つらい仕事は辞めていい。ストレスフリーな環境を実現するために必要なこと。

つらい仕事は辞めていい。ストレスフリーな環境を実現するために必要なこと。 お金・副業・キャリア
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

「1度きりの人生、ストレスなく楽しく生きたい!」という願望は、誰もが持っているものです。

しかし、現実には日々仕事に追われるストレスフルな環境で、心身をすり減らしてばかりではないでしょうか。

仕方ないとあきらめるのは簡単ですが、毎日そんな生活では何のために生きているのか分からなくなりますよね。

本記事では、ストレスフリーな環境を実現して、楽しく生きるために必要なことについて解説します。

スポンサーリンク

ストレスフリーな環境は実現できる

つらい仕事は辞めていい。ストレスフリーな環境を実現するために必要なこと。

結論から言うと、ストレスフリーな環境は決して夢物語ではなく、十分に実現可能です。

100%のストレスフリーは無理でも、それに近い生活を送ることはできます。

そのために必要なことは以下の3点です。

・ストレスフルな環境から抜け出す
・自分にとってのストレスフリーな環境を考える
・実現するために必要なものを準備する

「ストレスフルな環境」は大抵の場合、いまの仕事がそれにあたる人がほとんどでしょう。
現代人のストレス要因は、仕事に関わるものばかりだからです。

「ストレスフリーな環境」は、基本的に経済的自由・時間的自由ですが、自分にとって何がベストなのか考えてみることが必要です

そこまで詰められたら、実現するために必要なものを準備します。
究極的にはお金さえあればどうとでもなりますが、それを稼ぐためのスキルと手段を持っていなければなりません。

ここまで読んでみて、「そんなの分かってるけど、できないから困っているんだ!」という方もいると思います。
なぜ分かっているのにできないのかというと、細分化(具体的に何をしていけばいいかの明確化)ができていないからです。

ここからは、この細分化をしていきます。

つらい仕事を辞める準備をする

つらい仕事は辞めていい。ストレスフリーな環境を実現するために必要なこと。

ストレスフリーな環境を実現するにあたり、まずは今のストレスフルな環境から抜け出す必要があります。

ストレスの要因となっているのが仕事であれば、辞めるのがベストな選択です。

ただし計画性なく辞めてしまうと、収入が途絶えてお金に困ることになるため、その前に以下の5つの準備をしておくべきです。

貯金額を確認する

今の貯金額を把握しておくことは、仕事を辞めるにあたって非常に重要です。

そのお金はいざという時の命綱となります。

どの程度あればいいのかは人によりますが、最低でも3か月間は生活できる金額があると心に余裕が持てます。

貯金がないようであれば、

・今の仕事をもう少し続ける
・アルバイトなど副業をする
・失業手当などの公的支援を受ける

といった方法を検討しましょう。

失業手当(失業保険)について調べる

失業手当は公的支援制度の1つです。

諸条件を満たしていれば、一定期間は給付金を受け取ることが可能です。

退職理由や年齢などで給付額・給付期間は異なりますが、受給できるのであれば利用すべきです。

自分が受給対象かなど、事前に確認しておきましょう。

失業手当について詳しくは、ハローワークのホームページに全て記載されています。

雇用保険手続きのご案内

すぐに稼げる手段を持っておく

もし仕事を辞めてから、不測の事態があってお金が必要になった場合、すぐに稼げる手段がなければどうしようもありません。

そこで今のうちに、いざという時に備えて稼ぐ手段を確保しておく必要があります。

現在は『タイミー』や『シェアフル』など、単発で働いてすぐに給料を受け取れるサービスも多いので、事前に登録しておくとよいでしょう。

退職時期を決める

退職は会社にその意志を示してから、2週間で雇用が解約されると民法で定められています。

雇用の期間に定めがないときは、解約(=退職)の申入れから2週間が経過すると雇用契約が終了する

民法第627条第1項

つまり、自分が辞めたい日の2週間前に会社へ伝えれば問題ありません。

後任へ引き継いでおかなければならないことは、あらかじめ全てまとめておくとスムーズです。

会社によっては、就業規則で「退職するには〇か月前にその意思表示をしなければならない」などと定めていることがあります。

しかし、その場合でも優先されるのは民法なので、なるべく早く辞めたいのなら従う必要はありません。

退職準備の進み具合など総合的に見て、慎重に決めましょう。

退職代行サービスでストレスなく退職する

仕事を辞めるにあたって関門となるのが、退職意思を会社に伝えることです。

基本的には直属の上司に伝えることになりますが、この上司との関係性が悪いと、伝えにくいですしストレスになりますよね。

そこで役立つのが退職代行サービスです。

申し込みが完了すれば、あとは代行業者が退職するまでの手続きを代行してくれます。

会社と話し合う必要はないので、ストレスを感じることなく辞めることができます。

代行業者とのやり取りも電話かLINEで行えるので、自宅にいながら気軽にできるのもメリットです

↓退職代行サービスへ申し込む↓

会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

ストレスフリーな環境について考える

つらい仕事は辞めていい。ストレスフリーな環境を実現するために必要なこと。

仕事を辞めてストレスフルな環境から抜け出せたら、次はストレスフリーな環境を作っていく段階です。

以下の順番で考えていきましょう。

自分にとってのストレスフリーとは

まず自分にとってストレスフリーな環境とは、具体的にどんなものを指すのか明確にしてみましょう。

例えば、

・仕事をしなくてもよい環境(不労所得による生活)
・いつでもどこでもやりたい仕事ができる環境(リモートワーク)
・人間関係のしがらみがない環境(フリーランス)

というものです。

これを明確にしておかないと、努力する方向性が分からなくなり、モチベーションの維持も難しくなります。

優先順位をつける

100%のストレスフリーな環境を作ることは不可能です。

そこで重要となるのが、自分が最も重視するストレスフリーは何か?ということです。

仕事をしたくないなら不労所得のシステムを作り上げることに注力すればいいですし、自由気ままに働きたいならフリーランスで稼ぐ手段を得ることに全力を注げばよくなります。

複数のことを同時に追うのは難しいので、まずは1つに絞るのが現実的です。

最適な就業形態

自分が思い描くストレスフリーな環境を実現するためには、仕事をどうするかが肝になります。

会社員だからといってストレスフルになるとは限りませんし、フリーランスや起業してもストレスフリーになるとは限りません。

人によって向き・不向きが異なるように、就業形態も最適なものは異なります。

どの働き方が自分にとって最もストレスフリーなのか、これまでの経験も踏まえて分析してみましょう。

実現に必要なスキル

ストレスフリーな環境を実現するには、何かしらのスキルが必要となります。

そのスキルは何か、身につけるために何をすべきか、明確にした上で取り組みましょう。

スキル獲得に必要な大抵の情報はインターネット上に存在していますが、信頼性やクオリティは玉石混淆です。

インターネットだけに頼らず、コストをかけても本や講座などで、基礎からスキルを身につけていくことをおすすめします。

また、スキルは知識だけではなく実践経験を重ねていかなければ、本当に身についたとは言えないことを覚えておきましょう。

ストレスフリーな環境で人生の幸福度を上げよう

つらい仕事は辞めていい。ストレスフリーな環境を実現するために必要なこと。

今の世の中、ふと周囲を見渡すと疲れた顔をした社会人ばかりです。

イライラしていたり、険しい顔をしていたりと、余裕のないストレスフルな環境で生活していることが分かります。

それが楽しい人生かというと、絶対にそうではありませんよね。

繰り返しますが、ストレスフリーな環境の実現は不可能ではありません。

諦めずに努力を続けて、楽しい生活を送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました