努力できないのが甘えとは言えないが得られるものは無いという話

お金・副業・キャリア

「成功するために何が必要か」と言われたら、多くの人は『才能』と同時に『努力』を挙げるのではないでしょうか。

事実、成功者と呼ばれる人達も、口を揃えて努力の必要性を説いています。

しかし、世の中には「努力ができない」という人がいます。

理由は様々ですが、それを甘えだと評価する人は少なくありません。

この記事では、そんな努力ができない人について、詳しく見ていきます。

努力できない人は存在する

多くの人が『努力できない人』を一括りにしがちですが、実は以下のように分かれています。

・努力が嫌い(面倒)な人
・努力が必要なのは分かっているけれど三日坊主で終わってしまう人
・努力しても無駄だと諦めている人
・環境の問題で努力したくてもできない人
・努力できない自分がダメだと思いながらもできない人

こうしてみると、それぞれ背景が異なることが分かると思います。

そのため、一概に努力できないのは甘えだとは言えません。

努力できる人には理解が難しいところですが、こういう人もいるのは間違いないのです。

報われない努力があるのは事実

努力が必ず報われるか否かは未だに論争が尽きません。

そもそも努力は目に見えないもので、その人がどれくらいやったのかという具体的な数量に変換できない以上、検証することは不可能です。

ただ、努力をしたけれど報われなかった人達がいるのは事実です。

どの業界でもみんな努力をしていますが、頭角を現すのは一握りですし、結果を出せる人は限られています。

努力と成功が結びつくとは限らないことは、多くの人が身をもって体感しているのではないでしょうか。

努力しなければ何も得られない

ここまで努力できない人もいることについてお話してきました。

しかし、そんな人には申し訳ないのですが、努力できないと得られるものがないのも紛れもない事実です。

どれだけ才能があっても、それだけで突き抜けることは非常に難しいこと。

やはり一定以上の努力で磨いていかなければ、自分の身になるものはありません。

そのため、努力することを諦めてしまえば、残念ながらこの先もずっとそのままでしょう。

天才と呼ばれる人達も、絶え間ない努力をして今があるのは、間違いありません。

努力しない人に世間は冷たい

今の世の中は何でも自己責任の風潮があります。

努力しないことに関しても、本人の甘えや怠惰からくる自己責任である、という声が大きいです。

上述の通り、努力できない人にも様々な理由がありますが、世の中はそんな理由には目を向けてくれません。

努力せず成功できないのは、自己責任だと括られて終わります。

世知辛いと感じるかもしれませんが、これが現実なのです。

なので、努力ができないけれど何とかしたいという人は、自分自身でこれを解決するしかありません。

努力しなければならない理由を作ろう

努力できない人に必要なのは、まず努力を始めてこれを継続するための強い覚悟です。

そして覚悟を決めるためには、『努力しなければならない理由』を持つことが欠かせません。

つまり仕事と同様に、やらなければならないという義務を課すのです。

もちろんこれは時に苦しくなりますし辛くもなります。

しかし、それくらいのことをしなければ、努力できない人は負のループから永遠に抜け出せないでしょう。

努力しなければならない理由が何かは人によりますが、絶対に叶えたいことを持つのがおすすめです。

そう言われてもすぐに浮かんでこない人が大半だと思いますが、ぜひじっくり考えてみてください。

どうしても浮かばないという場合は、コーチングで自分を深堀りしてみるのが効果的です。

『キャリアアップコーチング』では、そのサポートを行っています。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました