失敗が怖くて挑戦できない人が知っておくべき5つのこと

お金・副業・キャリア

失敗するのが怖くて何もできない・・・

人生において、避けて通れないのが失敗です。

特に仕事では、挑戦しなければならない場面も多く、そのたびに「失敗したらどうしよう」と悩む方も多いのではないでしょうか。

これが深刻化すると、失敗したくないが故に挑戦することを諦めてしまうこともありがちです。

この記事ではそんな方に、失敗について知っておくべきことを解説します。

ぜひ失敗への捉え方が、少しでも良い方向に変われば幸いです。

失敗しない人などいない

人間にとって、失敗はつきものです。

どれだけ準備して気を付けていても、完璧に成功させることができるのはごく稀なこと。

大抵はどこかの部分で失敗しているものです。

もちろん100%の成功は理想ではありますが、実は失敗といってもそう思っているのは自分だけというケースは往々にしてあります。

周囲は全く気付いていなかったり、大きな影響を及ぼすわけでないものは、失敗と言わなくてよいことも。

失敗を怖がるあまり神経質になるよりも、大きく構えておいた方が、何かあっても柔軟に対応できます。

大切なのは失敗しないことではなく、失敗があった際にどうするかです。

失敗から学べることがたくさんある

失敗によって発生する被害はありますが、ここから学べることは成功した時以上にあるもの。

この教訓を活かし次に繋げることができれば、それはとても意味のあることです。

成功しかしていなかったとしたら、失敗した人の気持ちは分かりませんし、その時にどういう感情になるのかも分からないでしょう。

失敗することで気付けること、改めて痛感することはたくさんあるので、挑戦し失敗していくことも大切なのです。

失敗は『自分が否定される』というわけではない

失敗を怖がる理由の1つに、自分が否定された気分になるという方がいます。

せっかく自分がやったのに、上手くいかないと自分がいけないような錯覚に陥りますよね。

しかし失敗をしたからといって、それで自分がダメだとか使えないなどということはありません。

確かに失敗した理由が自分の勘違いや確認不足などの場合はしっかり反省すべきですが、そうではなく外部的な問題の場合もあります。

失敗と自分に対する否定は、決してイコールとはならないのです。

どうしても怖いなら逃げてもいい

失敗するのがどうしても怖くて仕方ない時は、無理して挑戦せず逃げても構いません。

ネガティブな気持ちが強いままやっても、良い結果とはまずならないからです。

ただ、人生の中で立ち向かわなければならない場面は、1度は必ず訪れます。

重要なのは、そうして立ち向かうべき時と、逃げてもいい時の判断を間違わないことです。

逃げるということに否定的な人が多いですが、必ずしも悪いことではありません。

目的や目標を作っておく

失敗することに対して恐怖心を持っている方に有効なのは、目的や目標を作っておくことです。

例えば、挑戦しなければ達成できないことがあれば、たとえ失敗が怖くてもやるしかありませんよね。

自分を追い込むわけではなく、勇気を出して前へ進むために、目的や目標がある方が良いことがあるのです。

それだけでなく、これを持っておけば今後の自分の働き方、ひいては生き方の指針にもなります。

なので、ぜひこの機会に目的や目標を定めることをおすすめします。

自力でいきなりそれらを作ろうとしても何も思い浮かばない場合は、『キャリアアップコーチング』のサービスを利用するのも良いでしょう。

個々の目的や目標、働き方・生き方を一緒に探すサポートを提供しています。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

失敗は成長の糧

『失敗は成功のもと』という言葉がある通り、無駄はものではありません。

何より自分を成長させてくれる要素として、失敗ほど適しているものもないでしょう。

だから怖がらずにどんどん挑戦していくことが自分のためとなります。

失敗は恥かもしれませんが、挑戦しないことは後悔となります。

どちらに行っても異なる苦しさがあるなら、前者を選んで未来に繋げてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました