30代の僕が20代後半からやっておけば良かったと後悔している7つのこと

お金・副業・キャリア

生きている中で、『後悔』はなるべくしたくないものです。

しかし、過ぎ去ってから気付くことや見えてくるものがあって、後悔をせずにいるのは難しいのも事実。

僕は現在30代ですが、「20代後半から始めておけば良かったな・・・」と後悔していることが、多くあります。

この記事では、そんな僕が20代後半でやっておきたかったと特に思っていることを、7つご紹介します。

いま20代後半の男性の方には、僕と同じ後悔をしないようにしていただければ幸いです。

副業を始める

株式投資やアフィリエイトといった副業は、早く始めれば始めるほど有利です。

勉強しつつ試していく、いわゆるトライアル&エラー方式でやるのが効率的な副業は、経験値がモノを言うからです。

今や1つの仕事に囚われるのは、金銭的にもスキルアップ的にも非常にもったいないこと。

副業をすることで、自分の力でゼロからお金を稼ぐ力を身に付けておくと、今後の人生の選択肢が多くなります。

20代後半はお金の余裕も人生の経験値もそこそこある状態なので、この時から始めておけば今よりも多く稼げたなと思っています。

『やりたいこと』を見つける

自分のやりたいことが分からないという悩みは、多くのビジネスパーソンが抱えています。

30代でも、この悩みに未だに苦しんでいる人がいます。

やりたいことをやるのに早い・遅いはありませんが、やりたいこと自体は20代後半のうちに見つけておくと非常に有利です。

新しいことを始める気力と体力は、やはり若い方が持ち合わせているのは事実なので、20代後半でやりたいことを見つけてやり始める方が良いと思うからです。

やりたいことと言うとザックリしすぎていますが、例えば『やっていて楽しいもの』や「いくらでもやり続けられること」などで、かつそれがお金稼ぎの手段となったら文句なしです。

とはいえ、それを自力で探すのが難しいのも間違いありません。

『キャリアアップコーチング』では、そういったやりたいことや今後の人生の過ごし方などをどうしたいのかということを、相談することができます。

このサービスを上手く使って、やりたいことを見つけておくべきだったなと今は思っています。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

友達作り

利害関係のない友達を持っておくことは、日々のストレスを溜め込まないようにするために非常に重要です。

多くの場合、そういった友達は学生時代に作っておくべきだと思いますが、学生時代に友達を作っていなかったり、卒業後に交流が無くなり友達がいないという人もいます。

僕自身そんな1人で、今では普段連絡を取り合う友達が全くいません。

30代となった今になって何とかしようと頑張っていますが、20代後半のうちに真剣に考えて作っておけば良かったと後悔しています。

SNSを見ても、個人単位でも集団単位でも、友達の募集対象を20代に限定していることが多いからです。

この年齢までくると、友達を探すのも一苦労という事実に気付くべきでした。

難関資格に挑戦する

自分のスキルアップのために、資格を取得するのは有効な手段です。

ただ、その資格が比較的簡単に取得できるものだと、社会的な価値は高くありません。

どうせ取るなら、それなりに難易度が高く、価値のあるものの方が良いです。

僕はかつて様々な資格にチャレンジし取得することができましたが、その中で評価されたのは数えるほどしかありません。

それなら1つでいいから、難関資格に挑戦し取得しておけば、周囲との差別化もできて評価もされて、良かったのではないかと思います。

貯金をしておく

「20代は貯金よりも自己投資しろ!」という言葉をよく聞きます。

確かにそれも必要なことですが、重要なのは『貯金と自己投資のバランス』です。

何を言おうとお金がなければ、大半のことはできません。

健康で何も起きなければ問題ありませんが、何か不測の事態が起きて多額のお金が必要になったり、働けなくなった時などに備えて、十分な貯金はしておくべきです。

僕も20代の頃は「貯金よりも投資だ!」と使っていましたが、ケガをしたりなどの経験から、貯金がいかに大切かを痛感しました。

月に1万でも2万でもいので、着実に貯金しておきましょう。

ハマれる趣味を1つ見つける

趣味は人間が充実した生活を送るために、重要な要素の1つです。

特に自分が熱くなれる、一生懸命になれるものがあれば、辛い時もそれを糧にして乗り越えられます。

また、その趣味を通じて交友関係を広げられれば、もう言うことはありません。

「今更趣味を見つけろと言われても・・・」と思うかもしれませんが、そうしたものが1つあると、想像以上に多くの知見が得られます。

20代後半のうちに見つけておけば良かったなと、30代になった今しみじみ思うのです。

身体を鍛えて強くなる

僕は昔から格闘技をやっていますが、もっと本格的に練習を積んで、プロになって試合を経験しておけば良かったと後悔しています。

そうしたある種の『修羅場』を経験しておくと、人生の中で遭遇するかもしれないトラブルやハプニングにも、冷静に対処できると思うからです。

30代でもできることではありますが、20代後半でやっておいた方が、時間的余裕は多かったです。

何より、そうして身体を鍛えて強くなっておくと、周囲にも一目置かれるでしょう。

健康にも良くて、まさに一石三鳥です。

20代後半は有利なポジション

20代後半は、社会的に最も『オイシイ』ポジションです。

会社の中ではそこそこのキャリアを積んだ先輩でありながら、若手としても捉えられる範囲なので、失敗を恐れず挑戦できます。

プライベートでは、まだまだ若く異性からの需要も高く、たくさん遊べます。

この年齢のうちに、いかに多くの知識を取り入れ経験を積めるかで、30代以降の生き方は大きく変わります。

時間は過ぎてしまうと戻ってきません。後悔を少しでも無くせるように、ぜひどんどん行動してもらえればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました