適職が分からない30代が適職を見つけるまでに踏むべき4つのステップ

お金・副業・キャリア

「30代にもなって自分の適職が分からない・・・」

このように悩んでいる方は、少なくないと思います。

社会人になってから自分なりに頑張ってきたものの、挫折することもあったでしょうし、諦めたこともあるでしょう。

それでもやっぱり、自分がやりがいを感じられる仕事に就きたいと考えるのは、何もおかしいことではありません。

この記事では、そんな悩みを抱えている方へ、適職を見つけるために必要なステップを解説します。

自分にとっての適職は必ずある

まず最初にお伝えしたいのは、この世の中にはあなたに合う適職が必ずあるということです。

『適職』というと大仰に聞こえますが、要は自分が「この仕事は合っている」などと感じられれば、それが適職なのです。

仮に現存する仕事の中で見つからなくても、今の時代なら自分で仕事を作ってしまうことだって出来ます。

そこに20代とか30代という年齢は関係ありません。これだけ広い世界で、自分に合う仕事が1つも無いなんてことはないのです。

説教・上から目線のアドバイスは聞かなくていい

30代で自分の適職を探していると、周囲から様々なことを言われます。

「その年齢で適職だのなんだの言うのは甘えだし現実的ではない」

「今更何かを始めるのは遅い」

「今の仕事が合わないなら合うようにすべき」

「適職だなんて自覚してる人の方が稀」

「世の中そんなに甘くない」

しかしこうした意見をまともに聞く必要はありません。

30代で適職を探してはいけないなんてルールはありませんし、誰に迷惑をかけるわけでもないのです。

そんな言葉を投げてくる人達は、自分が充実した人生を送れていないのに、あなたがそれを実現せんと動いていることが気に食わないだけです。

人間は自分が出来なかったこと(諦めたこと)をやろうとしている人を見ると、「あいつだけ良い思いをしようとするのは許せない」と考えるもの。

彼等はあなたが成功するのを何とか邪魔したくて仕方ないだけです。

そんな連中に気を取られるだけ時間の無駄なので、全て無視しましょう。

見つけるためには努力と根気が必要

適職を見つけるにあたってあらかじめ覚悟しておいてほしいのは、見つけるまでには相応の努力と根気が必要ということです。

人生の大きな部分を占める仕事に関することなので、1~2日で簡単に見つかるものではありません。

じっくりと自分に向き合い、これまでとこれからを考えていくことになります。

30代ともなると振り返る事項が多く、時間がかかるのは仕方ありません。

焦らず根気強く、取り組んでいきましょう。

適職を見つけるまでのステップ

上記を踏まえた上で、いよいよ適職を見つけるまでのステップについて触れていきます。

とは言っても、決して難しいことではありません。

やることは以下の4つです。

⓵自己分析
②キャリアプランの設計
③プランに基づいた仕事に就くための転職活動
④転職・就業開始~

この中で最も時間を掛けて考えるべきなのは、⓵と②です。

ここが自分の軸となるので、曖昧だったりいい加減だと、③が上手くいかず進めなくなります。

逆に言えばここさえしっかりしていれば、自信を持って③を行って適職を見つけられるでしょう。

自己分析ではこれまでのキャリアの棚卸しを行い、強みや弱みなどパーソナルな部分を明確にしていくこととなります。

それに沿って自分の将来の理想像を描き、実現に向けて行動するための計画が、キャリアプランです。

口で言うのは簡単ですが、先程申し上げた通りこれらの作業には根気が必要です。

自力での作業が難しいと思う場合は、『キャリアアップコーチング』を利用するのが良いと思います。

専門のプロが転職支援サービスを提供しており、自己分析やキャリアプランの設計などのサポートをしてくれます。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

失敗を恐れない

「これが適職だ!」と思い実際に仕事に就いたものの、やってみたら何かしっくりこない・・・ということは珍しくありません。

どれだけ事前に分析・調査をしても、自分の手で取り組んでみると想像してたのと違うケースはあります。

ただ、それもやってみて初めて分かることであり、無駄な経験とはなりません。

30代になると失敗をしたくないという気持ちが強くなり、なかなか行動に移せないことがありますが、失敗してこそ身をもって学べることがたくさんあります。

30代だろうと、失敗を恐れずどんどんチャレンジしていくことが、適職を見つける近道でもあるのです。

30代だって理想を追いかけていい

年齢的に理想を追いかけていいのか迷うことは、誰にだってあると思います。

そんなこと言ってないで、安定した仕事に就いて、そこそこの人生を送れればいいのではないかと。

しかし、『そこそこの人生』の指すところは、日々不満を我慢しながら働き、余暇で趣味などを楽しむ・・・というような生活です。

「仕事は辛くても仕方ない」とか「仕事に楽しさを求めるな」など、仕事について期待も希望も持っていない人がたくさんいます。

それも1つの生き方ではありますが、もしまだ諦めたくないことがあるなら、躊躇せず追いかけましょう。

やらないままで終わったら、いつかきっと後悔する日が訪れます。

たとえ周囲から何を言われたって、自分の人生を自分のやりたいようにやって悪いことはありません。

ぜひ堂々と、理想を追いかけていただけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました