【今からでも間に合う】30代からの男性のキャリア構築

お金・副業・キャリア

30代になると、これからの人生をどのように過ごしていこうか、真剣に考える機会が多くなります。

特に仕事ではマネージャーとして部下をまとめていくのか、プレイヤーとして第一線で活躍していくのか。

また、ゼネラリストとして幅広い知識・技能を持つのか、スペシャリストとして1つの知識・技能を磨いていくのか。

こうした選択を決定する岐路に立つのもこの年代です。

しかし、中にはその選択どころか、自分のキャリアをこれからどう構築していくべきなのか分からない方も多いのではないでしょうか。

この記事ではそんな方に向けて、キャリアカウンセラーの資格を持つ筆者が、30代からの男性のキャリア構築の方法について解説します。

30代は人生の転換期

20代では、仕事もプライベートも『目の前のことに全力投球』で、問題ない時期。

たとえ失敗しても「まだ若いから」という免罪符がありましたし、成功すれば「若きエース」などと評価されます。

しかし、30代はそうもいきません。

世間からは、知識・経験を身に付け、それなりの修羅場を潜り抜けてきた頼れる存在として見られることが多くなります。

20代が粗削りな原石とするならば、30代は成熟しつつあるダイヤやエメラルドといったところでしょうか。

つまり、社会的に求められることが大きく変わる時期なのです。

同時に、漠然とした「こうなりたい」という理想から、「こうなる!」という具体像を定めるのも、30代が最適とされます。

それを実現できるだけのスキルが、30代にはあるはずだからです。

以上の通り、30代はまさに人生における転換期と言えるでしょう。

30代がキャリアについて悩むこと

冒頭でも少し触れましたが、30代は仕事においてどのポジションでやっていくのかを選択する岐路に立ちます。

すると、これまではあまり意識していなかった、以下のような悩みが出てきます。

・ずっとこの会社で働き続けていいのか
・転職してスキルアップするべきか
・昇進して管理職を目指すべきか
・会社員生活のままでいいのか

しかし、悩みが多く出てくるということは、それだけ自分にまだまだ可能性があるということでもあります。

30代に求められる役割

会社にもよりますが、30代ともなると、それなりの責任がある役割を負うことを求められることが多くなります。

係長ややリーダーといった管理職であったり、新人育成や研修担当など若手の教育を任されることもあります。

少なくとも20代のように、『自分だけで完結すればよい』という立場ではいられないこともあるので、自分が希望する今後の展望次第では、身の振り方を考える必要があります。

30代はまだまだチャンスがたくさん

一部の人からは「30代はもう無茶をすべきではない」などと言われますが、そんなことはありません。

上述した通り、20代よりも遥かに知見が広く経験も豊富なので、これを活かして更なる新しいことにチャレンジすることが可能です。

特に30代前半は気力や体力もそこまで衰えを感じることがなく、いわゆる『脂がのっている』状態なので、多くのチャンスがあります。

なので何かを諦めたり、見切りをつける必要はなく、アグレッシブに行動して今後に繋げていきたいところです。

「何となく」で進むのは危険

とはいえ、20代の時と同じように、何となくがむしゃらにやっていくのはおすすめしません。

なぜなら時間という点では、どうしても20代ほど余裕があるわけではないからです。

キャリア構築は自分の理想とする姿を定めて、そこに向けてどのような経験を積めばよいかを考えます。

そこに途中で横道へ逸れたり、まるっきり違う道へ方向転換するとなると、時間が足らない恐れがあります。

そのため、『揺るがない軸』を持って進むことが必要となります。

選択肢は豊富

「30代は20代ほど選択肢がない」と思われがちですが、そんなことは全くありません。

職種や環境などにもよりますが、主に以下の選択肢が存在します。

・今の会社に残る
・同業他社へ転職する
・異業種へ転職する
・独立しフリーランスとして活動する
・事業を立ち上げる(起業する)
・パラレルキャリアで幅広く活動する

今の会社に残る

現状維持は良くないこととされる風潮もありますが、考え抜いた上での結論であれば全く問題ありません。

この選択の良い点は、行動を起こすためのエネルギーが必要ないこと。

ただし、その会社の中で今のポジションのままいるのか、それとも管理職への昇進や別部署への異動をしたいのかといった、『社内でどう在るか』は、しっかり考えておかなければなりません。

会社によっては程度の年次を重ねると、『会社としてはこんな立場になってほしい』と打診されるケースもあります。

そんな時につい流されて後悔しないように、事前に自分の中で決めておくと良いでしょう。

同業他社へ転職する

今の会社の給料などの待遇に不安・不満があるのなら、同業他社への転職をするのもアリです。

ただし、待遇が良くないのはその会社固有の問題なのか、それとも業界自体の問題なのかは、しっかり確認しておくべきです。

後者の場合、転職しても良くなるどころか、かえって以前より悪くなる可能性だって考えられます。

また、今の自分のスキル的にどれくらいの待遇が妥当なのか、市場調査もしてみましょう。

↓↓↓自分の市場価値を計測してみる↓↓↓

市場価値診断なら、ミイダス!

異業種へ転職する

30代での未経験の業種への転職は、特に慎重にすべきことです。

上司は年下になる場合がほとんどですし、30代でイチから新しいことを学び身に付けていくのは、かなりの努力が必要となるためです。

20代はポテンシャル(潜在力や成長可能性)を感じてもらえれば採用されることもありますが、30代だと今持っているもの(その会社で活かせる・応用できる能力)を重視される傾向にあるため、アピールするポイントも異なります。

もし転職するのであれば、事前の様々な準備(業界研究・市場リサーチなど)は欠かせません。

独立しフリーランスとして活動する

自分の持つスキルである程度やっていけそうであれば。会社から独立するのも手段の1つです。

フリーランスは会社のような就業時間の縛りも、通勤の必要性もありません。

自分がやれる時に仕事をして、休みたい時に休むことができます。

ただし、だからこそ自分でスケジュールを管理し、制御する力が問われます。

フリーランスになったものの、そこが上手くできず失敗したという人も少なくありません。

また、フリーランスになってからどれくらい仕事を手に入れてやっていけるか、ある程度の算段も必要です。

事業を立ち上げる(起業する)

自分がやりたいことを仕事にするのであれば、起業は有効な手段です。

自分が経営者(責任者)となって、事業の方針や規則など、全て決めていくことになります。

まさしく自分の城が作れるわけですが、だからこそ全ての責任は自分に降りかかります。

また、事業計画や見通しも立てておかないと、あっという間に撤退・・・ということにもなりかねません。

もちろん準備に時間をかけすぎてもいけませんが、見切り発車が過ぎると思わぬ痛い目に遭うので、注意が必要です。

パラレルキャリアで幅広く活動する

パラレルキャリアとは、収入を得るための本業と並行して、他の仕事(ボランティアなども含むJ)を掛け持ちし、より良いキャリアを築いていくことを指します。

1つの仕事に囚われず、様々な方法で自分だけのキャリアを形成していくことで、他に代わりの効かない人材になることが可能です。

これからの時代のニーズに沿った働き方の1つとして、年々注目が集まっています。

複数の仕事をすることになるので、時間の確保や集中力の維持など、クリアすべきことも幾つかあります。

どれも中途半端になってしまっては本末転倒なので、これも自己管理が問われるものになります。

********************

どれが正解ということはなく、自分が人生で成し遂げたいことを実現するために、どの選択が最適かで決定します。

当然それぞれにメリットとデメリットがあり、この決定が今後を大きく左右するため、入念に検討するべきです。

『後先考えずにやりたいこと』はあるか

そんな中で30代でキャリア構築に悩む方に多いのが、「何もやりたいことがない・やりたいことが分からない」というパターン。

今やっている仕事も嫌いなわけではないけれど、別に楽しいわけでもない・・・と悶々としながら日々を過ごしているケースは珍しくありません。

キャリア構築においてやりたいことを見つけるのは何より重要なので、まずはここをおさえておく必要があります。

やりたいことが何か考える上でのポイントは、無意識にかけているフィルターを外すこと。

具体的には、「収入・世間からの評価・将来性」などを一切考慮せず、後先考えない状態にした時にやりたいことが何かあるかを考えてみましょう。

例えば「絵を描くのが好き」とか、「走るのが好き」など、何でも構いません。

とにかく自分が単純にやりたいと思っている、やるのが好きということを挙げていってください。

やりたいことがないという方は、無意識に『それが仕事として成り立つか』というフィルターをかけた状態で考え始めることが多いため、これを無くして素直な自分にした時に、何が思い浮かぶかを確認してみるのが有効です。

徹底した自己分析・自己洞察

上記を意識してやりたいことが見つかれば、それを仕事として昇華させることが可能か、もしくはそれに近しい仕事があるかなどを探し考えることとなります。

しかし、それでもなおやりたいことが見つからない、という方も少なくないと思います。

その場合、やるべきことは徹底的な自己分析です。

自分とはどんな人間で、どんなことを求めているのかなど、自分のことを理解しているつもりでも実はできていないという方は非常に多いです。

これを行うことで、自分の価値観や性質などを把握でき、やりたいことが何なのかを探す取っ掛かりとなります。

自己分析には様々な手法がありますが、30代ともなるとこれまで積んできたものもそれなりにあるので、1人で行うのは大変な作業です。

そこでおすすめなのは、キャリア支援サービスを活用して、自己分析を手伝ってもらうことです。

『キャリアアップコーチング』では、コーチングを通して自己分析を深めるためのサポートを行っています。

これで自己分析ができれば、そこから自分のやりたいことや重視していることも分かってきて、キャリア構築の第一歩が歩めます。

↓↓↓コーチングを受けて自己分析を行う↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

人生好きに生きたもん勝ち

よく「人生1度切り。好きなことして生きよう!」と言われますが。まさにその通りです。

どんなに偉くなろうがお金を稼ごうが、人生はいつか終わりを迎えます。

その時に、「後悔のない楽しい人生だったな」と思えるかどうかは、それまでの生き方にかかっています。

それならば、自分が好きなことを好きなようにやって、楽しく過ごすべきです。

「そんな生き方できるのはごく一部の人だけだ」と言う人がいますが、その人は諦めてしまっていて、そうしようと努力している人を見ると悔しいだけです。

そんな言葉に惑わされず、自分の理想とするキャリアを構築し、理想に向かって進んでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました