリングがどういったものなのか
・利用者にどんな価値を提供しているのか

上記2点を中心に、実際の利用者の声などを基に分析してみたいと思います。

↓↓↓ポジウィルキャリアの無料カウンセリング実施中↓↓↓

公式サイトを見てみる>>

ポジウィルキャリアが展開しているサービス

はじめに、ポジウィルキャリアが提供しているサービスをおさらいしておきます。

POSIWILL CAREERは、キャリアに特化したパーソナル・トレーニング。転職サービスではないので、転職先を紹介するのではなく、あなたの理想の未来から逆算して“後悔なく歩める人生”を見据えた中長期のプランを一緒に作ります。同じような悩みを持つ同世代の様々な悩みのカウンセリングの経験から、環境的な問題や傾向も踏まえて、あなたにとって今、ベストなステップを一緒に考えます。

引用:ポジウィルキャリア公式サイト

ポジウィルキャリアは『転職サイト・転職エージェントのように求人を紹介しない』をコンセプトとしたカウンセリングを提供しており、ユーザーファーストでキャリアについてのアドバイス、自己分析を深めるサポートをしています。

利用にあたっては最も安いプランで30万円近くかかりますが、トレーナーのマンツーマンによる手厚いサポートを受けることが可能となっており、信頼性をウリにしたサービスとなっています。

一般的な転職支援サービスと比較すると、その違いはより顕著です。

ポジウィルキャリア転職支援サービス
利用する目的(ゴール)キャリア指針の決定転職
サービスの利用料有料無料
サービス利用可能期間プランによって異なる無し(転職完了まで)
ユーザーファースト高い低い

自分で試してみるのが最善策

最初に1点だけ覚えておいてほしいことは、ポジウィルキャリアのサービスに関しては口コミや評判を鵜呑みにするべきではないということです。

それには以下の理由が存在します。

利用者の能力に依存する部分が大きい

ポジウィルキャリアの提供するカウンセリングは、実体がない無形商品です。

基本的に無形商品というのは目に見えないため、価値が付けづらく評価が難しいものになっています。

また、カウンセリングはトレーナーの腕はもちろんですが、利用者本人の行動力が試される性質を持っています。

どれだけ良いサポートをトレーナーから受けられても、それを実践する力が本人になければ期待通りの効果は得られません。

そのため、利用者によってどれくらい役立ったのかという感覚は大きく異なり、評判の良し悪しもそこに左右されることになります。

悪いことを書く=失敗を認めることになる

ポジウィルキャリアについての評判をSNSなどで見ていると、「受けて良かった」というプラスの意見の方が多い印象を受けます。

デメリットを挙げている記事も、締めくくりは良い方向で書かれています。

このような場合、考えられる理由は以下の2つです。

・本当に良いサービスである
・失敗したと思っている人がそれを発信していない

ポジウィルキャリアの公式サイトや、擁するトレーナー陣などを見る限り、良いサービスであることに間違いはありません。

特にカウンセリングのような実体のないサービスは、いい加減なクオリティだと批判の的になりやすいリスクを抱えているので、それにも関わらず良い評判が多いということは、それだけクオリティが高いサービスだと考えられます。

その一方で、あまりに否定的な意見が少ないというのも、少々気になるところです。どれだけ良いサービスでも万人にウケるわけではないからです。

この点から推察するに、仮にサービスが役立たなかったと感じていても、それを自分から発していない方がいる可能性があります。

役立たなかったということは失敗に終わったという意味であり、自分の判断が間違っていたと認めることになります。

しかしそうした失敗を認める行為を、プライドが邪魔してできない方が一定数います。

ポジウィルキャリアのカウンセリングは料金も高いため、それで失敗したと発するのは心理的にもハードルが高く、拍車をかけているのかもしれません。

ポジウィルキャリアの社長や社員がSNSを利用している

ポジウィルキャリアの方々は、TwitterをはじめSNSを積極的に活用し、情報を発信されています。

当然ポジウィルキャリアに関するツイートはチェックしているでしょうし、仮にサービスについて否定的な意見があれば、モノにもよると思いますがフィードバックとして受け止められるでしょう。

しかし、それは発信する側からすると、否定的な意見は独り言のようにしているのであって、本人達の耳に届けたいとは思っていない場合があります。

それであればネットに書き込むなという話にもなりますが、そういった背景もあって評判が良い方向に偏っている可能性もあります。

産業カウンセラーから見たポジウィルキャリア

ポジウィルキャリアの公式サイトなどを調べる限り、ポジウィルキャリアのカウンセリングは『転職支援』とはなっているものの、実質的に得られる効果は以下であると分析できます。

・自分の価値観を把握すること
・人生の軸を定めること

いずれもトレーナーのサポートのもと徹底的な自己分析によって発見できるものであり、転職支援はその延長線上にあるものでしかないように思います。

事実、利用者の体験記を読むとこのような文言がありました。

・自分と向き合う時間を作れた
・自分が自分の一番の理解者であるという感覚を掴めた

代表取締役の金井芽衣さんをはじめ、トレーナー陣の中に『国家資格キャリアコンサルタント』を取得している方も多いことから、おそらくベースは一般的なキャリアカウンセリングと同様です。

そこにポジウィルキャリア独自のメソッドが加わっており、ポジウィルキャリアブランドのカウンセリングが提供されていると思われます。

転職サイトや転職エージェントは、利用者のそうした自己分析に重点はあまり置いておらず、あくまで転職を成功させることが目的です。

それはこれらのサービスの収入源が、求人を募集している企業から支払われているお金であり、転職させないと自分達が仕事を失ってしまうからです。

そのため、いかに短期間で1人でも多くの利用者を企業に紹介し転職させるかが問われていて、利用者のパーソナルな部分など知ったことではないという本音が根底には存在します。

これに対して、ポジウィルキャリアは収入源が利用者から支払われるカウンセリング料なので、企業に忖度する必要は一切ありません。

その背景があるからこそユーザーファーストであり続けることができ、信頼性とクオリティの高いカウンセリングを提供することが可能なのでしょう。

口コミ・評判から見るポジウィルキャリア

ポジウィルキャリアを利用した方々は、その体験記を様々なメディアに残しています。

何名かの記事を読んだところから見えてくるのは、ポジウィルキャリアのカウンセリングの利用をした方々は以下のような悩みを抱えていたようです。

・今のまま仕事を続けていても未来が見えない
・『やりたいこと』が分からない
・人生このままでいいのだろうか
・何を目標にして頑張ればいいのか分からない

そして実際にカウンセリングを受けたところ、そうした悩みが解消されたというケースが多々あることから、少なくともいい加減なカウンセリングではありません。

ただ、先程申し上げた通り、悪い評価を抱いている人が書き込んでいない可能性もあるため、一概には言えないというのも事実です。

いずれにせよ、今の自分が置かれている環境について不安があったり迷いがあるようであれば、ポジウィルキャリアのカウンセリングは効果的と考えられます。

45分間の無料カウンセリングで見極めよう

以上、ポジウィルキャリアのカウンセリングについて、産業カウンセラーとしての視点と、口コミと評判の視点から、それぞれ分析した結果でした。

最初に申し上げた通り、こうしたサービスは結局のところ自分自身が体験してみて初めて、その効果の有無を知ることができます。

しかし、「体験するのが1番」と言われても、申し込むには料金が高すぎてちょっと・・・という方がほとんどだと思います。

ポジウィルキャリアでは、45分間の無料カウンセリングを行っているので、気軽に申し込んで試してみることが可能です。

求人を紹介されたり勧誘をされるといったことは一切ないので、安心して申し込んでみてください。

それで良いサービスだと実感できたならば検討してもいいでしょうし、しっくりこなければそれっきりにしてもいいのが、無料カウンセリングのメリットです。

もしこのカウンセリングが、自分の人生の方向性を決めるきっかけになったら、これ以上の素晴らしいことはありません。

↓↓↓ポジウィルキャリアの公式サイトはこちら↓↓↓

無料相談に申し込む>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました