キックボクシングからボクシングに転向して苦戦したこと

格闘技のこと

今や格闘技界で知らない人はいないであろう那須川天心

彼がキックボクシングを引退しボクシングに転向するという発表をしたことで、格闘技界には激震が走りました。

僕はプロでも何でもないアマチュアですが、これまで格闘技を10年以上やっていて、その中でキックボクシングからボクシングに転向した経験があります。

だからこそ、この転向がいかに覚悟が必要で大変なことか多少なりとも分かります。

表面的には『キックがあるかないか』の違いだけに見えますが、やる側からすればそれがあるかないかというだけで恐ろしいほど別物となるのです。

今回はキックボクシングからボクシングに転向した経験のある僕が、転向した際に苦戦したことをお話します。

格闘技を転向するとどういった大変さがあるのか知りたい人、実際に格闘技をやっていて転向を考えている人の参考になれば嬉しいです。

構えと重心のかけ方の違い

僕はキックボクシングをやっていた時、基本的にアップライトスタイルと呼ばれる構えを取っていました。

これは身体の重心10割のうち、前足に2~3割、後ろ足に7~8割をかけるようにして、両手をこめかみにしっかりつけるイメージで構えるいわゆるムエタイ選手が取るスタイルです。

こうすることで前蹴りを中心としたキック全般が出しやすくなり、相手のキックもガードしやすくなります。

また、相手の動きが見えやすくカウンターも狙いやすいという、どちらかというと防御に焦点をおきつつ相手を追い詰めていくのに向いています。

これに対してボクシングでは、基本的にクラウチングスタイルという構えを取ります。

アップライトとは反対に、前足に7~8割、後ろ足に2~3割の重心を置き、ジリジリと近づきづつ強いパンチを繰り出し相手を倒すことを目的とする攻撃に焦点を置いたスタイルです。

アップライトスタイルでの闘い方に慣れていた僕は、これと正反対のボクシングのクラウチングスタイルになかなか馴染めず、気が付くとアップライトに戻ってしまっていることが多かったです。
※ボクシングにもアップライトスタイルはありますが、僕に教えてくれたトレーナーがクラウチングスタイルでの闘い方を得意としていたため、希望して教えてもらいました。

キックボクシングで身に付いたクセが足を引っ張る形になってしまったのです。

距離感の違い

キックボクシングではパンチとキックがあるため、相手との距離感はキックの届く範囲も加味してやや遠くなります。

ボクシングはパンチのみのため、必然的に距離感はキックボクシングより近くなり、打ち合いになる場面も多くなります。

僕は全く気付かなかったのですが、ボクシングを始めたばかりの頃にスパーリングを見ていた人達から「距離感が普通のボクサーよりも遠くて、まさにキックボクサーという感じがしたよ。」と言われて、そこで初めてキックボクシングの距離感が染み付いていたことに気が付きました。

距離感が遠い分相手の攻撃は当たりにくく、急な踏み込みから一気に距離を詰めて攻撃してくるのでその早さに相手が戸惑うようになり良い武器だと言ってもらえましたが、同時に距離が遠いからやや攻め手が少なく消極的に見えるという欠点も指摘され、それからしばらく距離感の調整に苦労しました。

戦略の組み立て方の違い

僕はキックを主体とした戦略を取る典型的なキックボクサーだったので、パンチのみのボクシングではここに本当に苦戦しました。

例えば相手がグイグイ前に出てくるタイプの場合、キックボクシングであれば前蹴りで突き放したり膝蹴りで迎撃していましたし、逆にカウンター狙いのタイプの場合は相手の射程外ギリギリから様々なキックを当てつつ距離を取りカウンターをもらわないようにするなどしていました。

しかしボクシングではこれらが全くできないため、いちから戦略を組み立て直すこととなります。

全くの未経験者であればそれを少しずつ覚えればいいだけですが、僕のようにキックが前提にあった人間にはどうしてもパンチだけでの戦略に当初違和感が付きまとい、相手に追い詰められると前蹴りや膝蹴りを出したくて仕方なかったです(笑)

転向によって広がる新しい世界

キックボクシングとボクシングは、似て非なる完全な別のスポーツです。

僕のようなしがないアマチュアでさえ苦労と苦戦の連続だったので、トップレベルのプロの世界で転向し飛び込んでいくのがどれほど厳しいものなのか想像もつきません。

しかし、転向することでそれまで経験したことのない刺激を受け新たなテクニックが身に付き自分の世界が広がっていくという楽しさとワクワク感があるのも事実です。

もし今格闘技をやっていて転向を考えている人は、覚悟を決めて1度挑んでみてはいかがでしょうか。

***************************

僕の使っているボクシングブランドです。
安価で品質も良いのでオススメです。

↓↓



コメント

  1. タカ より:

    過去に転向された土屋ジョーさんは、距離の近さへの恐怖心が最後まで拭えなかったと正直におっしゃってましたね。

タイトルとURLをコピーしました