夢があるなら追いかけないと将来絶対に後悔する5つの理由

お金・副業・キャリア

夢を追うべきか、安定を求めるべきか・・・

叶えたい夢があるものの、それを追いかけていいものか悩んでいる方は多いです。

夢を追うには相応のリスクがありますし、叶う保証はどこにもない。

今の鬱々とした世の中を見ていると、より不安になりますよね。

でも、もしあなたに夢があるなら、たとえリスクがあるとしても迷わず追いかけるべきです。

いつまで追えるか分からない

「何かを始めるのに遅すぎることはない」という言葉をよく聞きます。

確かにその通りですが、夢を全力で追いかけられる時間は、長くはありません。

人間は年齢を重ねれば身体が衰えてきますし、気力も萎えてきます。

夢を追いかけるにはたくさんのエネルギーが必要になるので、心身が付いていけなくなれば難しくなります。

また、自分が追いかけたくても、自分を取り巻く環境が原因で諦めざるを得ないこともあるでしょう。

結婚すれば家庭がありますし、親の介護をしなければならない時に、夢を追いかけ続けるのは現実的に考えてほぼ不可能です。

夢を追いかけるという行為には『消費期限』があるのです。

つまらない人間になる

夢を追いかけず安定した生活を求めて生きるのは、決して悪いことではありません。

でも安定とは、言い換えれば劇的なことが起きない生き方です。

夢を追いかけず安定した生活をする人は、ハッキリいってつまらなくなります。

話題といえば最近観たドラマや映画、仕事についての愚痴や不満など、他人が聞いてワクワクしたりドキドキするような感情が動くものはないでしょう。

通勤する電車の中にたくさんいる、目に生気がない人々と同じになります。

話が面白くてキラキラしているのは、何かに向かって一生懸命頑張っている人なのです。

他人を否定しがちになる

夢を追いかけず諦めた人には、多くの負の感情が襲い掛かります。

あの時こうしていれば・・・
所詮自分なんて・・・
夢なんてくだらない・・・

自分で自分を責めるだけならまだいいのですが、それがいつしか他人を攻撃する方向にシフトしてしまうことがあります。

夢を追いかけている人に対して、「叶うはずないだろ」とか「現実を見ろ」などと、自分が忌み嫌っていたタイプの人間になるかもしれないのです。

自分が諦めたことを他人が追いかけていると、どうしても妬んでしまうもの。

それよりも、夢を追いかけ他人に羨ましがられる人間になりましょう。

自分の実力が分かる

夢が叶うかはどうかは、誰にも分かりません。

才能・努力・運など、様々な要素が合わさって結果が出ます。

しかし、それら全てひっくるめて、自分の実力であることに間違いはありません。

人間はどうしてもラクをしたがる生き物なので、普段の生活の中では本気を出すことが難しいです。

そのため、何かに本気で取り組んだ時に、初めて自分の実力がどれほどのものか分かります。

自分がどれほどの器なのか、夢を追いかけてみるとよく分かるでしょう。

チャレンジ精神が培われない

夢を追いかけることは、いわば人生を懸けたチャレンジです。

成功するか失敗するは分からず、どちらにしてもその先に何が待っているか、どうなるかも分かりません。

けれどチャレンジ精神というものは、確実に身に付きます。

人生において、何かにチャレンジすることは大切です。

これがないと、いざという勝負所で勇気が出ず、せっかくのチャンスを逃してしまうことも。

チャレンジ精神を培うために、夢を追いかけることほどベストなものはないでしょう。

夢を追いかけるために大事なこと

夢を追いかけるにあたり、注意しなければならないことがいくつかあります。

その中でも特に大切なことを、以下にまとめましたのでご覧ください。

お金は何としても稼ぐ

まず第一に優先すべきは、お金のことです。

何をするにしても、お金はかかるもの。

その夢が何であれ、お金がかからないことはまずありません。

日々の生活費はもちろん、夢を本気で追いかけるなら、何としてもお金を稼いでいくことが必要です。

お金がなければ、夢を追うどころか生きていくことさえ難しくなるからです。

正社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・副業・内職など、何でも構いませんがなんとしても稼ぐ精神は持ち続けましょう。

周囲の意見は話半分で聞いておく

夢を追いかけている人には、どうしても批判が集まりがちです。

何にも情熱を持てず、人生がつまらないと感じていたり鬱屈とした日々を送っている人にとって、夢を追いかけている人が羨ましくて仕方ないからです。

また、善意から夢なんて不安定であやふやなものを追いかけるなんて、やめた方がいいと諭してくる人もいます。

いずれにしても、自分にとっては障害になるものが多いです。

中には心に留めておいた方が良い意見もありますが、基本的には話半分で聞いておくことがおすすめです。

常に小さな目標と大きな見通しを持って行動する

夢を追いかけるにあたって、その過程を考えることは欠かせません。

例えば何のスキルもない人がいきなり医者にはなれないように、夢を叶えるために身に付けたり手に入れなければならないものがたくさんあるからです。

なので常に小目標と、当面の見通しを持っておくことが必要です。

そうすることで、夢を追いかけている途中で道を逸れたりブレたりする心配がなくなります。

1人では小目標や見通しを構築するのに苦戦する場合は、コーチングを受けることがおすすめです。

あなたの思考を整理してくれるので、視界がクリアになるでしょう。

↓↓↓コーチングを受ける↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

追いかけたい夢があるのは素敵なこと

夢を持たず「とにかくラクして生きられればそれでいい」という人が増えている今の世の中。

不景気は変わらず、暗いニュースばかりで厳しい現実が嫌でも見えてくる中で、叶えたい・追いかけたいと思える夢があるのはとても素敵なことです。

今は遥か先にあるような夢でも、1歩ずつ確実に進んでいけば、いつか手の届く場所に辿り着けるかもしれません。

しかし追いかけなければ、永遠に叶えることはできません。

リスクを取らなければリターンは得られないのと同様に、夢を追いかけるためには人生を賭ける必要があります。

「あの時チャレンジすれば良かった」と後悔しないよう、自分が本当にしたいことをしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました