30代男性が未経験職種へ転職する際に注意すべき5つのこと

お金・副業・キャリア

もう30代だけど、チャレンジしてみたい仕事がある。未経験の職種だけど大丈夫かな・・・

こんな悩みを解決します。

30代から未経験職種へ飛び込むのは、なかなか勇気が要ることです。

年齢的にも、後先考えずにがむしゃらになれるポジションではありませんし、失敗した際のリスクも想像してしまうでしょう。

特に男性の場合、そろそろ身を固めたいと思っており、慎重にならざるを得ないこともあると思います。

この記事では、そんな30代の男性が未経験職種へ転職する際に注意すべき点を5つ、詳しく解説します。

30代からでも未経験職種へのチャレンジは可能

結論から入りますが、30代であろうともチャレンジしたい職種があるのなら、迷わずやりましょう。

やりたいことが分からない人がたくさんいる世の中で、「これをやってみたい!」と思えるものが見つかったことは、とてもラッキーです。

未経験職種へ転職するのはかなりのエネルギーを使いますが、今やらなければこの先どこかで必ず後悔します。

万が一失敗したとしても、やらなければそれが失敗かどうかさえ分からず、悶々とした日々を過ごす羽目になります。

今の年齢でチャレンジしたいものがあることに自信を持ってください。

20代でのチャレンジとは性質が異なることを理解しておく

ただし1つ認識しておくべきことがあります。

それは、30代でのチャレンジは20代の時とは若干性質が異なるということです。

20代では多少の粗さや配慮の足りなさも伸びしろとして大目に見てもらえたり、ポテンシャルに期待されている部分がありました。

これが30代になると、それなりの修羅場の経験をしてきていると思われて、それなりの仕事のクオリティを求められます。

つまり失敗に対する寛容さや、先輩や上司からの指導のレベルが、20代とは変わるのです。

この辺りを理解しておかないと、自分の理想と現実とのギャップに無力感を抱き、心が折れてしまう可能性があります。

30代での未経験職種へのチャレンジには、20代とは違うそれなりの覚悟が必要ということを、忘れてはなりません。

30代での未経験職種へ転職する際の注意点

では、そんな30代で未経験職種へ転職した際に、注意すべき点は何か。

主に以下の5つはついついハマりがちなので、しっかりおさえておく必要があります。

反発・反論はしない

30代でそれなりの経験があると、先輩や上司からの言葉に対して、「それは違うんじゃないか?」と思うことがあります。

先輩や上司も人間で必ず正しいということはなく、その時の機嫌などから発言に疑問や不満を感じることもあるでしょう。

しかし、それをその場で指摘するのはナンセンスです。

先輩や上司にとって、新人から自分の発言に反発・反論されるのは、メンツを傷つけられると感じる行為。

人間はメンツを大切にする生き物なので、公衆の面前でそれをしてしまうと、余計な怒りを買うことになります。

また、「可愛げがない」と思われ、今後何かあっても助けてくれなくなる可能性がも出てきます。

「仕事なのにそんなことあっていいのか」と思うかもしれませんが、人間は思っている以上に感情で動くので、気に食わなければやらないことは普通にあります。

もし反発・反論する要素があっても、その場で一旦飲み込み、後でさらに上の立場の人に相談するようにしましょう。

努力を怠らない

30代になると、自分で努力しようという気持ちが、多かれ少なかれ薄れていく人がいます。

「自分にはもうそれなりの知識・経験があるから大丈夫」と思い、高を括ってしまうのです。

しかしたとえ何歳になろうとも、自分から学ぶ姿勢を持ち続けないと、そこでスキルは高止まりとなります。

ただでさえ未経験職種というある意味でハンデを背負っているのに、何もしなければ成長する余地がありません。

どんなことも上手くいく人は、見えないところで必ず努力しているものです。

年上・年下関係なく分け隔てなく接する

30代の男性によくあるのが、先輩・上司でも自分より年下だと、ついつい大きな態度を取ってしまうこと。

年功序列を未だに無意識に抱えている人は、実は意外と多いのです。

しかし、今の若い世代にとって、その考え方ほどうざったいものはありません。

むしろ年齢でしか人を判断できないのかと、悪い印象を与えるだけです。

本当に器が大きく柔軟性に富む人は、年齢関係なく先輩・上司に対して気を遣えます。

何でも経験則でカバーしようとしない

30代になると、根拠がないことでも自分の経験則から判断し、やってしまうことがあります。

こうした行動は、取り返しのつかない失敗に繋がり得る行為であり、絶対にやってはいけません。

特に未経験職種では、これまでの自分の常識が通用しないことは多々あるので、注意が必要です。

経験則というのは、自分だけの感覚値のものであり、何1つ確たるものではありません。

これに頼ると高確率で間違った方向にいくので、曖昧な点や自信のない点は必ず確認しましょう。

自分が『新人』という自覚を持つ

30代と言えども、未経験職種で転職すれば、その会社では新人です。

年齢がある程度いっていると、その自覚を持たず、自分の言い分ばかり主張するケースが散見されます。

このような行動は、会社内で即座に浮き、味方してくれる人がいない事態に繋がります。

先程解説したように、新人には『可愛げ』が必要で、これがあれば年齢関係なく何かあった時にフォローしてもらえます。

会社で働く以上、自分1人でできることには限界があり、新人であれば尚更困った事態に直面します。

だからこそこの自覚を常に持ち、振る舞いには気を付けなければなりません。

計画性を持ってキャリアを積み重ねよう

未経験職種へのチャレンジは、緊張と不安が大きく、戸惑うことも多いです。

年齢的に失敗するとダメージが大きいことから、ネガティブな思考に陥ることもあるかもしれません。

そうしたリスクを回避する1つの手段として、計画性のあるキャリアプランを事前に練っておくことをおすすめします。

目の前の未経験職種へのチャレンジという行動から、1年後・3年後・5年後・・・などと、将来どのようになっていきたいかを考えておくと、壁にぶつかった時に方向性を見失いモチベーションが低下することを防げる可能性が高まります。

自分にとって今していることは、どんな意味があるのか。その先にあるものは何なのか。

こうしたことは、普段の生活の中でなかなか考える機会がないことです。

今のうちに計画性のあるキャリアプランを持っておいて、将来に向けた『良いキャリア』を積み重ねましょう。

キャリアプランの設計について、自分1人ではなかなか難しいという方は、第三者に相談するのも有効です。

『キャリアアップコーチング』では、転職支援サービスとしてそのような方の相談に乗ってサポートしてくれるので、上手に利用すると良いでしょう。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました