やりたいことがなければ無理に就活をしなくてもいい

お金・副業・キャリア

学生生活の後半に待ち構えている就職活動。

例年メディアのニュースに取り上げられ、悲喜こもごもの特集を観たことがある方も多いでしょう。

そんな就活ですが、みんながみんな全力かつ本気で取り組めているわけではありません。

自分がやりたいことがなく、周囲に合わせて何となく就活をやっているものの、イマイチ身が入らない・・・

今これをお読みいただいているあなたも、そんな悩みを抱えているのではないでしょうか。

この記事では、そんな悩みを抱えている場合に何をしたらいいのか、どんな行動が取れるのかについてお話します。

無理して就活する必要はない

まず、大前提としてやりたいことが定まっておらず身が入らないのであれば、就活をする必要はありません。

就活は自分が働きたいと思う企業にアピールし、内定を勝ち取る1つのゲームです。

そもそも働きたいと思える企業がないのに就活をしても、周りで必死になっている就活生に失礼ですし、企業にとっても自分にとってももったいない時間を過ごすことになります。

『何となく就活』で疲弊するよりも、やりたいことを含め今後の自分の方向性について考える方が遥かに良いです。

就活→就職したから安心ということではない

今の時代、従来の形である就活から就職して働き始めたとして、それで人生が全て決まるわけではありません。

転職は珍しくないですし、企業の経営が悪化してリストラされるかもしれませんし、それ以外にも思わぬ事件や事故で仕事を失うことだって考えられます。

『新卒の約3割が3年以内に就職した企業を辞めている』というデータがあるように、どれだけ努力して就活をして良い結果を得られても、それがずっと続く保証なんてどこにもないのです。

日本の企業は入社後3年間で約3割が離職する! 調査でわかった「スグにヤメる新入社員」に“共通する傾向”とは | 文春オンライン (bunshun.jp)

何をしたとしても昔のような『安定・安泰』などどこにも存在しないのですから、自分が悔いのないことをすればいいのです。

周りに流されるのが1番危険

就活に限った話ではありませんが、最も避けるべきなのは周囲に流されるまま行動することです。

特に日本社会は未だに同町圧力が強く、少しでも大衆の流れに逆らおうとすると、必ずそれを叩き非難し同調を求める人間が現れます。

それは親・先生・友達からSNS上の見ず知らずの他人まで、様々な人が何の根拠もなく責め立ててきます。

もちろん中にはあなたのためを想って言ってくれているケースもありますし、それで考えを見つめ直すのもいいと思います。

ただ、そうした圧力に脅えて屈するのだけはやめましょう。自分のことは、他でもない自分が決めるべきなのです。

選択肢はたくさんある

「就活しないで何するの?」という人もいるかもしれませんが、その時間の使い道は自由です。

例を挙げると以下の通りです。

フリーランスとして活動する

フリーランスは、どこか1つの企業に雇われるのではく、取引先としていくつかの企業や個人と契約し、サービスを提供し報酬を得ます。

会社員のように後ろ盾となるものがなく、自分自身の実力と能力が問われる世界となりますが。実績を重ね有名な存在となれば、稼ぎはもちろん様々な方面に影響を及ぼす存在になることも可能です。

組織の中にいるのが苦手だったり窮屈に感じる場合や、組織ならではの理不尽や矛盾が受け入れられない場合は、フリーランスを視野に入れると良いでしょう。

起業する

起業は自分がボスとなって、会社や組織を立ち上げることになります。

どんな事業をするか、どう展開していくかなど、考えるべきことは山のようにありますが、全てが自分の成果に繋がるので、とてもやりがいがあります。

誰かからの指示を待つのではなく、自ら能動的にバリバリ動いていかなければなりませんし、経営者の目線を持って常に冷静に考えなければなりません。

しかしそのスキルは、これから先自分だけで稼ぐ力の醸成にもなるので、1度はチャレンジしてみるのもおすすめです。

フリーターになる

フリーターという言葉は、日本ではネガティブな受け取られ方をしがちです。

定職(ここでは正社員とします)に就かず、アルバイトでフラフラと遊んでいるようなイメージが、多くの人の無意識化にあるからです。

しかし、フリーターは学生ほどではないにせよ、比較的時間の余裕がある存在です。

また、ニートのように収入がないわけでもなく、お金の都合もつきやすいです。

つまり、何かしようと思えば大半のことにはチャレンジできるので、色々なことを試してみたいという方にとってはベストな働き方である場合が多いです。

ビジネスを始める

フリーランスや起業の他にも、稼ぐ方法はたくさんあります。

代表的なところで言えば、

・ブログ
・アフィリエイト
・投資(株・FX・仮想通貨など)

というように、その気になれば誰でも始めることができるものばかりです。

損失を被るリスクもありますが、勉強と経験を重ねていくことで様々な知識が身に付き、稼げる可能性が高まります。

副業として空いた時間にもできるので、他の活動と組み合わせることも可能なのは大きなメリットです。

資格取得を目指しスクールに通う

資格はスキルを客観的に証明してくれる分かりやすい便利なものです。

資格要件のない独学で取得可能なものから、指定されたカリキュラムを終了していなければ受験できず難易度も高い資格まで幅広く存在しています。

国家資格やそれに準ずるものは、レベルが高い分取得していれば一目置かれることも多く、有利になります。

自分の向き不向きや、興味関心の度合いにもよりますが。メジャーかつハイレベルな資格取得を目指し、スクールに通うのも大いにアリです。

外国へ行く

日本という国は、良くも悪くも日本人が圧倒的に多く、日本語のみで生活できます。

外国には、日本とは比べ物にならないくらい多様な人種や民族がいて、文化も言語も様々です。

無意識のうちに凝り固まった常識や固定観念を打ち砕くには、それがある場所に自分の身を置いてみるのが1番。

日本では触れられない文化や味わえない空気、それら全ての経験が、自分の人生の糧になることは間違いありません。

キャリアプランを考えてみよう

この記事は、就活を否定したり貶したりする意図も目的もありません。

様々な選択肢の中から何を選び進むかは自分次第であり、それが就活であるならば全力で挑めばいいのです。

しかし、もし就活している理由が「みんながしているから」とか「それが当たり前だから」など、自分の本意ではないのならば。

そして少しでも疑問や悶々とした気持ちを抱えているのであれば、1度立ち止まってゆっくり考えてみる時間を確保するべきだと思います。

特にキャリアプラン(今後の行動計画)は、全ての指針となる大切なものなので、しっかり構成してみることをおすすめします。

『キャリアアップコーチング』ではキャリアプラン構築のサポートもしてくれるので、自力で考えるのが難しい方は利用してみるのも良いでしょう。

↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました