【保有者が語る】証券外務員資格は株式投資の役に立つのか

株式投資の基礎
この記事はこんな人におすすめ

・証券外務員資格の取得を考えている人
・証券外務員資格の勉強が株式投資の役に立つか知りたい人
・証券外務員資格を取得して株式投資でさらに稼げるようになりたいと思っている人

株式投資をしていると『証券外務員』という資格があることを知る機会が多くなります。

主に証券会社や銀行など金融関係の仕事に必要となり、証券会社に勤務する営業員は顧客に対して投資勧誘を行うためにこの資格を持っていなければなりません。

今これを読んでくださっている方の中には、金融関係の仕事には就いていないものの、勉強することで株式投資の役に立つのではと考え、取得を考えている方もいるのではないでしょうか。

僕自身もそんな中の1人で、実際に取得を目指した結果、『証券外務員一種』に合格し保有しています。

この記事では、証券外務員の資格が株式投資において役立つものなのかをお話します。

  

直接役には立たないが決して損はしない

まず結論から申し上げますと、ハッキリ言えば証券外務員の資格を取得したからといって、株式投資が上手くなってより稼げるようになるわけではありません。

しかし、取得の過程で勉強し身に付いたものは、これから生きていく上で無駄にはなりませんし、役立つ場面も出てくることは間違いないです。

ネット上では「資格だけ持っていても実務経験がなければ意味がない。」とか、「大学生だって取れるような資格だから、持っていたって強みにはならない。」などと言われていますが、僕はこれは正しくないと思っています。

証券外務員の資格はしっかり受験をして合格する必要があるので、資格取得に足るだけの知識があるという証明になります。

また、1~2日間詰め込みで勉強するだけで合格できるようなものではなく、相応の努力が不可欠な資格なので、持っていないよりも遥かに強みになります。

次項では取得したことによって僕が感じたメリットを、より具体的に説明します。

資格を取得したことによるメリット

投資全般についての基礎知識が身に付く

証券外務員の資格の問題は、金融商品取引法という法律をはじめ、債権や投資信託といった投資全般のことを幅広く取り扱います。

最初は全く分からないことがたくさんありますが、勉強を重ねていくと少しずつ理解が深まり、知識が身に付いていきます。

これらは全て投資に関わっていく上で知っておいた方が良いことであり、これから株式投資以外の投資をしていくことになった際にも役立ちます。

僕はこれを機に投資信託にも投資するようになりました。

形に残るスキルを手に入れられる

「株式投資をやっている」ということは、もちろん素晴らしい強みでありスキルです。

しかしどれだけ年数を重ねても、それが目に見える形として存在しているわけではありません。

あるとすれば、いくら利益をあげ稼ぐことができたかという事実です。

その点、証券外務員資格はしっかりと形に残るものであり、周囲に堂々と示すことが可能なスキルです。

それが自分の自信に繋がる大切な1つの要素になります。

就転職に有利に働く可能性がある

就職や転職において、自分をアピールする力は必須です。

どんなところが長所で、なぜそれが長所と思うのかという根拠まで説明し、面接官に自分という人間を売り込んでいきます。

証券外務員資格は金融関係の仕事に就くのであれば必要なものですが、それ以外の仕事であっても全く役に立たないということはありません。

なぜ取得を目指しどのように努力を重ね結果を出したか…という一連の行動力は、社会人として仕事をしていく上で持っているべき力です。

資格が直接アピールできなくても、その過程で経験したことはきっとそうした時にも役立ちます。

株式投資をしていく上でのモチベーションになる

株式投資は、終わりのないマラソンに近いです。

市場の動向や会社の業績を調べ、株を取引し利益を得て…という行為を、繰り返し積み重ねていかなければなりません。

その中では明確な目的や目標がなければ、途中で疲れた時に自分を持ち上げてくれるものがなく、あえなくリタイア…という可能性もあります。

証券外務員資格は、『取得を目指す』という分かりやすい目標の1つになるため、それに向けた勉強をしていると「株式投資も頑張ろう」というモチベーション維持に役立ってくれます。

証券外務員資格の良い点

投資に関連する資格は色々ありますが、その中で証券外務員が適している理由が主に以下の4点。

・受験資格(制限)がない
・受験費用がお手頃
・しっかり勉強すれば手の届く範囲の難易度
・更新費用が掛からない

証券外務員資格には、現在受験するための要件が設定されておらず、年齢などに関わらず誰でも可能となっています。

受験料は10,323円となっており、費用もそこまで大きな負担ではありません。
※2021年10月現在

また、出題範囲は広いものの、イチからコツコツ勉強を継続していれば金融知識がゼロの方でも十分合格可能な難易度となっています。

現に2020年度の合格率は以下の通り。

・一種外務員資格試験:74.6%

・二種外務員資格試験:68.9%

日本証券業協会

何より、資格を1度取得できれば外務員として仕事をしていない限り有効期限がなく、更新のための研修などがありません。

以上のことから、程よいクオリティと難易度の資格と言えます。

株式投資初心者には特におすすめ

証券外務員資格は、株式投資を始めたばかりの初心者こそ、取得を目指す価値が高いと思っています。

投資はただでさえ奥が深く複雑な世界なので、よく分からないまま取引を続けるよりも、まずは体系的に知識を身に付けるために資格取得を目指し勉強してみることをおすすめします。

それと並行して株式投資もしていくことで、知識と経験を効率良く積むことが可能となります。

既に申し上げた通り、証券外務員資格は決して高難易度ではないのでしっかり勉強すれば独学でも合格が可能です。

ただ、専門的な話も多く難しく感じる部分もあるので、効率良く学ぶためには資格学校の講座でスペシャリストから教わるのも1つの手段です。

自分に合った勉強方法で、ぜひ取得を目指してみてください。

生涯学習のユーキャン

コメント

タイトルとURLをコピーしました