派遣社員こそ副業すべき3つの理由とおすすめの稼ぎ方

お金・副業・キャリア
Programmer Typing Code on desktop computer, Developing programming and coding technologies concept

今、派遣社員として働いている中で、こんな風に考えている方はいませんでしょうか?

「副業で別収入を得たい!」
「副業したいけど、派遣先にばれないか心配・・・」
「副業をやるとしたら、何がいいんだろう?」

僕はこれまでに正社員・派遣社員と就業形態が変わった後も副業をしてきましたが、副業のしやすさは派遣社員時代が圧倒的に上でした。

この記事では、派遣社員が副業することをおすすめする理由や、副業する際の注意点およびポイントを解説していきます。

時間的余裕が作りやすい

まず、派遣社員が正社員と大きく違う点は、『就業時間や負担の少なさ』です。

派遣先にもよりますが、派遣社員は基本的に正社員と比較すると、担当する業務が限定的であることが多いです。

また、責任を負う範囲や重さも正社員より少ないため、時間の余裕ができて副業に充てる時間も十分に取ることが可能です。

副業はいかに作業に時間をかけられるかが重要なポイントなので、副業を頑張りたいのであれば派遣社員として働くのも有効な手段の1つとも言えます。

もちろん正社員も副業をすること自体は十分可能ですが、繁忙期などは時間が取りにくく、疲労も溜まるためなかなか取り組む余裕が出ないことが多いです。

いつ契約を切られるか分からない

派遣社員は正社員と比較すると、雇用を切りやすい対象であることは間違いありません。

景気や派遣先の状況が上向きの時は問題ありませんが、下向きになったり状況が怪しくなると、雇用調整の対象として真っ先にあがるのが派遣社員です。

業務量や負担が少ないというメリットがある一方で、このデメリットは看過できない方もおおいでしょう。

そんな万が一の展開への備えの1つとして、副業は効果的だと思います。

収入が上がることがない

派遣社員は、基本的に給料がずっと一定のままです。

派遣元・派遣先によっては時給のアップや資格手当を設定していることもありますが、ほとんどは就業開始日から最後まで変わることはありません。

正社員であれば極端な話何もしなくても上がっていくことがある中、派遣社員にないという事実は、今後自分が年齢を重ねれば重ねるほど大きなデメリットとなっていきます。

しかし、その分働きやすい派遣社員を辞めるのも、少し迷う部分もあるでしょう。

そこを補うために、副業に取り組むことはおすすめです。

隙間時間にできる副業をするべき

副業をするにあたって重要となるのは、『いかに本業に支障をきたさずにできるか』です。

派遣社員と言えども、やはり仕事をするからにはそれなりの負荷がかかります。

そこに副業が加わることで負担が増え、支障をきたすようになると、派遣元・派遣先から目をつけられるリスクがあります。

ただでさえ派遣社員は信用度が低い場合が多く、問題が発覚すると指摘を受けやすいので、できる限り負担がかからないわずかな隙間時間でもできるものを選ぶことがポイントです。

その条件に合致するおすすめの副業を、以下の記事でまとめていますのであわせてご覧いただければと思います。

誰にもバレないようにする

派遣元・派遣先は就業規則で、副業を禁止しているケースがあります。

実際のところ、就業規則で禁止されていても副業をしている人は多くいますし、万が一バレたとしてもよほどのことがない限りいきなりクビになることはあまりないと思います。

とはいえ、バレて得することは1つもないので、慎重に注意して取り組んだ方が良いことに変わりはありません。

そのためには、派遣元・派遣先はもちろん職場にわずかでも関りのある人物には、絶対に話さないようにしましょう。

こうしたお金が絡む噂は、自分が思っている以上に恐ろしい速度で広範囲に広まります。

さらに、その間に様々な尾ひれがつく場合が多く、思わぬ面倒な事態になるもの。

そうならないように、副業のことは口が裂けても話さない方が賢明です。

副業で余裕のある生活を手に入れよう

派遣社員という立場は、便利で身軽である反面、世間的な評価が正社員と比較すると低かったり、上述の通り待遇が低い面があります。

20~30代であればまだ問題ないかもしれませんが、その先のことも考えると不安も大きくなってくるのは否めません。

その根本を解決するにはやはりお金が必要となり、この手段として副業という選択肢があります。

いきなり大きく稼ぐことはまずできませんが、諦めず努力し続けていれば、誰でも稼ぐことができるようになります。

副業で不安のない余裕ある生活を送れるように、ぜひ今日から始めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました