30代で「人生このままでいいのか」と悩んだ男性が取るべき4つの行動

お金・副業・キャリア

30代は、仕事でも私生活でも、今後について考える場面が多くなります。

20代のようにただ何となくやっていればいい時期ではなく、40代のように落ち着くにはまだ早い・・・

まさに微妙な年代であり、「このままでいいのか」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな悩みを抱える30代の男性に、これを解決するために取るべき行動を説明します。

30代になると不安や悩みが訪れる理由

そもそも、なぜ30代を迎えると「このままでいいのか」という不安や悩みが訪れるのか。

そこには、『世間のイメージ』『周囲の人達の変化』に原因があります。

30代は、世間から「しっかりしている」とか、「成熟しており頼れる」などという認識をされがちです。

実際にはまだまだな点ばかりでも、そういったプレッシャーが社会的な場ではかかることに。

すると自分の実力は、世間の求めるところまで届いていないのではないか?と不安になってきます。

また、周囲では結婚し子どもが生まれ、家庭を持つ人間が次々に増えていきます。

そんな幸せそうな姿と比べ、自分には相手もおらず、1人家で寂しく食事を取る毎日…

こうして、30代は自分が変わらなくても周囲が変化していくので、それに焦りを覚えやすいのです。

抱いている不安を明確にする

この問題を解決するには、まず今の自分が具体的に何に不安を感じているのかを分析する必要があります。

ここが明確でないと、どう行動するべきかも見えてきません。

人によって不安の原因は異なりますが、主に以下のことが挙げられるでしょう。

年収が低い

収入が少ないと、日々お金のことを考え生活していくことになります。

今後年齢を重ねていけば今よりお金が必要になることも考えられますし、病気にかかったりしたらどうしよう…と不安にもなります。

雇用形態が不安定

正社員でさえ何があるか分からない時代。

派遣社員や契約社員などの非正規雇用であれば、その不安はさらに増すでしょう。

特に30代となると、今から正規雇用になれるのか…という心配もあります。

仕事ばかりの毎日を過ごしている

日々仕事に追われていると、それ以外のわずかな時間は何をするでもなく過ごしてしまいがちです。

そんな仕事だけの中では、これからどこに向かって頑張ればいいのか分からず、不安になってしまうことがあります。

パートナーがいない

人生において、日々を共に過ごしてくれるパートナーの存在は大切です。

友人や知人とは違い、深い部分のことでも晒け出せて、癒しとなる人は必要なものです。

30代になると、そういった存在がいることの良さに気付き、それがない自分に不安になってきます。

友達がいない

周囲が結婚などしていくと、かつて一緒に遊んだ仲間も誘いづらくなります。

すると段々と疎遠になっていき、休日も1人ぼっちとなり、世の中に置いていかれている気分になります。

夢や目標がない

人間に夢や目標は必要です。

これがあるとないとでは、日々の仕事へのモチベーションやパフォーマンスは大きく違うからです。

何もないと、毎日が何となくで終わっていき、変わり映えしない自分は大丈夫なのかと不安になります。

不安を解消するための4つの行動

ここまでに挙げた不安を解消するためには、自発的かつ積極的な行動が必要です。

どれも難しいことではなく、本気になれば今日から取り組めるものです。

キャリア形成をする(キャリアプランを立てる)

30代ともなれば、明確なキャリアプランを組み立てるべきです。

キャリアとは、主に仕事における経験を指します。

自分が何を目指し、そこに向かっていつどれくらい、どのような経験を積んでいくかという計画がキャリアプランとなります。

いわば人生における地図のようなもので、これがあれば、自分が今後何をしていけばいいかがハッキリします。

キャリア形成は、一流の社会人であればほとんどが考えているものです。

副業を始める

現在の仕事とは別に、株式投資やアフィリエイトなど、副業に取り組みます。

収入が得られるのはもちろん、『個人の力で稼ぐ』という大切さに気付き、そのスキルを獲得することでキャリアアップも可能です。

最初は低リスクになるよう小さく始め、無理しない範囲で続けましょう。

そのうち本業を超える収入に繋がったり、個人や企業から思わぬオファーを受けることもあります。

起業・フリーランスなどの働き方を視野に入れる

今や働き方は、会社勤めだけが正解ではありません。

自分で事業を興してもいいですし、フリーで仕事を請け負って、スケジュールの調整など全て自己管理しても生活できる時代です。

今会社勤めしている人の中にも、そうした働き方のほうが向いている可能性は十分考えられます。

自分の視野を広げるという意味でも、1度チャンレンジしてみる価値はあるものです。

資格を取得する

「資格より実務経験を重視」という昨今ですが、未だ資格の有効性は健在です。

資格は客観的な評価であり、その人間の実力をある程度保証するもの。

親密な間柄ならまだしも、そうでない場合は即座に実力を測るのは難しいので、その判断を補ってくれるのが資格だからです。

もちろん簡単に取得できてしまう(講習を受けるだけでOKなど)ものにあまり意味はありませんが、試験に合格する必要があるものは、それなりの価値があるものです。

取得の過程で身に付けた知識や経験は、キャリアプラン次第で活かす道もあるので、上手く連携して考えてみるのもアリでしょう。

まだまだ逆転もやり直しも可能

30代となると、「もう若くないしな・・・」と、無難で消極的な選択をすることが多くなります。

それも間違いではありませんが、その姿勢のために本来したいことをしないままで諦めるのは、非常に勿体ないことです。

確かに20代よりリスクマネジメントは必要ですが、まだまだチャレンジだって可能なのが30代。

下手に達観してしまうのではなく、自分の素直な気持ちに従って、後悔なくやっていきましょう。

たとえ失敗したって、逆転もやり直しもいくらでも効きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました