「現状維持でいい」は危険!その理由と対策

お金・副業・キャリア

今の仕事に満足もしていないけど、大きな不満も感じていない。

この記事を読んでくださっているあなたも、そんな1人ではないでしょうか。

人間は変化を嫌う生き物なので、多少不安や不満があっても、問題なく生きられているならいいか・・・となりがちです。

しかし、この『現状維持』は、多くの危険を孕んでいるのです。

夢も目標もない人が増えている

現状維持を望む人は、夢も目標もない人です。

筆者がこれまでに出会ってきた現状維持を望む人々は、100%このタイプでした。

夢も目標もないと、向上心がありません。

だからモチベーションもなく、やる気もありません。

それも悪いことではありませんが、将来を考えた時、その生き方は危険なのです。

現状維持が危険な5つの理由

では、現状維持は具体的に何が危険なのか。それは主に以下の理由に起因します。

今が永遠に続くことは有り得ない

現状維持は、今のまま何も変わらないことを前提にしています。

しかし今の時代、それがほぼ不可能であることは明白です。

最近で言えば新型コロナウィルスの世界的流行で、価値観は大きく変わりました。

そしてこの先も、いつ何が起こるかは全く分かりません。

もしかしたらあなたが勤めている会社も、明日には倒産するかもしれないのです。

こんな中でずっと現状維持をするなんて、誰にもできません。

今以上の成長ができない

現状維持は、自分の人生の歩みをそこで止めていることになります。

つまり、今の自分を成長させる要素がないということです。

それだけならまだしも、いつまでもそのままでいると、年齢とともに能力が退化していくリスクを抱えています。

人間は何もしなければ、現状維持さえ難しくなってくる生き物です。

だからこそ、少しずつでも成長できるようにインプット等をしていく必要があります。

時代に取り残される

これからの時代、変化できない人間は淘汰されていきます。

昭和時代に当たり前だった文化は、今や異常とされているものが多いことからも、それは分かるのではないでしょうか。

筆者の知り合いに60代の男性がいます。

彼はこれまでずっとガラケーを愛用しており、「スマホには変えない」と頑なでした。

しかし、ガラケーのサービスが終了することが決定した際、渋々スマホに買い替えをしました。

このように、自分がどれだけ変化を望まずそのままでいようと抗っても、時代の波には勝てません。

現状維持を望み変化したくないと頑なになっても、時代に取り残されるだけなのです。

搾取されやすい

現状維持をしていると、新しい情報を取り入れるスペースがありません。

それは新しいビジネススタイルや制度にも鈍感になることを意味します。

世の中は常に搾取することのできる人間を探しており、現状維持を望む人間は。格好の標的です。

現に、ブラック企業に勤め安月給で飼い殺されている人も、他に行くところもないと現状維持をしたまま、搾取され続けています。

これは極端だとしても、悪い状況に置かれているにも関わらず現状維持を選択してしまうと、いつまでも搾取されたままとなるのです。

他の場所では通用しなくなる

現状維持は、今いる場所に留まり続けることになります。

それが永遠に続くのであれば問題ありませんが、既に申し上げた通り不可能です。

今の場所では大丈夫でも、他の場所に行った時に持っているスキルがそのまま利用できるわけではありません。

現状維持を貫こうとするほど、手遅れになる可能性が高くなるのです。

危険から身を守るための4つの対策

現状維持による危険を回避するためには、以下の対策を取る必要があります。

資格を取得する

資格は、自分のスキルを示すために最も分かりやすい方法です。

形のあるものなので、客観的な評価がしやすいのです。

どれだけ自己アピールをしても、それを証明するものがなければ説得力はありません。

資格の価値が薄らいでいると言われることがありますが、未だに力強い武器のままです。

ぜひ取得を目指し勉強してほしいです。

会社の仕事以外でスキルを身に付ける

今や時代はどれだけ多様なスキルをもっているかが問われています。

大企業で定年退職まで勤め上げる時代ならともかく、転職が当たり前となった流動性が高い現代では、会社員の仕事で得られるスキルだけでは弱いです。

そのため、それ以外で1つでも多くのスキルを身に付け、どこでも戦力となる存在になる必要があります。

キャリアプランを構築する

現状維持をしようとする人の最大の弱点は、急な外部環境の変化に対応できないことです。

「今がいいならそれでいい」な精神なので、自分のじくとなるものが何もないのです。

しかしそれは、何らかの理由で仕事が無くなってしまった時に、これからどうするかが何も浮かびません。

キャリアプランがあれば、外部環境が変わっても目指す方向が定まっているので。何をすればいいかがすぐに決められます。

会社以外の人脈を作っておく

人脈は大切です。

他人の価値観に触れることで得られる刺激は、触れた分だけあります。

今はSNSで趣味友を作ることも、ビジネス仲間を作ることも簡単にできる時代。

会社の仁見役は仕事を辞めたら切れてしまうことが多いですが、SNSでできた人脈はそんなこともありません。

ぜひ今のうちに、少しでも多くの人脈を作ることをおすすめします。

周囲の『愚か者』に流されるな

現状維持で満足している人は、ハッキリ言って愚かです。

もちろん自分が幸せであれば構いませんし、他人がとやかく言うことではありません。

しかし、今より良い環境に行ける可能性があるのに、何もせずにいるのは、時間音無駄遣いです。

そして、そんな生活はそう長く続けられません。

周囲にそういう人が多いと、つい流されそうになりますが、それは思考停止に繋がります。

何が起こるか分からない未来に備えて、努力を怠らないようにしましょう。

自分の身は自分で守らなければならない時代

何かあると、国が悪いとか会社が悪いとか、誰かのせいにする人が世の中には溢れています。

しかし今の時代、何があっても最後まで自分を守ることができるのは、自分だけです。

「そんなのは強者のセリフだ」と言う人もいますが、現実として強者になれなければ自分が苦しむだけです。

今や他力本願で何とかなる時代ではありません。

自分の身は自分で守れるようにするためにも、現状維持から少しでも早く脱出することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました