格闘技をやっていて良かったと思うこと

格闘技のこと

僕は格闘技をかれこれ10年以上続けています。

プロになるわけではなく、しかしアマチュアとしてそれなりに練習し試合に出場したりと、単なる趣味ではないレベルで、思い入れが強いです。

「何で続けているの?」とか「どこを目指しているの?」など、色々言われることはありましたが、それでも辞めずにやっているのは、格闘技で得られたものがたくさんあるからです。

今回は、その中でも格闘技をやっていて良かったと特に強く感じたことをつらつらと書いていきます。

人の痛みが分かるようになった


格闘技は読んで字のごとく、相手と闘うスポーツです。

当然殴られたり蹴られたりするわけで、ケガは日常茶飯事ですし、一歩間違えば死ぬ可能性もあります。

つまり常に痛みを味わうこととなりますが、自分がそれを痛感したからこそ、相手の痛みも理解できるようになりました。

これは格闘技をやっているからこそ、感じることのできたものだと思います。

強い人はたくさんいるという世の中の広さを知った


10年以上格闘技をやってきて、「何だこの化け物は…」と思う人とたくさん会ってきました。

自分よりも体格は小さいのに完全に遊ばれて手も足も出なかった人や、ほとんど力を入れていないのに身体の芯に響く威力の攻撃を繰り出してきた人など、今思い出しても恐ろしいと感じる人達がいます。

よくヤンチャなお兄さん達が「喧嘩無敗」などの自慢をしていますが、格闘技をそれなりにやってきた身からすると、正直それを自慢している時点で身の程知らずだなぁと思ってしまいます(笑)

世の中には自分の想像もつかない程の猛者がたくさんいます。
これを身をもって知っているか知らないかで、世の中の見方は大きく変わります。

自分に自信が持てるようになった


僕は格闘技を始める前、身体の線が細く色白で周囲からは「弱そう」とバカにされていました。

もちろんとても悔しかったのですが、事実であったため言い返すこともできず、虚しい気持ちを抱えて自分に自信がありませんでした。

しかし、格闘技を始めて試合に出られるくらいになった時、「お前、変わったな…」とかつて僕をバカにしていた連中から驚かれるほど、体格も雰囲気も変わっていたことにその時初めて気付きました。

それからは自分に自信が持てるようになり、物事にも前向きに取り組めるようになったと思います。

もちろん、僕の格闘技の実力は下から数えた方が圧倒的に早いことは間違いありませんが、それも踏まえた上でここまでやってこれた自分には自信を持っています。

格闘技で得られたものは一生の宝になる


ここまで書いてきたものはどれも、今後の僕の人生の糧になるものに間違いないという確信があります。

格闘技は他の競技に比べて危険性はあるかもしれませんが、その分得られるものは本当にたくさんあると思っています。

これを読んで格闘技に多少なりとも興味を持ってもらえたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました