【絶対必要】不労所得は働けない時の自分を助けてくれるという話

お金・副業・キャリア

日本社会では、昔から働いてお金を稼ぐことが当たり前であり、美徳とされてきました。

そして今なおその体制が多数を占め、日々懸命に働いている人ばかりなのが実情です。

しかし、それはとても大きなリスクを抱えていることに、皆さんは気付いているでしょうか。

この記事では、なぜ不労所得が必要なのか、その理由を解説します。

この記事の要点

・不労所得は絶対に必要
・体調不良で働けなくなった時に助けてくれる
・支援制度はアテにならない

健全な不労所得はちゃんと存在している

『不労所得』と聞くと、怪しい勧誘やセミナーなどが思い浮かび、警戒心を抱く方も多いと思います。

確かに今もその一味は存続していますが、それとはまったく関係のない健全な不労所得を作ることも可能な時代となっています。

ここでいう「健全」とは、誰かを巻き込んだり迷惑を掛けずに、ちゃんと収入を得られるように出来るという意味です。

もちろん、ある程度の収入を得られるようになるまでの道のりは、平坦ではありません。

常に地道な勉強と努力が必要で、途中で諦めてしまう人も多いのが事実です。

しかし、決して折れず続けていれば、必ず強固なものが出来上がります。

労働収入は健康であることが前提

「仕事は汗水垂らして働いてこそ!そうして得られた給料で十分!」

こう考えている人も多いかもしれません。

しかし忘れてはならないのは、それは自分が健康に働ける状態であるという前提によって成り立っているということ。

もし事故や病気、その他思わぬトラブルに遭遇し、健康を害して働けなくなってしまったら?

公的・民間の各種補償制度もありますが、要件を満たしていないと利用できないものも数多くあります。

それらを利用できず、また利用できても普段働いていた時の給料と同等額を得ることは、かなり難しいでしょう。

そんな中でも支払い続けなければならないローンや税金などは、果たしてどうするのでしょうか?

汗水垂らして働けるのは、健康であるうちだけという事実を、健康に働けている人は気付いていないのです。

転落するまでのスピードは予想以上に速い

近年のコロナ解雇で顕在化しましたが、健康を害して働けなくなれば、その途端に以下の構図が生まれます。

働けなくなる→無収入となる→貧困に陥る

この一連のフェーズを経た人達がどうなっているかは。TBS/JNNのニュースを配信する「TBS NEWS DIG Powered by JNN」公式YouTubeチャンネルなどを観ていただければと思います。

また、このフェーズの貧困に陥るまでのスピードは、とてつもなく早いということを忘れてはなりません。

例えば、1年間働かなくても大丈夫なくらいの貯金があるなら話は変わりますが、そうでもなければたちまち首が回らない状態になるでしょう。

つまり労働収入に頼っている限りは、健康で働き続けていないといけないということです。

不労所得は状況に左右されない

対して、不労所得にはそのような心配はいりません。

1度稼げる仕組みさえ築いてしまえば、あとは文字通り働かなくても、自動的に収入が入ってくるようになるからです。

健康のことはもちろん、外部的な要因で働けない状況に陥ってしまっても、収入が途絶えて窮地に追い込まれることはないのです。

だからこそ、不労所得は誰もが持っておくべき仕組みであり、これがあるかないかで人生の命運を左右されると言っても過言ではありません。

その気になれば誰でも作れる

不労所得なんてそんな簡単に作れるものか

と思っている人は、今すぐその考えを改める必要があります。

既に説明した通り、今の時代は健全な方法で不労所得を作れますし、その方法も決して特別なものではありません。

その気にさえなれば。誰もが出来ることなのです。

それでもなお疑いを持っていたり、もっっと具体的なことを知りたい方は、『ファイナンシャルアカデミー』の講座を受講してみると良いでしょう。

今まで知らなかった世界のことを、良く知るキッカケになるはずです。

↓↓↓ファイナンシャルアカデミーの講座を体験してみる↓↓↓

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」

健康なうちにどれだけできるかが勝負

ここまでお読みいただいて、不労所得の必要性を多少なりとも理解いただけましたでしょうか。

不労所得の仕組み作りには手間も時間もかかりますが、あればこれ以上強い味方はいません、

働けなくなってからでは遅いので、健康に当たり前に働けているうちに、どれだけしっかりと基盤を強固なものにできるかが勝負です。

今の時代、いつ誰に何が起こっても不思議ではなく、今日の当たり前が明日も続く保証などどこにもありません。

いざという時に後悔しないよう、備えておくことを強くおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました