『仕事に行きたくない』という気持ちは押し殺さなくていい

お問い合わせ

生きていく上でお金を稼ぐために必要となる仕事。

しかし必要と分かっていても、できればしたくないものでもあります。

毎日朝が来るたびに、「仕事行きたくないな…」と憂鬱な気持ちになる方もいるのではないでしょうか。

それでも何とか気持ちを奮い立たせて仕事に向かうのは素晴らしい姿勢ですが、そんな風に自分を押し殺さなくたっていいんです。

 

行きたくない気持ちはあって当然

まず、仕事に行きたくない気持ちが沸くのは、おかしいことでも何でもありません。

僕自身、以前は毎日仕事に行きたくない気持ちを抱えていて、布団からなかなか起き上がれなかったり食欲が沸かなかったりしました。

仕事に行きたくなくてこんなに悩む自分は、社会人としてダメなのではないか。

こんな状態で、これから先社会人としてやっていけるのだろうか。

そんなことを思っていたんです。

でも、実はこの『仕事にいきたくない気持ち』って持っていない人の方が珍しいです。

大半の方々は、自分と同じように毎日気持ちを押し殺して、足を引きずるようにして何とか仕事に行っています。

だから、仕事に行きたくない気持ちはあって当然というレベルで、社会不適合者とかでは決してありません。

 

押し殺しても必ず溢れる時が来る

ただ、1つ良くないことがあります。

それは、『仕事に行きたくない気持ち』を無理やり押し殺すこと。

これは僕の経験上の話になりますが、どれだけその気持ちを押し殺しても、いつかは絶対に限界が訪れます。

そうなった時に取れる選択肢は、

・転職する
・無職になって休む

のどちらかです。

もちろん頑張って仕事を続けていく中で、楽しい気持ちが芽生えくるなどプラスの方向に変化するケースはあります。

しかし大抵の場合、今仕事に行きたくないという気持ちが心の中にあるのであれば、今後もそれが消えることはありません。

そしてそれは日を増すごとに少しずつ膨れ上がり、ある日急に爆発してしまうのです。

 

強引な我慢は取り返しがつかなくなる

どれだけ仕事に行きたくなくても、「仕事しなきゃ仕方ないんだから、我慢するしかない」と主張する方もいると思います。

確かに仕事しなければ僕達はお金が稼げず生活できないわけで、その主張は最もです。

でも、そうして気持ちを押し殺し続けると、必ず心身に悪影響が生じます。

僕は半年間その状態を続けた経験があるのですが、それによって以下の状態になりました。

・体重が5キロ減
・食欲が全く湧かずお昼はチョコレートのみ
・会社に近づくたびに気持ち悪くなって吐き気が込み上げてくる
・会社の最寄り駅の1つ前の駅で降りてしまい椅子に座ったまま動けなくなる
・「電車に飛び込んだら会社行かなくていい…」という考えが頭をよぎる

特に5つ目の症状は、命に関わる危険なものだったと今考えるとゾッとします。

ただ当時は本気で思っていて、明らかに普通ではありませんでした。

このように、人間は追い込まれるとどんな状態になるか分かりません。

その結果、取り返しがつかない事態に発展する可能性も十分あるのです。

 

自分の心に素直に従っていい

『仕事に行きたくない』という気持ちが湧いてくるのは、自分の心が悲鳴をあげている状態です。

「自分を傷つけるのはやめて」と、あなたにメッセージを送ってくれているのです。

仕事は生きていくために必要なものですが、人生の一部分に過ぎません。

世の中にはたくさん会社も仕事もあって、今いる世界が全てではなく、少し視野を広げるだけで全く違う風景がたくさんあります。

仕事なんていくらでも取り替えることができますが、あなたの身体と心はどれだけお金を積もうと取り替えることができない大切なもの。

どうかそのことを忘れずに、自分の今の気持ちから目を逸らさず、真剣に向き合ってあげてほしいです。

もう1度言いますが『仕事に行きたくない』という気持ちは押し殺さなくていいんです。

自分のことを1番に考えて、行動してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました