総合格闘技は最強で実戦的なのか

格闘技のこと

格闘技では「何が最強か」「実戦的なのか」という論争は尽きることがありません。

常に強さを追い求めるのが格闘技なので当然と言えば当然なのですが、その中でもよく出てくるのが「総合格闘技が最強であり最も実戦的だ」というものです。

確かに数多ある格闘技の中でもルール上禁止されていることが少なく、打撃も寝技もある総合格闘技がそう評されるのも理解できます。

しかし、総合格闘技は本当に最強かつ実戦的なのでしょうか。

『最強』とは何なのか

まず、世間がイメージする『最強』とは何なのかを具体的に考えてみます。

人によって多少は異なるかもしれませんが、大概の場合は以下の枠に収まるのではないかと思います。

・最も実戦的である(喧嘩した時に1番強い)
・何にでも対処可能である(相手のあらゆる攻撃に対応できる)

そしてこれをもう少し具体的に言うならば、『格闘技をリングの外で使用した時にどこまで通用するか』が焦点になっているはずです。

総合格闘技は最強とは言い難い

では、上記を踏まえて総合格闘技を見てみましょう。

「何でもあり」と言われている総合格闘技ですが、実際には色々な制約があります。

団体によっても異なりますが、基本的に以下の攻撃は禁止されています。

・金的
・目付き、目潰し
・後頭部への攻撃

仮にリングの外で喧嘩をするとなった時、これらの攻撃は一切禁止されていません。また、ルール上禁止されているからこれを防御する技術も総合格闘家は全く練習していません。

そうして考えると、いくら打撃も寝技も可能な総合格闘技だって『最強』とは言えません。

格闘技で『最強』や『実戦的』を議論するのは無意味

格闘技には必ずルールがあります。

それはボクシングでもキックボクシングでも、柔術でもレスリングでも、今回取り上げている総合格闘技でも同じです。

なぜなら格闘技は喧嘩ではなく、れっきとしたスポーツだからです。

そんな格闘技で、最強だとか実戦的という議論をする意味はありません。

ルール(制約)が存在する時点で、実戦的とは言えませんし最強ではないからです。

確かにボクサーや柔術家が総合格闘技で戦ったら、総合格闘家は勝つでしょう。

でもそれは『総合格闘技のルール』で戦うからであって、仮に『ボクシングのルール』でボクサーと総合格闘家が戦えばボクサーが勝つでしょうし、『柔術のルール』で柔術家と総合格闘家が戦えば柔術家が勝つでしょう。

本当の意味で「何でもあり」で戦ったら、そもそも1対1でなくてもいいですし、武器を使ってもいいので何の格闘技をしているかは関係ないのです。

まとめ

みんなが憧れる『最強』ですが、少なくとも格闘技の中にそれはありません。

極端な話、どれだけ強くても拳銃とか使われたら1発で終わりです(笑)

しかし強くなりたいのであれば、格闘技を学ぶことは決して無駄にはなりません。

最強とか実戦的ということを気にする前に、自分がやってみたい格闘技をやってみましょう。

***************************

僕の使っているボクシングブランドです。
安価で品質も良いのでオススメです。

↓↓



コメント

タイトルとURLをコピーしました