キックボクシングの練習中に流したいおすすめの5曲

格闘技(関連)商品紹介

キックボクシングの練習では自分自身のモチベーションを上げることがとても大切です。

スタミナやテクニックは今の自分に備わっているもの以上には出せませんが、モチベーションは出そうと思えばいくらでも出せるものだと思っています。

今回は音楽を聴いて気持ちを高め、モチベーションを上げるのにオススメの曲を5つご紹介します 。

Salamander (ELLEGARDEN)

ELLEGARDEN(エルレガーデン)の曲はどれもカッコいいのですが、このSalamander(サラマンダー)はその中でもダントツです。

冒頭は静かなイントロなのですが、そこから一気に燃え上がるように曲調のボルテージが上がって、サビでは何かが覚醒したように最高潮に達します。

Time of Dying (Three Days Grace)

曲名を直訳すると『死ぬ時』というハードなワードが出てきますが、歌詞の中では何度も「決して力尽きない」と諦めず抗い続けている人間の姿が表現されています。

それに呼応する形で曲全体から粘り強さと不屈の意思を感じさせる雰囲気が出ています。

「もう限界だ…!」という時の最後の1歩を出すことを後押ししてくれるような曲です。

FRIED UP (the rampage from exile tribe the rampage)

こちらの記事でご紹介している作品、『HiGH&LOW THE WORST』の劇中歌です。

劇中では最終局面のバトルシーンで流れるのですが、それに相応しい歌詞とリズムです。

「背中に数え切れないほどの想い背負ってここにいる」
「要らないもの全て削ぎ落として立ち向かえ」

という歌詞は、格闘技をやっている人が聞いたらついつい熱くなってしまいませんでしょうか?

僕はランニングや筋トレの時にもこれを聴いてモチベーションを高めています。

SWAG&PRIDE(the rampage from exile tribe the rampage)

こちらは『HiGH&LOW THE WORST』の主題歌です。『FRIED UP』と比較するとこちらの方がより疾走感があり、「これから戦いに行くぞ!」という気迫と「絶対に倒れねぇ!」という覚悟が歌詞に滲んでいます。

The brave(feat.yosh)-CRISIS OST-Hiroyuki Sawano

小栗旬主演のドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の中で、捕らわれた協力者を救出するべく特捜班全員でカルト教団に突入し戦闘しているシーンで流れた曲です。

曲調の勢いと力強さは、こちらでご紹介している曲の中で1番だと思います。

「邪魔するヤツは薙ぎ払う!」と言わんばかりの激しいビートが終始続きます。

自分のお気に入りの曲を探してみよう

上記5曲は格闘技へのモチベーションを上げてくれる僕がオススメするものですが、音楽の感じ方や捉え方も人それぞれなので、もしかしたら「何となく合わないな…」という場合も大いに有り得ます。

Youtubeなどでもトレーニングにオススメの曲集ということで様々な曲がまとめられているので、そこからお気に入りの曲を探すのもいいと思います。

そうしてどんどん発見していき、自分の端末でいつでも再生できるようにしておけると便利です。

今は定額制サービスでたくさんの曲を聴き放題という便利な時代なので、これを活用してキックボクシングに挑む気持ちを作り上げましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました