30代で人生に焦るのはおかしくない。ここからが勝負だ

お金・副業・キャリア

30代を迎えると、自分に焦りを感じる人が多く出てきます。

「このままでいいのだろうか」とか「まだ何も大したことができていない・・・」と、これまでへの後悔とこれからへの不安に、苦しい日々を送っている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、30代における人生の焦りについて、その原因や解決策を解説します。

この記事のポイント

・30代の焦りの原因は『周囲との比較』にある
・生き方に優劣はないので自分のできることをしていけばいい
・30代からが人生の勝負。コーチングを受けるのもおすすめ

30代で焦るのは何もおかしいことではない

まず安心してほしいのは、30代で人生に焦るのは、誰にでも起きうるということです。

口には出さないものの、誰もが多かれ少なかれ、何とも言えない焦りを抱えているもの。

なので決して自分がダメだとか、ネガティブな感情を抱く必要はありません。

むしろこの機会に1度、自分の人生について改めて考えてみるのが良いでしょう。

焦りの正体は『周囲との比較』にある

30代で人生に焦る原因はいくつかありますが、その中でも多いのが自分と周囲を比較することです。

同年代の友人や知人を見ると、会社を興して社長になっていたり、管理職として何人もの部下を率いていたり、独立して活躍していたり。

また、結婚して家庭を築いていたり、子どもと楽しそうに過ごしていたり。

その一方で、自分は今も平凡な会社員のままで、独身で1人寂しく暮らしている・・・

30代になると、そうした周囲との差が目に見えて分かることが多くなるため、焦りを感じる場面も増えてくるのです。

さらに、マスメディアの記事でも30代の年収や所帯持ちの有無といった状況がアンケート調査で出されており、そこの平均から自分がはみ出ているとより焦りが増幅されます。

このように、30代は様々な方向から、自分と周囲の現状を目の当たりにしやすくなる年代なのです。

生き方に優劣はない

人生に焦りを感じている方は、「今まで自分は何をしてきたんだろう・・・」と後悔しているかもしれません。

しかし、人間の生き方に優劣などなく、何が正しくて何が間違っているといった解答も存在しません。

後悔する必要は全くないので、今後について考えることに注力しましょう。

自分が生きたいように生きられているなら、それが最良ということなのですから。

焦りをなくすためにしておきたいこと

人生の焦りは、周囲と比較して、自分に不足しているものがあるということ。

つまりそれを補うことができれば、そうした焦りを感じることも無くなります。

どうしても焦りを拭えない方は、以下のことをしておくと良いでしょう。

・勉強
・読書
・運動
・趣味
・友人、恋人探し

30代は身体も頭もまだ十分に働きます。

知識や技能、体力は頑張った分だけ伸ばすことが可能。

その気になればどこへでも行けますし、何だってできるでしょう。

たとえ重要な役職についていなかったり、結婚をしていなくても、それがイコールで不幸というわけではありません。

自分なりの充実した生活を送るために、自分ができることをやっていくことが大切です。

30代からが勝負。何も問題ない

30代で人生を焦る必要はないことを、理解いただけましたでしょうか?

社会人としてそれなりの経験を積んできたにせよ、人生という枠で見ればまだ30年ほどと、ひよっこに変わりはありません。

その観点から見れば、人生はここからが勝負です。

周囲は気にせず自分と向き合いながら、着実に前へ進む努力をしていきましょう。

そうすれば、必ず自分の理想を実現できます。

どうしても今後の焦りや不安が残る方は、コーチングを受けてみることをおすすめします。

自分のこれまでとこれからについて、プロのサポートのもとでじっくり整理することができるはずです。

↓↓↓コーチングを申し込む↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました