株式投資を長く続けるための5つのコツ

株式投資の基礎
この記事はこんな人におすすめ

・株式投資を始めたばかりの人
・株式投資をやっているもののモチベーションが上がらない人
・株式投資に疲れてきてしまった人

株式投資は、基本的に孤独な戦いです。

投資仲間を作ることはできますが、最終的には自分1人で銘柄分析や取引を行い、利益も損失も自分が被ることになります。

最初は「これでお金を稼ぐんだ!」と意気込んでいた方も、ある程度やっていると思った以上に上手くいかないものだと気付き、だんだんと意気消沈していく…

そして少しずつ証券サイトを開かなくなり、離れていってそのまま退場…ということも珍しくありません。

この記事では、そんな状態に陥らないための、株式投資を長く続けるコツをご紹介します。

具体的な目的を持つ

まず最も大切なことは、「なぜ株式投資をするのか?」という目的を持つことです。

仕事のプロジェクトでも、『どこに向かうのか(ゴールはどこなのか)』が必要ですよね。

株式投資も同じで、何となく「お金を稼ぎたい」ではフワフワしていて、道が定まっていません。

これだと『ゴールはよく分からないけどとりあえず走っている』状態なので、モチベーションを保つのが難しすぎます。

そこで「株式投資でお金を稼いで何をしたいのか?」というところまで深堀りしてみましょう。

例えば僕の場合は、「新型のパソコンを株式投資で得た利益で買いたい!」という目的があります。

すると、これを実現するために必要な具体的な金額が分かり、少なくともこれが買えるまでは辞めずに続けようという原動力の1つになっています。

このように、まずは目に見える現実的なものを買うといった分かりやすい目的を作ることをおすすめします。

ムキにならず無理はしない

株式投資に必要とされるものは、『感情に流されない冷静な判断力』です。

自分がしっかり銘柄分析を行い、「これは値上がりするだろう」と予想して買ったものが、グンと値下がってしまうということは珍しくありません。

どんなベテランの優秀な投資家でも、100%分析して当てることなど不可能なのです。

注意しなければならないのは、自分の分析が外れた後に焦ってしまうこと。

そのままムキになって損切りを即断せず、まずはそこから先どう株価が動いていきそうかもう1度分析してみましょう。

僕は以前、1万円ほどの含み損となった銘柄を「これはいつか値上がりしていく可能性がある」と判断し長期保有していたことがあります。

結果的に、1年経たないくらいの時に含み益まで反発し、無事利益を確定させられました。

このように、無理せず冷静にいられれば、失敗をしたって大丈夫です。

SNSを見すぎない

SNSにはとてつもない方々が大勢います。

投資家としての利益だけで生活できるようになった方、日々多額の利益を出していることを公開している方など、自分とは天と地ほどの差を感じることもしばしば。
 
対して自分は…と比較すると、とてもショボく小さく見えるため、だんだん惨めに思えてきてしまう危険があるのです。

SNSで他の投資家がどのような目線をもって分析をしているのか、どう市場を読んでいるのかといったことなど、勉強になることもたくさんあります。

しかし、あまり他人の成功談を読んでいると羨みや嫉妬の感情が出てきて、モチベーションが下がってしまうこともあるので、ほどほどにしましょう。

日常生活に投資家目線を取り入れる

実は自分の身の回りには、投資に関するものがたくさん溢れています。

例えば今持っているスマホ、パソコン、テレビ、冷蔵庫などなど…

どれもどこかの会社が作っていて、その会社は株式を発行していて日々取引されています。

今までは何気なく流し読みしていた雑誌やテレビのCMにも、そうした投資に関する情報があります。

なので最初は気が付いた時でいいので、『投資家目線』でそれらを意識して見てみましょう。

すると今までとは全く異なる情報の捉え方ができるようになります。

それができるようになると、「株式投資って面白いな」と思えるようになるかもしれません。

自分の将来像をイメージする

あなたは1年後や3年後、自分がどんな風になっていたいかイメージしていますでしょうか。

『株式投資で月に5万円をコンスタントに稼げるようになっている』とか、『株式投資家として生計を立てられている』という具合に、株式投資を通じてどうなっていたいかを考えることは大切です。

そうすると、ではそこに行き着くために何をいつまでに出来ていればいいのか?と逆算していけるので、自分が今やるべきことがハッキリ見えてきます。

今は果てしない将来像でも構いません。

そこに至るためのステップを細かく刻んで考えれば、道は必ず見えるはずです。

イメージする力は自分が何の道具もお金も使わず可能な人間に備わった能力。これを使わない手はありません。

株式投資は続けたもの勝ち

株式投資はどれだけ細々とでも続けていれば、チャンスは必ず巡ってきます。

新型コロナウィルスで乱高下した株価だって、今は落ち着きを取り戻しているように、荒れてばかりで収まらないことはありません。

そのような事態に見舞われても、焦らず市場を見守り続け、頑張っている人に勝利の女神は微笑みます。

モチベーションが下がったら離れていいですし、お休みしても構いません。
 
ただ、続けてさえいれば何かは手に入れられることは確かです。

ぜひ株式投資をこれからも続けていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました