【キャリアカウンセラーが解説】30代でキャリアがない男性はどうするべきか?

お金・副業・キャリア

30代というと、一般的には仕事でもプライベートでも、様々な転機が訪れる年齢です。

仕事であれば昇進、プライベートであれば結婚など、今後の人生に大きな影響を与えるものですよね。

しかし、30代でもアピールできるような学歴や職歴がない、いわゆる『キャリアがない』という男性も多くいます。

そんな状態だと、自分を受け入れてくれる会社があるのか、この先どうすればいいのか等、悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、キャリアがない30代男性がこれから何をすべきか、キャリアカウンセラーの資格を持つ筆者が解説します。

今悩んでいる方々の役に少しでも立てたら幸いです。

自分の経験を振り返る

まず最初にすべきことは、自分がこれまでどのような経験を積んできたのか、改めて振り返ることです。

「キャリアがない」とは言うものの、果たして本当にそうなのか、深掘りしてみましょう。

キャリアというものを大仰に捉えている方が多いのですが、突き詰めれば『自分が経験してきた全てのこと』がキャリアです。

アルバイトであろうが派遣であろうが、お金をもらってやっていたのであれば、それは立派な仕事であり、自身のキャリアの1つです。

また、仕事に関わらず、趣味などプライベートでやっていることもキャリアの1つ。

30代で本当の意味でキャリアがない人はいません。また、1人として全く同じキャリアを歩み、持っている人もいません。

難しく考えず自分がこれまでしてきたことを紙に書き出してみましょう。

どれだけ短期間しかやっていなくても、小さなスキルだとしても、とりあえず全て出してみるのがポイントです。

書いている中で、実は貴重な経験というものが1つは出てきます。

『キャリアがない』原因を探る

30代でキャリアがないと言うのは、「仕事がどれも長続きしなかった」とか「バイトや派遣などを転々としてきた」といった場合が多い傾向にあります。

ここで必ず行うべきなのは、『なぜそうなったのか』という原因を探ること。

仕事がどれも長続きしなかったのであれば、これまでの仕事をどういう理由で辞めたのか。

職を転々としてきたのであれば、どういった経緯でそうなったのか。

その結果に至った原因から、自分でも気付いていなかった自分の性格や気質、価値観が見えてきます。

ここを把握しておかないと、今後どんな仕事・職場に行っても同じことを繰り返す可能性があるため、しっかり分析する必要があります。

何を期待されているのか理解しておく

その人が実際にどうであれ、世間には各年代に対するイメージが存在します。

今の20代に対して、おじさんが「これだからゆとりは・・・」などというのは、まさにこれですね。

30代は、

・社会人としてそれなりの経験を積んでいる
・社会常識と分別が身に付いている
・即戦力として期待できる

と思われてていることが多く、期待値が高めになっていることも多くあります。

そしてこの期待値を下回った働きしかできないと、ガッカリされて評価が下がりがちに。

もちろん会社がどんな期待をしているのかはそれぞれ異なりますが、求人情報や会社の状況などから、あらかじめその点を読みとる力は持っておきたいところです。

それがミスマッチを防ぎ、自分が活き活きと自信をもって活躍できるかを決める、大きなポイントとなるのです。

客観的に見た自分を評価する

自分に対する評価が高くても低くても、それはあくまで主観的なものです。

客観的に見た自分とは、評価が異なる点も多いのは珍しいことではありません。

そして今後の自分に合ったキャリアを積んでいくために必要となるのは、客観的に見た自分の現状の能力を捉えておくこと。

ベストは周囲の友人や同僚に、自分がどんな人間だと思うかを直接聴いてみることです。

もしそういったことを気軽に聴けるような人が」近くにいないなら、『ミイダス』でデータとして抽出してもらいましょう。良い参考の1つになります。

↓↓↓公式サイトこちら(登録無料)↓↓↓

市場価値診断なら、ミイダス!

30代はどんなキャリア構築も可能

30代でキャリアがないと思っている人は、自己肯定感が低く今後の自分を諦めがちです。

しかし、今からでもキャリアを構築し、自分らしく生きていくことは決して遅くありません。

むしろ、それなりに人生経験を積んできた30代だからこそ、自分を過信せず冷静に見つめられるはず。

ここまでに挙げた項目をおさえて、ここからどうしていくか(どうしていきたいのか)、じっくりと考えてみるべきです。

自分の可能性に蓋をせず、1つ1つ紐解いていけば、必ず活路は見出せます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました