30代の男性が仕事を辞める前にしておくたった1つのこと

お金・副業・キャリア

仕事を辞めたいけどもう30代だしなぁ・・・

あなたは今、こんな風に悩んでいませんでしょうか。

どうにも職場が合わないとか、人間関係に疲れてしまい、辞めたいと思うのは悪いことではありません。

しかし30代という年齢から、こんな不安を抱くのも事実。

・転職先が見つかるのか
・転職先の方が酷い職場だったらどうするか
・周囲の視線が冷たくなるかも
・ただの甘えではないのか

この記事では、そんな悩みを抱える30代の男性が、仕事を辞める前にするべきたった1つのことをお話します。

ちなみに最初に言っておきますと、それは会社を辞めないようにするといったものではありません。

スッキリした状態で会社を辞めて新しい一歩を踏み出すための行動です。

30代で仕事を辞めても問題ない

最初に言っておくと、30代であっても仕事を辞めることは何も問題ありません。

無理して我慢したり耐えたりしようとしても、それを続けることには必ず限界が訪れます。

遅かれ早かれ辞めることになる可能性が非常に高いので、決断と行動は早めにした方が自分のためと言えます。

今から転職ができるのかと不安になると思いますが、その気になれば求人はいくらでも見つかります。

まずは目の前にある仕事について、きっちり辞めて決着をつけましょう。

辞める前に今後の算段をつけておく

とはいえ、今後についてノープランの状態で辞めるのは、かなり不安に駆られるのも事実です。

そこで、可能な限りで構わないのである程度の算段をつけておきましょう。

ひとまず短期バイトや派遣で働けるようにしておくとか、転職活動に向けて必要書類の用意をして希望先をピックアップしておくなど、辞めた後に何をするかが決めておくのです。

辛い仕事ほど、辞めた直後は安堵感から何もする気が起きなくなり、方向性が見えなくなることがあります。

なのでそれを事前に決めておいて、迷わないようにしておくことは有効な策です。

辞める前に会社に意見や不満は全てぶつける

辞める前にやっておくことは、至ってシンプルです。

それは、自分が抱いている意見や不満を、全て会社にぶつけること。

普段、会社に思うところがあっても何も言えないのは、それを言うことで不利益を被るのを恐れているからです。

しかしどうせ辞めるのであれば、その結果どうなっても大したことはありません。

会社を辞める人間は、ある種の無敵状態なのです。

だから遠慮なく全てをぶつけてやりましょう。

言いたいことを言って次の場所へ

誤解してはいけないのは、それで会社が変わることはほぼないということです。

1人の社員が何を言ったところで、会社という大きな組織は聞く耳を持ちません。

大所帯かつ歴史のある会社ほど、その気質や体制を変えることは難しいです。

なので期待値はゼロの状態で、言いたいことを全て言ってやって、自分がスッキリすることを狙いましょう。

そうして吐き出して自分の中の後腐れを無くしておけば、リセットされた心で次の場所へ向かうこ
とができます。

心身の安寧を最優先にするべき

仕事は自分の何かを犠牲にしてまでやるべきものではありません。

もちろん給料に見合う労働は提供するのが契約ですが、それ以上のサービスは不要です。

自分のためになることならまだしも、会社に捧げる必要は一切ないのです。

特に30代は人生の中で様々なライフイベントや転換点がある年代であり、大切な時期と言えます。

だから安寧が脅かされていると感じたなら、速やかに辞めて逃げていいんです。

逃げた先にも生きていく道はちゃんとありますし、自分を追い詰めてしまうよりずっと良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました