大学には行くべき?行くことのメリットとデメリット

お金・副業・キャリア

高校生になると、これからの自分の人生をどうするか、いよいよ真剣に考える時期に差し掛かります。

大きく分けると「進学か就職か」。さらにそこから「進学するのであれば大学や専門学校か、就職するのであればどこにするのか」等、数ある選択肢の中から選ぶことになります。

そこで悩むのが、進学先をどうするか。

厳密に言うと「大学に行くべきか否か」がなかなか決めまらない方は多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな悩みを抱えている方に向けて、大学に行くことによるメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

ぜひ参考の1つとしていただければ幸いです。

大学に行くことのメリット

大学に行くことで得られるメリットは以下の通りです。

・就ける職業の幅が広がる
・4年間も学生生活を謳歌できる
・『現役大学生』というブランドを使える
・たくさんの人間と関わり交流できるチャンスがある
・自分次第でいくらでも成長できる

この中で特に大きなメリットは、在学中は『現役大学生』のブランドを使えて、卒業すれば『大卒』の資格を得られることだと思います。

女子大生を『JD』と表現するように、今や学生は1つのブランドであり、使い方次第で自分をブランディングすることが可能です。

また、大卒は就職・転職はもちろん、それ以外の場面でも求められる機会が多いので、持っていて損することはありません。

ここから各メリットの詳細を確認していきましょう。

就ける職業の幅が広がる

世の中には数えきれないほどの職業がありますが、その中で求人要件の1つに『大卒』をあげているものは意外と多いです。

大学に進学し卒業するだけでその要件を満たすことができるのは、大きなメリットの1つと言えるでしょう。

特に、将来やりたい仕事がまだ決まっていない方は、選択肢が広い方がいざその職業に就きたいとなった時に要件が大卒でも苦労しません。

今は実感が無くても、何年かした後に大卒でないことが思わぬ足を引っ張ることあるので、注意が必要です。

4年間も学生生活を謳歌できる

大学生活の4年間は、学生としての自由を楽しめる最後の時間です。

社会人になると、一部を除きここまでの自由を謳歌することはできません。

もちろん金銭面などの制限はありますが、学生という身分のもとでないとできないことも多々あります。

ここで過ごす4年間は、今後一生残る思い出となります。

『現役大学生』というブランドを使える

大学生という身分は、現代社会では1つのブランドであり武器です。

よく『現役女子大生ながら○○で活躍しています!』などと取り上げられていることもからも、それは明白です。

社会人という身分では何の変哲もないことも、大学生というだけで目立てる可能性があるので、これを使わない手はありません。

たくさんの人間と関わり交流できるチャンスがある

大学には、多くの人間が1つの場所に集っています。

そこには珍しい経歴を持つ学生、輝かしい実績を持つ教授など、普通に過ごしていたら関わる機会のない人間もたくさん。

そんな人々と交流することは、人生においてなかなかありません。

大学ではそういった貴重な経験ができる場でもあるのです。

自分次第でいくらでも成長できる

大学生は年齢的にはほぼ大人であるものの、学生という身分を持つ、ある意味特殊な存在です。

この4年間は自分がやろうと思えば、大半のことにチャレンジする気力も体力も時間も十分にあります。

アルバイト・起業・留学など、自分次第で成長できる範囲は無限大です。

ここでいかに人間としての能力を伸ばせるかが、今後の人生に影響を及ぼすといっても過言ではありません。

デメリット

大学に進むデメリットは、以下の通りです。

・お金がかかる
・4年間遊び惚けてしまう可能性がある
・就職浪人した時のリスクが大きい
・取得単位数など自己管理力が問われる

この中で特に気を付けるべきは、遊びで4年間を終わらせてしまうことです。

後述していますが、大学生は遊ぼうと思えばいくらでも遊べる環境が整っています。

しかしそのままズルズルと遊んでいると、就活にしても何をするにしてもとても苦労する羽目に。

これを防ぐには、いかに自分自身を管理できるかが重要になります。

それでは、それぞれ詳しく確認していきましょう。

お金がかかる

大学生として4年間学ぶには、それなりのお金がかかります。

国公立大か私大かなどでも異なりますが、少なくとも数百万円単位でかかるため、半端な金額ではありません。

仮にこれを奨学金制度で賄う場合、卒業した時点で多額の借金を背負うことになります。

良い場所で良い勉強をく学ぶわけですから仕方のないことではありますが、金銭的に見通しが不安であったり立たないようであれば、よく検討する必要があります。

4年間遊び惚けてしまう可能性がある

大学生には、年齢的に高校生以上の行動範囲の広さと、バイトにあてられる時間の増加という2つの要素があります。

また、今の世の中は多くの誘惑に溢れていることもあって、遊ぼうと思えばいくらでも遊べる環境が整っています。

そのため、大学生活の4年間をとにかく遊びに費やしてしまう人が少なくありません。

事実、それが災いして就活時にアピールできることが思い浮かばない、という話も聞きます。

自分をいかにコントロールし遊びだけで終わらせないようにできるかが、重要なポイントになります。

就職浪人した時のリスクが大きい

多くの大学生には、就活というイベントが待ち受けています。

ここで内定を勝ち取れれば何も問題ありませんが、どこからも内定が出ないなど何らかの理由で、就職浪人となる人も毎年一定数存在します。

就職浪人は現役就活生と比べるとより採用が厳しくなるケースがあり、また年齢的にも余裕があまりありません。

そうならないために事前の準備や対策が必須であることは間違いないです。

取得単位数など自己管理力が問われる

大学は高校までと異なり、取得すべき単位数を満たすためにどの授業をどう取っていくかを考えます。

ここでいい加減な計算を行って管理を疎かにしていると、学生生活の後半になって単位が足らないことに気が付き、とても苦しい思いをすることになります。

大学生はとやかく言われないことが増える代わりに、自己管理を問われるようになります。

将来の夢や目標がないなら大学に進むべき

大学に進むべきか否かは、良くも悪くも今後の人生を大きく変える選択です。

メリットとデメリットを比較し、それでも決められないということであれば、最後の要素として『夢や目標が自分にあるか』を考えてみましょう。

これでもしそういったものがなければ、大学に進むべきだと思います。

大学では4年間の授業や交友関係を通じて、多くの刺激を受けることができます。その中で、夢や目標を見つけられる可能性も十分あります。

専門学校や短大は、既に就きたい職業がある程度決まっている人が集中してその技能を学ぶ場所なので、この時点でミスマッチが起きているとせっかく就職しても早期退職に繋がる恐れがあります。

大学に進むには受験勉強という闘いがあるため辛いことも多いですが、未来の自分のためにここは奮起するべきところです。

安易に楽な方へ流れ、後々後悔することだけはないようにしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました