残念な40代にならないために30代男性が今こそやるべきこと5選

お金・副業・キャリア

40代は世間から見ればベテランの社会人です。

酸いも甘いも嚙み分けてきており経験が豊富で、管理職として部下をまとめている人も多い年代。

しかし、中にはこうはなりたくないと思わずにはいられない、残念な人も少なくありません。

仕事ができず頼りにならないのに、態度とプライドだけはデカくて人望もない。

いるだけでお荷物だけれど、会社に居座る厄介者として嫌われているような存在です。

この記事では、そんな40代になることを防ぐために、30代の男性がしておくべきことをご紹介します。

女性への接し方を勉強する

残念な40代は、女性とのコミュニケーションが壊滅的に下手なケースが多くあります。

それまでの人生で女性と接する機会が少なく、ちゃんとしたコミュニケーションを取ってきていないと、女性への接し方が非常に危険です。

特に昨今はハラスメントに厳しい時代。

こちらに悪気はなくても、女性が不快に感じて問題になることは十分有り得ます。

これを回避するには、今からでも女性との接し方を勉強し、身に付けていくことが必要です。

まずは基礎となるコミュニケーション能力を鍛えて、上手にやれるようになりましょう。

10~20代と交流する

40代にありがちなのが、古臭い価値観に囚われ、かつそれを変えない頑固な姿勢です。

時代は今も流れ続けており、かつての常識はもはや常識ではなくなりました。

それにも関わらず未だに変わることの出来ていない人間は、時代に取り残され若い人から敬遠されることになります。

「死ぬ気でがんばれよ」部下への熱血指導がパワハラ認定された営業部長の「悪夢」

これからは彼等が社会で活躍していく主役であり、敬遠され邪険にされるようになると、いつか仕事ができなくなるかもしれません。

それよりも彼等と交流し、新しい価値観や考え方に触れて、いつまでも柔軟な頭脳を持ち合わせられるようにしましょう。

勉強と運動を欠かさない

年齢を重ねると「勉強なんて今更…」と思う人はたくさんいます。

しかし、毎日をダラダラと過ごしていたら、心身は衰えていく一方です。

特に30代から40代にかけては衰えも加速してくるので、油断すればあっという間に立派なおじさんになります。

また、それに伴い生活習慣病などのリスクにも晒されることに。

人間な何歳になっても、知らないことがたくさんあります。

常に何かを学び積極的に動く人は、人生を楽しそうにイキイキと働いています。

そんな気持ちをこれからも持ち続けることが大切なのです。

収入を増やす努力をする

40代ともなると、給料もそれなりにもらえると思っている人もいるかもしれません。

でもそれは昔の話であり、今や昇給はほとんど見込めない状況です。

いくら仕事を頑張っても、それに見合った給料が得られる世の中ではなくなったのです。

ではどうするべきかというと、別の仕事で収入を増やすのが最も現実的。

幸いなことに、副業や複業といった形態は、誰もが始められる環境が整っています。

それらを参考に、収入を増やしていくことをおすすめします。

キャリアプランを形成する

40代は人生の折り返し地点と言えます。

それと同時に、ここでキャリアの方針が定まっていないと、変更や修正が効きにくい年代でもあります。

そのため、もしキャリアプランが明確に決まっていないのであれば、今のうちにじっくり形成しておくことをおすすめします。

40代になった時もまだフラフラしていると、市場価値は高くないでしょう。

油断すればあっという間

30代から40代にかけては、何もしなければあっという間に過ぎ去ります。

仕事もプライベートも変化が大きく、日々に忙殺されて気が付いたら迎えていた…ということは十分有り得ること。

当たり前ですが、若さは今しかない価値であり、いつかは必ず失われるものです。

電車の中や街中などで、大股を開いてふんぞり返っていたり、酔っ払って寝ているおじさん達を見て、「あんな風にはなりたくない」と1度は思ったことがあるはず。

油断すれば、あれが未来の自分の姿です。

そうなりたくなければ、やるべきことはキッチリやっておくべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました