働きながらの資格勉強はきついのか?成功させるために必要な6つのこと

お金・副業・キャリア

学生時代、勉強が嫌いだったという方は少なくありません。

あなたも親や教師から事あるごとに勉強しろと言われて、ウンザリしていたのではないでしょうか。

しかし社会人になると、仕事に追われてしまい勉強することはめっきり無くなります。

総務省のある調査によれば、働いている日本人の平均学習時間が6分だったことからも、これがよく分かります。

社会人の勉強時間は平均1日6分ってほんと?「勉強する時間がない」を言い訳にしない方法

そんな中で、資格を取得したくてこれから勉強しよう!と意気込んでいるあなたは、とても素晴らしいです。

一方で、働きながら資格勉強することはきついだろうと、心配になっている自分もいることでしょう。

この記事では、働きながら資格勉強することがどれくらいきついのか。またそんな状況でもこれを成功させるためにはどうすれば良いのかを、詳しく解説していきます。

働きながら資格勉強する辛さは想像以上

当然ですが、社会人として仕事をしつつ資格勉強を行うのは、正直言ってかなり辛いです。

仕事以外の余暇時間を勉強に充てなければならないのは、想像以上に心身にくるものがあります。

続けているうちに慣れてはきますが、それでも毎日サボりたいと思う自分との戦いが待っています。

やらないことは簡単ですが、その分資格取得からは遠ざかることになるので、罪悪感に苛まれることも。

その資格が難しければ難しいほどぶつかりがちな壁になるので、まさに自分が試される機会となるでしょう。

次項からは、そんな状況の中でどのようにすれば成功できるのか、具体的に必要なことをご紹介します。

絶対にやり遂げるという覚悟を持つ

いきなり精神論となってしまいますが、やはりこれは欠かせないものです。

1~2日であれば勢いで何とかできますが、数か月~数年間というある程度の長い期間勉強するにあたっては、自分の中に覚悟を持たないと高確率で挫折します。

現代は数多くの誘惑に溢れているので、油断するとあっという間にそちらに流されてしまいます。

特に会社からの命令などではなく、自分のために資格を取得したい場合は、絶対にやらないとマズいという強制力がありません。

そのため、モチベーションをいかに保ち続けられるかに懸かっており、中途半端な気持ちではやっていけないでしょう。

働きながらの資格勉強には、常に困難が付きまとうことを覚えておく必要があります。

毎日1時間は勉強に充てる

普段の生活の中で、勉強に充てられる時間がどれくらいあるかは人それぞれです。

ただ、本気で成功させたいなら、最低でも毎日1時間は勉強に充てましょう。

長ければ良いというものではありませんが、ある程度の時間をかけないと、なかなか知識は身に付いていきません。

1時間まとめて取るのが難しい場合は、『15分・30分・15分』などと隙間時間を使ってやっていくのもアリです。

どんなに仕事が忙しくても、自由に使える時間は1日の中で必ず存在するので、そこを見つけて勉強していく姿勢が必要です。

勉強は早朝に行う

夜勤がある場合や、早朝から仕事をしている場合を除いて、勉強は可能な限り仕事前の早朝にするようにしましょう。

仕事終わりにやろうとしても、疲労で眠気に襲われたり、集中力が保てないことがあるからです。

早朝であれば仕事関係の連絡も基本的にはありませんし、周囲が静かな状態で圧倒的にやりやすいです。

早くに起きて勉強すると、1日のはじめを有効に使えている感覚が味わえて、モチベーションも高く保ちやすくなります。

近道やコツを探さない

勉強をするにあたり、少しでも楽をしたくて、近道やコツを探す方がいます。

しかし、そんなものは存在しないことを認識し、地道にやっていくのが1番です。

根本的なことを言えば、勉強はひたすら反復していくことでしか、自分の中に根付かせることはできません。

楽をして覚えようとしても、すぐに忘れてしまい結果的に地道にやった方が早かった・・・というケースは往々にしてあります。

苦労して身に付けたものは簡単には忘れないので、真面目に堅実に進めていきましょう。

勉強する場所はいくつか試してみる

勉強場所として最適なのはどこか?と悩む方は多くいます。

結論を言うと、それは人によるためここがいい!と断言することはできません。

自宅が良いという人もいれば、カフェでないと集中できないという人もいて、これは実際にその場で勉強してみないと分かりません。

なので、まずはいくつかの場所で勉強してみて、自分がどの程度パフォーマンスを発揮できるのか確認してみましょう。

その日のコンディションによっても集中力が変わる可能性があるので、1週間ほど同じ場所で続けてみることがポイントです。

そうして自分が最もしっくりくる場所を探してみてください。

通信講座などのサービスを活用する

資格勉強は基本的に1人でやっていくことになりますが、それだといまいち集中できなかったり、サボりたくなってしまう方もいると思います。

そういう場合は、通信講座を利用して、サポートを受けながら勉強を進めていくのが非常に効果的です。

費用はかかりますが、その分より気合が入りますし、独学でやるより短期間での合格も目指せます。

特に難関資格は、範囲も膨大で働きながらだとかなり負担が大きいので、こういったサービスを活用し効率的に勉強していくことで、合格する確率を高めることに繋がるでしょう。

↓↓↓スタンディングの通信講座で合格を目指す↓↓↓


公式サイトはこちら>>

キャリアの構築も平行して考えよう

資格取得をしたい理由は、人それぞれです。

今の仕事に役立てるため、自身のスキルアップのため、将来やりたい仕事のため・・・

いずれにしても、今の自分より少しでも成長した自分になりたいという気持ちが、多かれ少なかれあると思います。

そんな方が資格勉強とあわせてした方が良いことが、キャリア構築です。

自分がこの先どうなっていきたいのか、またどんな人生を送っていきたいのか。

そうした人生の指針を考えることは、資格取得のその先を見据える意味でも非常に重要です。

この機会に、ぜひ資格勉強と平行して、じっくり考えてみることをおすすめします。

あなたが無事に資格を取得して、より良い人生を送れるようになることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました