転職したいけどやりたいことがない30代女性が最初にすべきたった1つのこと

お金・副業・キャリア

「好きを仕事に」

これは理想的で、とても素敵なことですよね。

社会人がその時間の大部分をかけて行う仕事で、辛く苦しい思いをするよりも、遥かに良いことです。

この記事では、今の仕事に何かしっくり来なくて転職を考えているけれど、やりたいことがない30代の女性が、その実現に向けて行うべきことを解説します。

好きを仕事にしていい

はじめにお伝えしたいのは、好きを仕事にしたいという気持ちは決して間違っていないし、そうできるよう行動して良いということです。

30代だからといって、恥ずかしく感じたり負い目を感じる必要はありません。

「そんなのは甘えだ」とか、「みんな生活のために頑張ってるんだ」などという言葉を投げてくる人がいるかもしれませんが、それも無視して構いません。

そう言ってくるのは、好きを仕事にすることに失敗したり、諦めてしまった人だからです。

その人の失敗や諦めに巻き込まれないようにしましょう。

ダラダラ探すのは危険

1つ注意するべきは、やみくもに求人サイトや求人誌を眺めないことです。

まずは好きなことやりたいことを探し、そこに向けて集中し転職活動を行うことが肝心です。

何の意図や目的もない状態で眺めても、自分の好きな仕事(やりたいこと)が見つかることはまずありません。

30代の転職は、年齢的にそこまで余裕があるわけではないのは事実です。

ダラダラ探しても一向に進まず時間だけが過ぎてしまうので、時間を無駄にしないようにしましょう。

はじめの1歩は自分を知ること

好きを仕事にするにあたって、はじめの1歩として必要なのは自分自身をちゃんと知ることです。

具体的には、自己分析をする必要があります。

自分のことは自分が1番分かっているつもりでも、それは表面上だけの場合が少なくありません。

自己分析をしていく中で、今まで気付いていなかった仕事で重視している点や、価値観を知ることができます。

それをもとに、自分に合う好きなこと・やりたいことを探すと、ミスマッチを防ぐことが可能です。

転職エージェントよりキャリア相談を利用する

自己分析や転職活動を行うことが自力では難しい場合、転職エージェントを利用しようとする方も多いと思います。

ただ、好きを仕事にしたい場合は、キャリア相談サービスを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントは求職者と人材を求める企業を繋ぐことが仕事ですが、その報酬は紹介料などの形で企業から受け取っています。

さらに、転職エージェント自身も営業成績(ノルマ)があるため、求職者を無理やり企業とマッチングさせ就業させることがあります。

それによってミスマッチが発生し、転職に失敗する可能性も否定できません。

これを防ぐためにも、企業側から報酬を受け取らず公平な立場からサポートしてくれる、キャリア相談サービスを利用する方が賢明でしょう。

は、企業から報酬を受け取っていない転職支援サービスを展開しており、自己分析や転職活動のにおけるポイントなどをサポートしてくれます。

転職エージェントのように直接企業を紹介してくれるわけではありませんが、ミスマッチを防ぎ理想の仕事に就くには、こちらの方が効果的です。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

幸せの形は人それぞれ

冒頭で申し上げたように、好きを仕事にすることは、理想的で素敵なことです。

一方、それを我慢したり諦めて生活のために仕事をすることも、悪いことではありません。

何をしようと、自分が幸せに生きることができるなら、それで良いのです。

あなたが好きを仕事にすることが幸せならそれを追い求めていいし、それ以外で幸せになれるならそれを追い求めればいい。

幸せの形は人それぞれなので、自分が最も望む方形を叶えられるように、行動していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました