【モテたいならやめるべき】貧乏くさいケチな男の6つの特徴

お金・副業・キャリア

女性とのデートでは、男性は何かとカッコつけたくなるもの。

彼女であればより好きになってほしいですし、友達以上恋人未満の関係であれば進展したいでしょう。

そんな時に見た目や言動に気を遣うのは当たり前ですが、気を付けるべきなのがお金を使う場面。

お金は人間の本性を露わにしますし、女性も密かに注視している箇所なので、ここで判断を誤ると女性から「貧乏くさい・ケチくさい」と思われ、一気に引かれる可能性があります。

この記事では、男性が女性とのデート時にやめるべき、お金に関わる6つの行動を説明します。

女性にモテたい男性は、もし当てはまる項目があるなら、今すぐやめることをオススメします。

1円単位で割り勘を迫る

食事などの会計時、大半の女性はお財布を取り出し自分の分を支払おうとします。

常に全額を男性が奢ると女性によっては『申し訳ない』という気持ちを抱きがちなので、割り勘をするのがベストです。

ただ、だからといって1円単位まで細かく計算し、それを女性に言うのはやめましょう。

自分にその気がなくても、わずか数円~数十円単位の金額まで迫っているようで、良い印象は持たれません。

下手をすると「ケチくさい男」と認定され、今後の進展や関係性にマイナスの影響を与えてしまうかもしれません。

それを避けるためにも、割り勘をするときはザックリとした金額だけ女性に伝え、細かいところは自分が出すようにするのがベストです。

会計を別々にする

先程の割り勘の話に若干重なりますが、お店で自分も相手も商品を買う場合、別々で会計を行う男性がいます。

確かに間違ってはいませんが、できれば女性の分も一緒に会計を済ませてしまいましょう。

そして、その金額が大したことなければ、そのまま出してあげられるとより良いです。

2人で来ているのに別々で支払うのは距離を感じさせますし、混雑している時にそれをすると迷惑がかかります。

それよりも一緒に支払うようにすれば、「今デートをしているんだ」と女性に意識させやすくなります。

会計時に現金をジャラジャラと出す

今の時代、クレジットカードやデビットカード、電子マネーなど様々な支払い方法が利用できるようになっています。

そんな中で、現金をジャラジャラさせて支払うのは、あまりスマートではありません。

もちろん悪いことではありませんが、それで女性を待たせるのは気まずいですし、貧乏くさいだけでなく何だか情けなくも映る可能性があります。

そのため、可能であればクレジットカードや電子マネーを利用して、ササっと支払いを済ませてしまいましょう。

その方が時間もかからず、デキる男のように見えます。

クーポンが使えないと店員に抗議する

デート時にクーポンを使うこと自体は、悪いことではありません。

それは客側としての権利ですし、会計がスムーズに進まないなど支障が出なければ大丈夫です。

ただ、クーポンが使えないと判明した時に、それに抗議したり後で悪態をついたりするのは絶対にやめましょう。

お店の店員さんにデカい態度を取る男性は総じて嫌われますが、このパターンも同様です。

そういった場面の振る舞いが本性だと分かっているので、女性はデート時の男性の動作をつぶさに見ています。

ここでクーポンが使えるか否かは重要ではなく、どう対応するかが重要です。

素直に引き下がり、速やかに代金を支払えばそれで済む話なので、変に揉めたりしないようにしましょう。

ファストフード店で済ませようとする

デート時の食事は、とても重要な時間です。

美味しいものを食べながら二人でゆっくり会話をすることで、心の距離を縮めるためにも必要な行為であり、欠かすことはできません。

だからこそ、どこでどんな食事をするのかという選択は、手を抜いたり安く済ませようとするべきではないのです。

ファストフート店は、コンセントが『早い・安い・美味い』となっており、庶民の強い味方です。

しかし、デートという観点(特に付き合う前の状況)で見ると、正直あまりおすすめできる場所ではありません。

『安くて美味い』点は魅力的ですが、『早い』はデートに不向きですし、何より店内の雰囲気や客層からデートの食事に使うにはかなり厳しいことが分かると思います。

事前のリサーチは大変かもしれませんが、楽しく幸せなデートができるように準備をしておきましょう。

ファッションやアクセサリーをこれ見よがしに自慢する

デートの時に自分を凄い存在として見せたいがために、ついつい要らない自慢をする男性は多いもの。

その中でも特にNGなのが、自分の身に付けているものを自慢することです。

ブランド品や限定生産品など、価値の高いものを持っているというアピールをしたい気持ちは分かりますが、女性はそういった自慢に良い印象は抱きません。

そしてそういったことをするとお金に対するハードルが上がってしまい、普通であれば問題ないレベルのことも「貧乏くさい・ケチくさい」と思われる可能性が高まります。

いずれにしても、自慢をしても良い結果は招かないということは心得ておく必要があります。

デートに使うお金を稼いでおこう

以前の僕がそうだったのですが、デートにかかるお金はなかなかのものです。

だからといって節約すべきところではありませんし、惜しむところでもありません。

とはいえ、現実問題としてデート代で負担がかかりすぎて、生活に余裕がなくなるのは論外です。

そのため、何の不安も心配もなくデートできるよう、お金を稼いでおくことは大切です。

最近は副業など稼ぐ手段は数多くあるので、ぜひ取り組むことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました