将来の夢が決まっていない高校生が大学に進学するべき4つの理由

お金・副業・キャリア

高校生になると、それまで全く考えることがなかった(あってもフワフワしていた)『将来』について、突然真剣に考えることを求められます。

大学へ進学するにせよ、専門学校へ行くにせよ、就職するにせよ。そこには必ず『自分がこれからどう生きていくのか』が付きまとうようになります。

しかし、いきなりそんなことを言われても将来の夢なんて特にないし、やりたいことなんて思い浮かばない・・・という方も多いと思います。

そんな方におすすめしたいのは、ひとまず大学に進学しておいてはどうだろうかということです。

この記事ではその理由と、これからどのように夢や目標を見つけていけばよいか、順番に解説します。

これが正しいというわけではありませんが、1つの参考としていただければ何よりです。

将来の夢がなくても焦る必要はない

まずはじめにお伝えしておきたいのは、将来の夢がなくても今すぐにこれを見つけようとしたり、決めたりしなくてもいいということ。

今までそんなことを考えていなかったのに、急に「将来どうしたいの?」なんて質問されて、明確に答えられる人はまずいません。

それが明確な人だって、これから先で様々な経験を積んでいくうちに考えが変わるかもしれませんし、変わったとしても全く問題はないのです。

だから、無理に何とかしようと焦る必要はなく、「さてどうしよう」くらいの感覚で受け止めてこれからじっくり考えていけばOKです。

大学の4年間は堂々と自由を謳歌できる時間

ではなぜ、そんな方に大学をおすすめするかというと、ここでの4年間は『社会的に認められた自由時間』だからです。

もちろん、大学生の本分である勉強はしっかりしなければなりませんし、完全な自由というわけではありません。

しかし、それを除けば基本的には何をしていても自由です。

アルバイト・留学・合コン・旅行・・・と、自分が興味を持てば、それをやれるだけの時間が十分あります。

そして、大学生であるうちは何をしていても、「学生だから」という理由で、周囲から咎められることはまずありません。

これを社会人になってからやろうとすると、どうしても時間に限りがあり、「社会人で大人なのにフラフラして」などと周囲から冷ややかに見られることが多くなります。

大学生は年齢的には大人ですが。学生という身分を持っているので、これを武器に幅広い行動が堂々と可能なのです。

とにかく何でもやってみる

大学生として比較的自由に過ごせる4年間のうちに、自分が少しでも興味を持ったり気になるものがあれば、とにかく片っ端からチャレンジしてみましょう。

どんな些細なことでも、くだらないと思うことでも構いません。

実際に自分でやってみることではじめて分かることがありますし、期待していたより大したことない場合も、期待以上の場合もあります。

そしてその中で、思わぬ刺激を受けることもあるかもしれません。

多くの体験をしていくと、自分の興味・関心の傾向や、やっていると楽しいことなども徐々に分かってくるので、ふとした時にこれをやっていきたいなと思うことも見つかる可能性は十分あります。

もしなかなか見つからなかったとしても、それらの経験はこれから生きていくにあたって無駄にはなりません。

それでも決まらなかったら

そうして4年間を過ごしても、やっぱり将来についてのビジョンを描けないこともあるかもしれません。

しかし、その時はその時です。

正直に言えば、社会人として働いている大人だって、将来を見据えて今の仕事をしている人はほとんどいません。

SNSなどを見ても分かりますが、大抵は『お金のため』とか『とりあえず生活できれば』というくらいの感じで、嫌々働いています。

こういう人達は、あなたと同じように将来の夢や目標が特になく、さらにそれが見つからないまま社会人となっています。

そこから引き続き探す努力をすればいいのですが、目の前のことに追われて何もしなくなるケースも多々あります。

大切なのは、どんな状況に置かれてもそれが本意でなければ、考え続け行動し続けることをやめないことです。

人生なんて大体どうにかなる

人間には、遊ぶ時間や何もしない時間といった、一見すると『無駄な時間』が必要です。

高校生・大学生・社会人・・・と、どの時期でもついつい無駄なことをしてしまうことはあるので、四六時中将来のことを考えて行動なんてまずできません。

おそらく将来どうすればよいか分からない人も、そうして何もしないまま無為に過ごしていることも多いはず。

しかし、それも決して悪いことではなく、人生に必要な時間です。

最後に1つだけお伝えしたいのは、人生なんて大抵どう生きていても何とかなるということ。

世間で『成功者』と言われている人が成功法を本にして出版したりしていますが、あれも実際は結果論であって、その成功法に実は明確な根拠なんてない場も珍しくありません。

なのであまり深く悩みすぎず、自分のペースで少しずつ知見を広めて、探していってもらえればそれでいいと思います。

高校生という時代は人生において今だけです。その『今』を後悔しないよう、毎日を過ごしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました