【今からでも間に合う】30代からの男性のキャリア構築

お金・副業・キャリア

30代になると、これからの人生をどのように過ごしていこうか、真剣に考える機会が多くなります。

特に仕事ではマネージャーとして部下をまとめていくのか、プレイヤーとして第一線で活躍していくのか。

また、ゼネラリストとして幅広い知識・技能を持つのか、スペシャリストとして1つの知識・技能を磨いていくのか。

こうした選択を決定する岐路に立つのもこの年代です。

しかし、中にはその選択どころか、自分のキャリアをこれからどう構築していくべきなのか分からない方も多いのではないでしょうか。

この記事ではそんな方に向けて、キャリアカウンセラーの資格を持つ筆者が、30代からの男性のキャリア構築の方法について解説します。

30代はまだまだチャンスがたくさん

一部の人からは「30代はもう無茶をすべきではない」などと言われますが、そんなことはありません。

むしろ、20代よりも知見が広く経験も豊富なので、これを活かして更なる新しいことにチャレンジすることが可能です。

特に30代前半は気力や体力もそこまで衰えを感じることがなく、いわゆる『脂がのっている』状態なので、多くのチャンスがあります。

なので何かを諦めたり、見切りをつける必要はなく、アグレッシブに行動して今後に繋げていきたいところです。

「何となく」で進むのは危険

とはいえ、20代の時と同じように、何となくがむしゃらにやっていくのはおすすめしません。

なぜなら時間という点では、どうしても20代ほど余裕があるわけではないからです。

キャリア構築は自分の理想とする姿を定めて、そこに向けてどのような経験を積めばよいかを考えます。

そこに途中で横道へ逸れたり、まるっきり違う道へ方向転換するとなると、時間が足らない恐れがあります。

そのため、『揺るがない軸』を持って進むことが必要となります。

『後先考えずにやりたいこと』はあるか

30代でキャリア構築に悩む方に多いのが、何もやりたいことがない・やりたいことが分からないというパターン。

今やっている仕事も嫌いなわけではないけれど、別に楽しいわけでもないと悶々としながら日々を過ごしているケースは珍しくないと思います。

キャリア構築においてやりたいことを見つけるのは重要なので、まずはここをおさえておく必要があります。

やりたいことが何か考える上でのポイントは、無意識にかけているフィルターを外すこと。

具体的には、「収入・世間からの評価・将来性」などを一切考慮せず、後先考えない状態にした時にやりたいことが何かあるかを考えてみましょう。

例えば「絵を描くのが好き」とか、「走るのが好き」など、何でも構いません。

とにかく自分が単純にやりたいと思っている、やるのが好きということを挙げていってください。

やりたいことがないという方は、無意識に『それが仕事として成り立つか』というフィルターをかけた状態で考え始めることが多いため、これを無くして素直な自分にした時に、何が思い浮かぶかを確認してみるのが有効です。

徹底した自己分析・自己洞察

上記を意識してやりたいことが見つかれば、それを仕事として昇華させることが可能か、もしくはそれに近しい仕事があるかなどを探し考えることとなります。

しかし、それでもなおやりたいことが見つからない、という方も少なくないと思います。

その場合、やるべきことは徹底的な自己分析です。

自分とはどんな人間で、どんなことを求めているのかなど、自分のことを理解しているつもりでも実はできていないという方は非常に多いです。

これを行うことで、自分の価値観や性質などを把握でき、やりたいことが何なのかを探す取っ掛かりとなります。

自己分析には様々な手法がありますが、30代ともなるとこれまで積んできたものもそれなりにあるので、1人で行うのは大変な作業です。

なのでおすすめなのは、キャリア支援サービスを活用して、自己分析を手伝ってもらうことです。

『キャリアアップコーチング』では、転職支援サービスとして自己分析を深めるためのサポートを行っています。

これで自己分析ができれば、そこから自分のやりたいことや重視していることも分かってきて、キャリア構築の第一歩が歩めます。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

人生好きに生きたもん勝ち

よく「人生1度切り。好きなことして生きよう!」と言われますが。まさにその通りです。

どんなに偉くなろうがお金を稼ごうが、人生はいつか終わりを迎えます。

その時に、「後悔のない楽しい人生だったな」と思えるかどうかは、それまでの生き方にかかっています。

それならば、自分が好きなことを好きなようにやって、楽しく過ごすべきです。

「そんな生き方できるのはごく一部の人だけだ」と言う人がいますが、その人は諦めてしまっていて、そうしようと努力している人を見ると悔しいだけです。

そんな言葉に惑わされず。自分の理想とするキャリアを構築し、理想に向かって進んでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました