格闘技を始める年齢に遅いことはない

格闘技のこと

「格闘技にやってみたいんですけど、今の年齢から始めても遅いですかね…?」

上記は時折受ける質問の1つです。

以前から格闘技に興味はあったけれど仕事や家庭の事情などで始められなかった人や、始める1歩を踏み出す勇気がなかなか出せなかった人は意外と多いもの。

ようやく始めるための環境や心の決心がついた時には、もうそれなりの年齢になっていて…というケースはそれなりにあります。

確かに「物事は若いうちから経験した方が良い」とは言いますが、実際のところ格闘技を始める年齢に遅いということはあるのか。

この記事で、以下の悩みを抱えている人のお役に立てればと思っています。

・今から格闘技をやってみたいと思ってるけど年齢的に無理なのか
・将来的にプロになったり試合に出たりしてみたいけど、それは無謀なのか

これを書いている僕は、

・格闘技歴10年以上
・アマチュア選手としてキックボクシングなどの試合への出場経験あり
・30代にしてボクシングのプロライセンス取得に向けて現役で練習中

の身なので、参考になると思います。

格闘技は何歳からでも始められる!

まず、この記事を読んでくれている悩みの渦中にいる人にお伝えしたいのは、

格闘技を始める年齢に遅いなんてことは絶対ないから今すぐやろう!

ということです。

僕はこれまで5つ以上のジムを渡り歩いてきましたが、その中に60代でキックボクシングを始めた男性がいました。

その人はとても元気でパワフル。
ミットもサンドバッグもバシバシ打ち込み、若い子に混じってマススパーリングもやるほど。

その人とは時折雑談していたのですが、「この年齢でこんなに楽しい趣味ができて嬉しいです!」と笑顔で話していたのを今でも覚えています。

そんな姿を見て、始める年齢がどうとかなんて問題ではないんだと思いました。

たとえ何歳だろうと、「格闘技が好きだからやりたい!」という気持ちがあればやれるんです。

プロになったり試合への出場について年齢は関係あるのか

「始めるのに年齢が関係ないのは分かったけど、プロや試合出場を目指すとなると違うんじゃないか?」と思う人もいるでしょう。

確かにこの点については、年齢が全く関係ないとは言えません。

例えばボクシングのプロテストは現在の規定上、34歳未満でないと受験できません。

また、格闘技の試合は大会によって異なりますが、出場資格に年齢制限を設けていて高齢だと出場できない場合があります。

しかし、「だから絶対プロにはなれないし試合にも出れない」ということではありません。

40代でも現役のプロとして活躍している選手はたくさんいますし、アマチュアとして試合に出場しバチバチ戦っているおじさんはたくさんいます。

だから決して不可能ということはないです。

周囲の声なんて気にしなくていい

そもそも「格闘技を始める年齢が遅いとダメなのか」という悩みが出るのは、周囲の反応が気になっているからだと僕は思っています。

今更始めるのかとバカにされる、若い人達に付いていけるわけがないと言われる、恥をかくだけだと笑われる…

そういうネガティブなことが多少なりとも頭に浮かんでいるのであれば、そんなものは気にする必要ないと声を大にして言いたいです。

ジムにはそんなことを言う人なんていませんし、自分の周囲に言う人がいたら「残念な人なんだなぁ」と憐れんであげましょう(笑)

おそらくその人は、何かに一生懸命打ち込んだことがない人です。

若さは武器かもしれませんが、若くなければダメということありませんし、年齢を理由にやるのを諦めるなんて非常に勿体ないことです。

年齢ではなく、今の自分の気持ちを大切にしましょう。

まとめ

本記事の要点をおさらいします。

  • 格闘技は何歳からだって始められる
  • プロを目指せるし試合だって出れる
  • 周囲の声なんて気にしない

最後にもう1度言いますが、格闘技で大切なことは自分にどれだけやる気があるかどうかです。

年齢がどうとかなんて気にしている暇があるなら、今すぐ始める準備をしましょう。

人生は1度きりです。自分のやりたいようにやればそれでいいのですから。

この記事を読んで「自分も頑張ってみよう!」と思ってくれた人が少しでもいたら何よりです。

****************

30代の僕がボクシングのプロライセンス取得を目指している話に興味がある人向け

↓↓

ボクシングを始めたい人は良ければこちらもどうぞ

↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました