なぜあなたは副業で稼げないのか?5つの理由について

お金・副業・キャリア

副業を始めて、「これでたくさん稼いでやる!」と意気込んだのも束の間。

蓋を開けてみれば、全く稼げない日々が続いている…今これをお読みいただいている方は、そんな状況に陥ってはいないでしょうか。

人によって目標額こそ違えど、0円もしくはそれに近いままだとやる気も失せてきてしまいますよね。

この記事はそんな方に向けて、なぜ副業で稼げないのか?という理由について説明します。

副業は『特別なもの』ではない

実は副業に必要なスキルは、普通の会社員に求められるスキルとあまり変わりません。

市場分析、プレゼン、営業などなど…

副業を『特別なもの』と勘違いしている方が多いのですが、やっていること自体は極めて近いのです。

それはつまり、副業において求められるの特別なものなんかではなく、誰にでもできることだという意味です。

にも関わらず、なぜ上手くいかず稼げないのか。

今取り組んでいる副業ついて、以下のことを改めて見直してみましょう。

副業で稼げない要因になるもの

作業時間が足りない

副業はがむしゃらにやるだけではいけませんが、やはり単純な作業量は大きな要素です。

よく聞く「1日たったの○分で月収10万円!」などのワードは嘘でしかありません。

むしろ現実には、本業と同等もしくはそれ以上の時間をかけなければ、そのような金額を稼ぐことは難しいです。

副業で大きく稼いでいる方は、1日10時間以上作業していたというエピソードもあります。

それはさすがに極端にせよ、それくらいの気構えを持って取り組まなければなりません。

勉強していない

先程説明した通り、副業に必要となるスキルは、会社員に求められるスキルとあまり変わりません。

そのため、これらのスキルを身に付けられれば、成功にグッと近付くことができます。

最近では書籍・動画・セミナーなど、勉強できる環境は充実しています。

自分ではできていると思っていても、プロから体系的に教わってみると、まだまだ足りないことはたくさんあるもの。

そうした勉強を欠かさず行わなければ、副業で活かすことはできません。

予測・分析・改善ができていない

副業に限ったことではありませんが、自分の取り組んでいる作業について見通しを立てたり、現状の分析や振り返りをすることはとても大切です。

例えばある目的地に辿り着こうとすれば、地図を見て場所を確認し、どのように向かうかルートを決め、それによってどれくらいの時間が必要かなどを計算しますよね。

そうしなければ、アテのない迷路を永遠と歩き続けるようなものです。

尻職人としてSNS上で有名になったグラビアアイドルの倉持由香さんは、『徹底した逆算』が成功のカギだったと仰っています。

楽ではありませんが、この作業は必ず実施しないと、成功への道は遠くなる一方でしょう。

地道に継続できない

副業の最大の障壁とも言えるのが、継続することです。

『3日坊主』という言葉に代表されるように、始めたものの短期間でやらなくなってしまうことは非常に多いです。

しかし、副業はすぐに成果が出るものではないため、続けなければ成功を収めることはできません。

会社員と違い、副業は作業時間と成果が比例するような仕組みとはなっていないため、特に最初は時給換算するとブラック企業以下の収入となることがほとんどです。

そこで諦めて挫折するか、奮起して続けられるかが大きな分かれ道となるでしょう。

自分には才能があると思っている

人間誰しも多かれ少なかれ、『自分は特別だ』とか『自分は大丈夫』という意識が心の中にあるもの。

僕自身、以前はこのような気持ちで生きていました。

しかし現実には、これは大きな勘違いでしかありません。誰も特別ではないし、大丈夫という保証もないのが世の中です。

ここに気付くことができないと、副業でも大きな失敗をする羽目になります。

ネット上にはインフルエンサーと呼ばれる人達が、周囲を煽ったり焚き付けるような発言をして支持を得たり反感を買ったりと注目を集めていますが、本当の意味で才能だけで上り詰めた人などほんの一握りのはず。

その裏では膨大な努力をしているからこそ、結果を出すことが出来ています。

自分の才能に変な自信を持ったりせず、やれることを1つずつやっていきましょう。

副業は楽して稼げる夢の仕事ではない

既に認識している方も多いと思いますが、改めて言いたいことは副業で楽して稼ぐことはできないということです。

本業も副業も、お金を稼ぐ手段は『仕事』です。

副業となるとその意識が希薄となるケースがありますが、それで稼げるような仕組みは世の中に存在しません。

そういった文句で宣伝している副業は、間違いなく詐欺です。

今1度副業に対するご自身の向き合い方を見つめ直し、成功へ近付いていってほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました