デブが変わるためにはどうすればいいのか?今すぐやるべき3つのこと

お金・副業・キャリア

『デブ』という言葉は圧倒的なネガティブ要素の塊ですが、コンプライアンスが重視されるようになった昨今では、表立って使われることはほとんどなくなりました。

自分をデブと言うのは自虐ですし、他人が誰かをデブと言うのは嘲笑です。

今の時代、職場で言えばセクハラ・パワハラで訴えられてしまうでしょう。

しかし、みんな内心では『デブ』の言葉を使い続けています。デブがデブであることに間違いはないからです。

もし自分が『デブ』の言葉に思わず反応してしまうのであれば、それはデブである証拠です。

この記事では、デブが本気で変わるために必要なことを解説します。不快に思われる方は、今のうちに回れ右してください。

自分がデブであることを自覚しよう

あなたが『デブ』の言葉を無視できないのであれば、あなたはデブです。

厳しいことを言いますが、デブであることを自覚しましょう。

認められないと、この先に進むことができません。

デブかどうかの客観的な指標は、BMIで簡単に算出できます。

既に計算した人もいると思いますが、改めてその目で確認しましょう。

BMIと適正体重 – 高精度計算サイト (casio.jp)

デブであることのデメリット

デブでいると、様々なデメリットに見舞われます。

主なことは以下の6つです。

仕事ができない人間と判断される

「デブは出世できない」とは、よく言われていることです。

明確な根拠に基づいたデータはありませんが、少なくとも筆者の周囲で、肥満体型の人が要職に就いてバリバリ仕事をこなす姿は見たことがありません。

また、デブは多くの場合、仕事が遅く優秀とは言えません。

そしてこれは、国内外を問わず多くの社会人がそのように認識しているため(真実かどうかは関係なく)、就職・転職活動でも不利になる恐れがあります。

デブであるというだけで、仕事に支障をきたすのは嫌ですよね。

異性からも同性からもバカにされる

本来、人の体型を評価する権利は誰にもありません。

たとえデブであっても、それは同じです。

しかし、現実ではそんな正論が何の役にも立たないことは、あなた自身がよく分かっているはずです。

男女関係なく、デブであることをバカにしてくる人間はたくさんいるでしょう。

その行為は最低ですが、これは今の社会でも起きていることです。

バカにされる対象から抜け出したいなら、デブを脱却しなければなりません。

健康に悪い

「今更言われなくても分かってるよ!」と怒るかもしれませんが、怒るくらいなら瘦せましょう。

肥満は糖尿部や高血圧など、多くの疾患の要因になります。

人生において健康は最も重要な項目ですが、デブは健康とは程遠い存在です。

また、体力もないため、歩く・走るという基本動作にも支障をきたします。

デブで生きていることは、それだけでリスクなのです。

着れる服が制限される

最近はブランドも多種多様なものが生まれ、デブの人のサイズに対応したカッコいい・可愛い服は増えています。

しかし、それでも一般的な体型の人に合わせた服に比べると、まだまだ少ないのが現実です。

より多くのファッションを楽しみたいのであれば、デブではなくなる必要があります。

デブでなければできるコーディネートも。たくさんあるのではないでしょうか。

異性にモテない

デブは圧倒的にモテません。

「マシュマロ女子」などというジャンルで親しみを持たれるようになり。「デブ専」なんて需要も生まれていますが、それに甘えていたらいつか後悔するでしょう。

仮に100人の異性に、細身の可愛い子とあなたの写真を並べてどちらがいいかを回答してもらったら、その結果を見る覚悟はあなたにありますか?

もしなければ、あなたもそれを十分自覚しているということです。

モテて良い人と一緒になるには、デブは大きな障害になるのです。

ネタにされる

何気ない行動であっても、それをやる人によって周囲の反応がまるで違うことは往々にしてあるもの。

例えば美人や可愛い子があざとい行動をすると、思わずドキッとしてしまう男は一定数います。

対してデブが同じ行動をすると、ネタにされ笑いものにされます。

理不尽と思うでしょうが、これは紛れもない事実であり、誰もが見たことのある後継でしょう。

デブというだけで、1つの行動に対する捉えられ方が、大きく変わってしまうのです。

デブが変わるために必要なこと

ここまでデブのデメリットを読んで、気分が悪くなった人もいるでしょう。

しかし、これは全て現実。

もし本気で変わりたいなら、ここから挙げる3つのことを遵守すべきです。

プロのトレーナーによる指導のもとでの運動

痩せるために運動は必須。

誰もが分かっていることなのに、できる人が少ないのはなぜか。

答えは単純で、正しいやり方でサボることなくやっていないからです。

ジム通いをしたことがあれば、その失敗は嫌というほどしているはずです。

お金がかかるから、時間がないからと、言い訳していた結果ですね。

しかし、ここまでデブを引きずってきた人間が痩せるには、プロの力を借りなければ不可能です。

まずはカウンセリングだけでも受けましょう。

↓↓↓無料カウンセリングはこちらから↓↓↓

フォームから簡単予約【CALORIE TRADE JAPAN】

プロの監視のもとでの食事管理

運動と平行して欠かせないのが食事管理です。

デブは口癖のように「そんなに食べてないんだけどな~」と言いますが、それが嘘であることは今の体型が何よりの証拠です。

もしプロがチェックしたら、ツッコミどころ満載です。

自力で管理するのが不可能であることは過去が証明していると思うので、ここもプロの力を借りてください。

「今度こそ変わるんだ!」という断固たる決意

デブであり続けることも、痩せることも、あなた自身が決めることです。

デブの自分が嫌いで変わりたいなら、「絶対に変わる」意志が不可欠です。

これがなければ、運動も食事管理も成功しません。

「明日から頑張る」を、「今から」に変えられるか否か。

この回答で、あなたがデブから変われるかが分かります。

デブの自分からサヨナラしよう

デブでいたいか?

この質問に「はい」と答えるような人なら、とっくにこの記事を読むことをやめているでしょう。

デブであることは犯罪ではありませんが、デブでいる限り耐え難い屈辱を味わうこともあります。

努力せず痩せようなんて、勉強せず東大に合格しようとするのと同じです。

頑張れないやつに明日はない。このことを肝に銘じて、文字通り重い腰をあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました