格闘技ジムの人間関係は面倒くさいのか?

格闘技のこと

何か特別な場所というイメージを抱かれがちな格闘技ジムですが、実際はそんなことはなく様々な人がいて成り立っています。

会員、トレーナー、受付スタッフ、会長…
立場は違えど、みんな格闘技ジムを構成する一員として、各々の目的のために頑張っています。

これから格闘技ジムに通おうとしている、もしくは通うことを検討している人の中には、そんな格闘技ジムの人数関係について不安や心配を抱えている人もいるのではないでしょうか。

具体的には、以下のようなことです。

・入会したらみんなに自己紹介を兼ねた挨拶をしないとダメなの?
・先輩、後輩の関係ってあるの?
・飲み会とかの付き合いって必要なの? 
・プロ、アマ選手の応援っていかないとダメ?
・食事会とかってあるの?

「せっかく自分の大切なお金を払って通うのに、会社や学校にあるような面倒くさい人間関係に振り回されたくない!」という想いは誰だって少なからずあります。

そこで今回は、そんな格闘技ジムの人間関係について、上記の疑問にお答えします。

この記事を書いている僕は、

・格闘技歴10年以上 
・これまでに5箇所以上の格闘技ジムに通った経験あり

なので、それなりに参考になると思います。

入会したらみんなに自己紹介を兼ねた挨拶をしないとダメなの?

結論から言うと、格闘技ジムに入会してもみんなの前で自己紹介することはありません。

少なくとも、僕がこれまでに通ったジムの中で、そういったことをしたことは1度もなかったです。

人によっては自分が来ている時間帯にいる既存の会員に名前と挨拶を軽くするという場合もありますが、強制ではないのでしなくても大丈夫ですし何も言われません。

ジム側も会員も、「何であいつ挨拶に来ねーんだよ」みたいなことは一切言わないので、やろうと思えば一人で黙々とやることだって可能です。
※トレーナーから「ミットやりましょう!」と声を掛けられることはありますが、これは向こうの仕事上必要なことで人間関係を迫っているわけではありません。

なので、わざわざ「どう自己紹介しよう…」なんて悩む必要はないのです。

飲み会とかの付き合いって必要なの? 

格闘技ジムによりますが、仲良くなった会員同士で飲み会をしたり、ジムの忘年会や新年会などのイベントを催している場合はあります。

しかし、これらは一切強制ではなく、たとえ参加しなくとも白い目で見られたり苛められたりすることはありません。

現に僕はこういったイベントにほとんど参加しませんでしたが、何か嫌みを言われたりすることは皆無でした。

もちろん自分が行きたいと思うのであれば参加すればOKですが、行きたくなければ不参加でも何も問題ありません。

プロ、アマ選手の応援っていかないとダメ?

格闘技ジムにはプロ、アマの選手として試合に出ている人もいます。

そうすると、『ぜひ応援に来てください!』とジム側や選手本人が告知して、チケットを買ってほしい旨を言ってくることがあります。

しかしこれも一切強制はなく、基本的には「来れる人はトレーナーか選手本人に声掛けてください」というスタイルなので、行かなくとも問題はありません。

行った方が選手本人や同じく応援に行った人達と仲良くなることができますし、選手の試合を生で観れる魅力もありますが、そういったことを求めていない人はしなくてOKです。

食事会とかってあるの?

飲み会と被るところもありますが、いわゆる「ご飯食べに行きません?」という誘いを受けることがあるのか心配する人もいるかもしれません。

しかしこれはある程度会員同士で仲良くなったりしない限り、誘われることはまずありません。

仮に誘われても、行きたくないなら行かなくて大丈夫ですし、それが原因で気まずくなることはないです。

僕は本当に仲良くなった人と数回だけ行ったことがありますが、それ以外は全くありませんでした。

人間関係の問題があったら格闘技ジムを変えた方がいい

以上のように、格闘技ジムの人間関係に悩まされるようなことは基本的にありません。

万が一ジム内で人間関係の問題が発生するようなことがあれば、その格闘技ジムは辞めた方がいいです。
※辞める前にジム側に相談するのもありです。

当たり前ですが、格闘技ジムは「格闘技を習うための場所」でありお金を払って任意で行くので、会社や学校のように強制力があって人間関係を築かなければいけないということは無いのです。

現に、僕以外の会員さんも喋らない人はとことん喋らず、淡々と練習だけして帰っていく人はたくさんいます。

人間関係が面倒くさいと思ってしまう人も、心配せず格闘技ジムに行きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました