職場の人とは仲良くするべき?←しなくても問題ない

お金・副業・キャリア

仕事をする上で、職場の人間関係に悩む方は意外と多いもの。

仕事以外では関わりたくないけれど、ほぼ毎日顔を合わせるわけだし仲良くしておかないと・・・と、無理して飲み会などに付き合っていることもあるのではないでしょうか。

しかし結論から申し上げますと、そのようなことをする必要は全くありません。

そこに充てている時間は、遠慮なく自分のために使うべきです。

職場の人は『友達』ではなく『仕事仲間』

そもそも職場とは、あくまで仕事をしに来る場所です。

そこにいるのはたまたま同じ会社に勤めている『仕事仲間』であって、『友達』として仲良くなるのが目的ではありません。

なので仕事上コミュニケーションを取る必要はあっても、それ以上の関係になる必要はないのです。

もちろんお互いが仲良くしたいと思っているなら話は別ですが、そうでないなら無理をしてコミュニケーションを取る必要はありません。

それを咎めたり非難する権利は誰にもありません。

仲良くしなくても仕事に支障はない

職場の人とは仲良くしておかないと、仕事に支障が出ると心配する方がいますが、そんなことはありません。

世の中には、仲が良くなくても仕事を普通にやっている人達がたくさんいます。

例えばお笑い芸人コンビやアイドルグループは、仲は良くないけれどビジネスパートナーとして一緒に仕事をしている・・・というケースは珍しくありません。

それでもお互いの利益のために、大きな問題を起こさず絶妙な距離感で活動できています。

ただし誤解のないように言っておくと、『仲良くしない』のと『険悪な雰囲気になる』のは違う、ということです。

ここでの『仲良くしない』とは、私生活の範囲におよぶほど距離を縮めない、という意味です。

そのため、仕事仲間として良好な関係を築いておくことは、得こそあれど損はしません。

難しいところではありますが、相手をさりげなくフォローしてあげたり、助けてもらったら素直にお礼の言葉を述べるなどの気遣いは、仕事の一部と割りきってやっておくことをおすすめします。

自分の時間を確保しよう

今まで職場の人との関係を深めるために使っていた時間は、それなりに大きかったはず。

しかしそれを無くせば、まるまる自分の時間にすることが可能です。

友達や家族と過ごすために使ってもいいですし、副業をしたり勉強に充てるのもいいでしょう。

ただでさえ職場で多くの気遣いをしているのに、それ以外でまで気を遣わなければならないことをしていると、ストレスは溜まる一方です。

精神衛生を健全に保ち、良いパフォーマンスを維持するためにも、自分の時間の確保は最優先事項です。

面倒なゴタゴタに巻き込まれずに済む

職場の人と仲良くなりすぎると、いくつかのリスクを抱える恐れがあります。

その最たるものが、派閥やグループの関係するゴタゴタです。

人間が複数集まると、必ず派閥やグループが形成されます。

すると内部での争いや、外部(派閥間・グループ間)での争いが行われ、ドロドロの展開になることも少なくありません。

派閥やグループに入るとそうしたゴタゴタに巻き込まれ、余計な心労が増えることが大いにあります。

そんなくだらないことに関わらずにいるには、ドライな仕事上の関係のみでいることが大切なのです。

職場を離れたら疎遠になるだけ

どれだけ仲良くなるために気遣いをしても、根本的には仕事仲間であることに変わりません。

そのため、自分か相手のどちらかが職場を辞めて別の環境に行けば、そこで疎遠になって関係が終わる可能性は大いに有り得ます。

つまり、それまでに割いた時間も努力も、無駄に終わるかもしれないということ。

自分の時間を犠牲にして無理をした末路がそれでは、あまりにも浮かばれませんよね。

既に説明した通り、職場は仕事をする場所であり、そこにいるのはたまたま同じ会社に勤めているという共通項があっただけです。

なので職場が違ければ、今まで通りでなくなるのも仕方ないことなのです。

仲良くするより自分の将来を考えよう

以上のことから、職場の人と仲良くする必要がないことは、多少なりともお分かりいただけたのではないでしょうか。

仕事のために良好な関係を築くことは大切ですが、それ以上は自分が望まない限りは、何もしなくて問題ありません。

それよりも、これから自分がどうしていきたいか、どんなキャリアを積んでどう生きていくか。

そういったことを考える方が遥かに大切です。

優しく真面目な方ほど他人のために時間を使いがちですが、ぜひ自分のために十分な時間を取ってあげてください。

ついつい他人に気を遣い過ぎたり空気を読みすぎるという自分を変えたいと思う方は、そのキッカケの1つとしてコーチングを受けてみるのもおすすめです。

↓↓↓コーチングを受けてみる(無料体験実施中)↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました