「休むと仕事がたまる」という状態は異常。今すぐ辞めよう。

お金・副業・キャリア

休みたい…でも休めば休むほど仕事が溜まっていく…

あなたは今、こんな状態に悩んでいませんか?

もしそうなら、そんな会社は今すぐ辞めるべきです。

仕事がたまるのはあなたの能力不足じゃない

やってもやっても仕事がたまっていく。

それは決してあなたの能力が足りなくて、そうなっているわけではありません。

休んだらそのぶん仕事がたまっていくということは、それを振ってきている存在がいるはずです。

上司や先輩、あるいは後輩かもしれませんね。

でもそれは異常なことです。

特に休んでいる人間に対して、急ぎの仕事を振っている場合は本当に異常です。

休み明けのあなたがそれを必死で完遂させなければならないのは、間違っているとしか言えません。

職場自体に問題あり

そのような状態を作り出している社員はもちろんですが、それが普通になっているとしたら、職場自体が大きな問題を抱えています。

そんな職場は、恐らく今までもそれをやってきており、今後も変わることはまず期待できません。

なので、限界が来て潰される前に、辞めた方が懸命です。

仮に身を削ってこなしたとしても、「ちゃんと回ってるし問題ないじゃないか」と捉えられて終わります。

現場を知らない連中は、回せているのはそのために犠牲になっている人がいるという実情を見ようとしません。

その状態が続けば心身は壊れる

どれだけ頑張っても終わらず、休みすらまともに取れなければ、その先に待っているのは心身の限界です。

使命感や義務感といったもので、モチベーションを長い期間支えるのは不可能です。

たとえどんなに好きなことでも、自分を顧みずやっていれば壊れるのは時間の問題でしょう。

限界を迎えてからでは手遅れなので、ハッキリとこれ以上は無理である主張をするべきです。

それができない環境は、明らかにおかしいと言わざるを得ません。

今すぐ辞めて安心して休める日を手に入れよう

休みは本来、仕事から離れ自分のために使っていい時間です。

それなのに仕事のことを考えなければならないのは、とてもバカらしいこと。

そうせざるを得ない職場なら、今すぐ辞めるべきです。

心から安心して休める日々を送れるようになると、自分が今までどれだけ無理をしていたか気付くでしょう。

仕事に安寧を脅かされる必要など、どこにもないのです。

これからのことは辞めてから考えればいい

「辞めたいけど、他に行くところもないし・・・」

そんな風に考えて、なかなか仕事を辞められない方は多いと思います。

このご時世、転職は厳しいのではないか、だったら今の職場で耐えるべきではないかと思う気持ちは分かります。

しかし、それこそ危険な兆候。

頑張れば頑張るほど仕事をより多く振られるだけで、問題が改善することはありませんし、負担が大きくなるだけです。

これからのことは、仕事を辞めた後にゆっくり考えればいいだけで、その間の生活費は派遣などで働けば十分成り立ちます。

まずは目の前の根本的な問題を解決することに、注力することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました