30代男性が未経験で転職するならコールセンターがおすすめな6つの理由

お金・副業・キャリア

30代ともなると、もう未経験の職種への転職はできない・・・

こんな風に考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、コールセンターに関しては30代からでも未経験で始めて、そこから様々なキャリアを積むことが可能となっています。

この記事では、30代の男性が未経験で転職するのにコールセンターがおすすめな理由を、詳しく解説していきます。

30代でも未経験での転職は可能

30代にとって、転職をする際に使うエネルギーは、かなり高いのは事実です。

20代ではとにかく興味を持ったものを片っ端からやってみる・・・ということも可能でしたが、30代ではそんな後先考えない行動は難しくなります。

特に未経験の職種については、やってみたくても採用されないだろうと思い、試験も受けず諦めてしまう場合もあるでしょう。

でも、いくつかの職種では、たとえ未経験だとしても転職が可能です。

むしろ、未経験の方が変な前知識がないため、有利に働くこともあります。

なので30代だからと諦める必要はないのです。

20代と比較すると厳しい面もある

その一方で、どうしても20代と比べて採用される可能性が低い職種もあります。

また、募集要項で「34歳以下」などと、上限を明記している求人も。

会社によっては30代に即戦力としての活躍を期待しており、未経験であれば若くて吸収力のある20代を欲しがります。

そのため、いかに経験が問われない(若しくは重要視されない)職種を狙うか、が非常に大切です。

20代の持つ武器と30代の持つ武器は違うことを自覚し、戦略と勝算を持って転職活動することが、確実な成功に繋がります。

30代男性が未経験で転職するならコールセンターがおすすめな理由

以上を踏まえた上で、30代が未経験で転職するならコールセンターである理由を、以下で詳しく解説します。

肉体的な負担がない

コールセンターの仕事は100%デスクワークです。

重いものを持つことも、走ることも、大声を出すこともありません。

いわゆる体育会系とは正反対の位置にあり、体力に自信がない人でもできます。

30代を過ぎると徐々に身体の衰えを感じてくる人もいるかもしれませんが、コールセンターならそれが仕事に支障をきたすことはありません。

肉体的な負担が少なければ、身体を壊して辞めざるを得ないというリスクも少ないため、長く続けられます。

給料が高め

コールセンターの仕事は、その業務内容から他の職種と比較して、給料が高めなことが多いです。

未経験者であってもそこそこの手取額になるため、お金を手っ取り早く稼ぎたい人が就職するケースも。

特にクレーム対応が多かったり、対応件数が多い場所はより高い傾向があります。

もちろん大変なこともたくさんありますが、残業がない(またはあっても月間5~10時間くらい)ことが基本なので、予定も立てやすいです。

未経験で転職しても、前職より給料が下がることがあまりない珍しい仕事ではないでしょうか。

柔軟な就業形態

コールセンターでは、正社員・契約社員・派遣社員・アルバイトと、多様な就業形態で働く人が混在しています。

基本的に運営を行うトップが正社員、その下にいる現場責任者が正社員もしくは契約社員、そして現場オペレーターが派遣社員もしくはアルバイト…ということが多いです。

責任がほとんどなく、ある程度自由に働きたい人は現場オペレーターのままでいますし、正社員を目指す人は出世するために頑張っています。

それぞれが自分の希望する働き方を選択しており、雇用形態によるマウント合戦もありません。

自分が働きたいように働けるのも、魅力の1つと言えるでしょう。

年齢が問われない

コールセンターでは、年齢が問われることがほとんどありません。

少なくとも30代であれば、ここがネックになることはないでしょう。

場所にもよりますが、基本的な採用方針として「とりあえずやらせてみて使えるならOK」という風潮があります。

コールセンターは募集人数を多く募るケースが多く、その中で生き残るのは僅かということがザラです。

どれだけ優秀そうでも合わない人はとことん合わないのがコールセンターの仕事なので、採用する側もそれを踏まえて表面上の年齢などはあまり厳しく見ていない傾向にあります。

なので30代にも十分なチャンスがあるのです。

自分次第で出世が可能

コールセンターのユニークな点は、現場オペレーターから管理職へ昇進がしやすいということです。

顧客対応が上手くある程度成績が残せていれば、それだけで昇進できることもあります。

そのため自分が望むのであれば、出世も比較的簡単です。

コールセンターにいるのは「お金がラクに稼げて趣味が楽しめればいい」という人も多く、出世に興味がないため競争率もそこまで高くありません。

正社員になりたいとか、上に登り詰めたいという野心がある人には、良い仕事だと思います。

在宅勤務が可能な職場が多い

在宅勤務が珍しくなくなり、出社しなくても普通に仕事ができるようになった昨今。

それにも関わらず、出社を義務付ける仕事も多くあります。

コールセンターは、在宅勤務を導入している職場が多く、その点でラクができる環境が整っています。

通勤に時間を取られたくない、ラッシュに巻き込まれたくないという人には、ピッタリな仕事です。

中にはヤバい会社もあるので事前のリサーチは必要ですが、ここも大きなメリットと言えるでしょう。

30代男性がコールセンターで働く際に注意すべきポイント

コールセンターは未経験でも採用されやすく働きやすい仕事ですが、注意してほしいことや覚悟しておいてほしいこともいくつかあります。

先輩や上司は年下である場合が多い

コールセンターで働く人の年齢層は幅広く、10~50代となっていることが多いです。

また、昇進がしやすいため、20代前半で管理職になっているケースも珍しくありません。

当然、自分より先輩や上司は若い人が多く、年下であることもザラです。

もし年下に指導されることに抵抗があると、仕事がやりづらくストレスがかかりやすいでしょう。

ここを受け入れ柔軟に接することができるか資質が問われます。

最初の3~4ヶ月間は試練の期間

コールセンターの仕事は、研修だけでは賄いきれない部分が多く、習うより慣れろという風潮が強いです。

顧客対応に慣れて知識がある程度身に付くまで、平均して3~4ヶ月はかかるもの。

それまではとにかく必死でやるしかなく、精神的に苦しい場面も多いです。

そのため、この期間内に辞める人が多く、まさに試練と言えます。

ただここを乗り切ると余裕が出てきて、徐々にラクになってくるので、いかに耐えられるかが勝負というところです。

就業先は慎重にリサーチする必要あり

コールセンターの求人は比較的多くありますが、中には管理体制がいい加減で、社員の扱いが雑な職場も多いです。

そういう場所は顧客の質も悪く、病んでしまう人が多いという問題を抱えていることも多いため、コールセンターであればどこでもいいという考え方は危険です。

事前に口コミサイトを確認するなど、就業先の候補をリサーチすることは欠かせません。

入ってから絶望したりガッカリすることがないように、慎重に選ぶ必要があるでしょう。

今後のキャリアの足掛かりにしよう

以上がコールセンターを30代男性におすすめする理由と注意点です。

未経験で特筆できるスキルがなくても、自分次第でチャンスがたくさんあるのは、コールセンターならではです。

今後の自身のキャリアの足掛かりとして、コールセンターの仕事をしてみるのは十分アリではないでしょうか。

大変なこともありますが、慣れてしまえばこれほどラクな仕事もなかなかないので、ぜひ1度はチャレンジしてみることをおすすめします。

↓↓↓コールセンターで働いてみる↓↓↓

あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました