親ガチャがハズレだと分かっても生きていくために必要な3つのこと

お金・副業・キャリア

『親ガチャ』

子どもは親を選んで生まれてこれないことを指す言葉です。

お金持ちで裕福な家庭か貧乏な家庭か、自由に伸び伸びさせてくれるか縛り付けてくるか・・・

こうした様々な要素から、自分の親がアタリかハズレかを評価するのです。

この記事では、親ガチャでハズレを引いたと感じている人に、ハズレの立場でも生きていくために必要なことをご紹介します。

人生の良し悪しは親ガチャの要素が強い

親ガチャの話題が出ると、必ず賛否が湧き起こります。

その議論にはキリがないのでここでは論じませんが、少なくとも人生の中で親ガチャのアタリ・ハズレは、大きな影響を及ぼすことは事実でしょう。

頭の回転の速さや元々の身体能力、また身長や足の長さといった点は、努力でどうにかなるものではありません。

スタート地点で差がついていたら、巻き返す以前にやる気が無くなってしまいますよね。

学生時代、クラスに1人はイケメンや可愛い子がいたと思います。彼等は努力でそれを手に入れたわけではなく、持って生まれたものです。

このように、親ガチャ次第で人生が『イージーモード』になるか『ハードモード』になるかは、ある程度決まってしまいます。

ハズレだとしてもリセットはできない

ただ、たとえ自分がハズレだとしても、残念ながらこれはもうどうしようもありません。

ゲームのようにリセットができない以上、どれだけ親を恨んでも他を恨んでも、現実は変わらないのです。

理不尽とか不公平とか、思うことはたくさんあると思いますが、「運が悪かった」で収めるしかない。

情けなく哀しい気持ちになるのは理解できますが、世の中は努力でカバーできることとできないことがあるということを、まずは受け入れましょう。

人生を有利に進めるために必要なこと

「親ガチャにハズレたから、人生おしまいだ。」

そうは言っても、本当に終わることができないのも人生です。

となると、ここから少しでも有利な位置へ上がるために、何とかするしかありません。

厳しいのは百も承知ですが、以下の3点を行って、人生を有利に進めたいところです。

圧倒的な知識を身に付ける

ご存知の通り、世の中は頭の良い人達が回しています。

頭が悪ければあらゆるものが搾取され、これを救済してくれるところはありません。

搾取されバカにされるのを回避するには、経済をはじめとした勉強をお子に、知識を身に付けるしかありません。

身体を鍛え強くなる

人間は、他人をパッと見て瞬間的に、その人物の強さを分析します。

容姿・体格・服装・雰囲気など、「自分より上か下か」を判断するのです。

この時に貧弱な身体だと、相手は舐めてかかってくること間違いなしです。

特に男性は「強さ」を重視する人が多いので、ここで舐められると何かと面倒です。

これを防ぐには、まず身体を鍛えることが重要です。

たとえば明らかにゴツい身体の人に、悪意を持って接しようと思いますでしょうか?・・・おそらく本能的なリスクを感じて、やる人はいません。

雇われの身からの脱出

低賃金・重労働の仕事に就いている人は、世の中にたくさんいます。

やりがいを感じて納得してやれているのであれば何も問題ありませんが、そうでないならそこから脱出する方法を考えるべきです。

転職も有効ですが、根本的な部分をひっくり返すとなると、やはりベストは自分の力で稼げるようになること。

今の時代には、それをするためのノウハウが揃っています。

いきなり実現することは難しくても、まずは取り組んでみることがおすすめ。

人生は自分で変えるしかない

どれだけ親ガチャに恵まれなかったとしても、その人生は自分のものです。

誰かに投げることもなすりつけることもできない以上、自分の手で変えるしかありません。

いくら言葉を並べても、今の世の中、結局最後は「自己責任」にされてしまうのです。

しかし、スタート地点がマイナスだからこそ、満たされている人が持ち合わせていないハングリー精神は、強力な武器となります。

持っていないものを数えたらキリがありません。そうして卑屈になるくらいなら、自分の力でどうしようもない世の中を生き抜いてやりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました