30代の男性が転職するべきか決める際に考えたい4つのこと

お金・副業・キャリア

今の仕事を辞めて転職するべきだろうか・・・

こんな風に悩む30代の男性は、意外と多いと思います。

社会人生活にも慣れてきて、今の仕事に可もなく不可もない。

でも今のままではダメじゃないかという漠然とした不安を感じつつ、今から転職ができるかも分からない・・・そんな風に心に焦りがあるのではないでしょうか。

この記事が、そんな30代の男性の悩みを解決する一助になれば幸いです。

スキルや資格がなくても転職は可能

「30代の転職は、スキルや資格がないと厳しい」

こんな意見を聞くことがありますが、そんなことは全くありません。

もちろん専門性の高い仕事や、実務経験や資格が必須条件の仕事は例外です。

しかし、そうではない仕事については、たとえ30代であっても転職は可能です。

そもそも、30代でここまで社会人経験を積んできた方ならば、スキルや資格が本当に全くない・・・ということは無いはずです。

自分のこれまでの経験を振り返っていけば、目に留めていなかったものが必ず出てきます。

見通しが曖昧なままだと同じ失敗を繰り返す

ただしその前に注意することは、転職したい理由やその先の見通しがちゃんとあるかどうかです。

これが曖昧だと、転職活動中に迷いが生じることがたくさんあるでしょうし、転職に成功してもまたどこかで「このままでいいのか」と悩み同じ失敗をする可能性が高いです。

転職は自身の成長や転機といった前向きなものであることが基本であり、後ろ向きな理由だと上手くいかないことが多いのです。

そのため、本当に転職するべきかどうか、ハッキリさせてから行動する必要があります。

転職するべきか決める際に考えたいこと

では、具体的に何を考える必要があるのか。

主におさえておくべきことは、以下の4点です。

今の仕事を続けるままではダメな理由

転職はいけないことではありませんが、しないで済むなら手間も時間もかかりません。

今の仕事を続けているままではダメで、転職しないと叶えられないことがあるのかを今1度考えてみましょう。

もし今すぐに転職しなくても問題なかったり、そもそも今の仕事のままでもやり方次第で解決できるならば、留まった方が良いでしょう。

焦って転職しても、「しなければ良かった」と後悔することになりかねません。

転職してどうなりたいのか

転職は、人生の中の1つの過程に過ぎず、ゴールではありません。

転職後も、その仕事をしつつ人生を過ごしていくことになります。

そこで重要となるのは、転職した後にどうなっていきたいのか、どう生きていきたいのか・・・ということ。

そこに具体的なものがなければ、転職したことに満足してしまい、空虚な日々を過ごすことになってしまう恐れがあります。

転職して得られるものと失うものは何か

転職は、給料・休日・業務内容その他様々なことが変わることになります。

そうなれば、当然得られるものと失うものが両方あるでしょう。

そこで、今の仕事と転職先候補を比較し、何を得て何を失うのかを整理してみてください。

その結果、得られるものの方が大きく魅力的ならば転職するのが良いでしょう。

しかし、そうでないのなら転職しない方がいいかもしれません。

今後のキャリアプランはあるか

今の仕事を続けるにせよ転職するにせよ、キャリアプランは持っておく必要があります。

20代はとにかくやりたいことをやるというスタンスでもあまり問題ありませんが、30代はある程度の計画性を持って仕事をしていかないと、つぶしの効かない人材になってしまう可能性があります。

これまでキャリアプランを持っていなかった方は、これを機に自分がどんなキャリアを歩んでいきたいのか、しっかり向き合ってみましょう。

転職支援サービスの利用が効果的

上記4点について自分で熟考してみても、いまいち判然としなかったり、悩む場合があるかもしれません。

そんな時は、転職支援サービスを活用することをおすすめします。

『キャリアアップコーチング』は、転職支援サービスでありつつも、転職するべきか悩む方の相談にのりつつ、キャリアプランの設計などのサポートを行っています。

自分1人では煮詰まってしまう方は、このサービスを利用してプロに相談してみましょう。

第三者による視点が入ることで、新しい発見が得られるかもしれません。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

転職が必ずしもベストではない

転職はあくまで選択肢の1つであり、それをすることが必ずしも自分にとってのベストとは限りません。

チャンスとリスクをよく検討した上で、決めるべきことです。

少なくとも今転職するかどうかを迷っているのは、転職が本当に自分にとってプラスになることか確信が持てないからのはず。

本記事で取り上げた点を吟味し、自分にとって最善の選択をしてもらえれば何よりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました