出世コースから外れて良かったと思う5つの理由

お金・副業・キャリア

どんな会社にも出世するための道、いわゆる出世コースというものが存在します。

これに乗っている限り、順調にいけば役職が上がっていってその会社での将来は安泰でしょう。

しかし、ひとたび出世コースから外れれば、場合にもよりますが戻るのは困難だと思います。

僕はかつて、意図せぬ形で出世コースに乗っていたことがあり、自分から外れた経験を持っています。

詳しい理由を知らない周囲の人は、僕が出世から外されたと思われていてしばらくの間、腫れ物に触るような接し方をされました。

しかし当の僕はというと、外れられたことで以前よりも楽しく幸せな日々を送れるようになったので全く気になりませんでした。

この記事を読んでくださっている方の中には、もしかしたら出世コースを順当に進んでいたのに外れてしまい、ショックを受けている方もいるかもしれません。

でも、外れたら外れたで悪いことばかりではないんです。

そこで僕が出世コースを外れて良かったと思った5つの理由をお話しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

出世コースから外れた経緯

本題の前に、なぜ僕が出世コースから自ら外れたのかをお話しておきたいと思います。

実は僕はもともと、出世には何の興味もないタイプの人間でした。

自分が楽しく仕事をできてさえいればそれで良かったので、出世とは縁遠いと思っていましたし、声がかかることもないと考えていたんですね。

ところが、ある日上司から「社内の管理職登用試験を受けてみないか?」と言われ、僕はどうせ受からないしと記念受験のつもりで受けることになったのです。

するとまさかの採用となり、役職につき出世コースに乗ることに。

そんな結果になるとは露ほども思っていなかったのでとても焦りましたが、自分で受けた手前辞退することもできず・・・

そこから目まぐるしい毎日が始まりました。

そこから1年ほど経ったある時、もう心身ともに限界だと感じた僕は、会社を辞めようと決意。しかし、上司と相談の末平社員に戻ることとなり出世コースから外れたのです。

そして、僕は以下のように充実した日々を取り戻すことができました。

仕事のストレスがほとんどなくなった

役職についていた時は、とにかくストレス値が高く辛い毎日でした。

自分の仕事は当たり前にこなし、部下のフォローや尻ぬぐい、上司から降ってくる突然のタスク、毎週の報告書、意味のない会議の連続など・・・

労働基準法の関係で残業時間をとてもうるさく言われていましたが、どうやっても業務時間内に仕事が終わらず、サービス残業することが常態化していました。

それなのに、給料は平社員時代に比べてそこまで上がっておらず、「これだけ仕事してこれか・・・」と毎月給料日のたびに絶望していたのを覚えています。

そんな毎日を過ごしていてストレスがとにかく溜まりまくっていましたが、出世コースから外れ平社員に戻ると、そういったストレスは一切なくなりました。

もちろん仕事上のストレスはありますが、自分の仕事さえきっちりやっておけばそれ以上はないので、とても気がラクです。

気持ちに余裕ができた

仕事のストレスがほとんどなくなったことに派生して、自分の気持ちに余裕が持てるようになりました。

それまでの僕は仕事中はもちろん、仕事が終わった後も時間に追われ何かとバタバタしており、他のことを考えることができませんでした。

また、仕事が終わらなすぎてピリピリしてしまい、部下に怖がられているのを知りつつも、どうにもできない自分がいたのです。

でも出世コースから外れ、「これからは自分のために時間を使おう」と決意してからは、心にゆとりが生まれて自分の中に平穏を取り戻すことができました。

事実、部下だった子達にも「表情が柔らかくなった」と言われるようになり、気さくに接してくれるようになって嬉しかったです。

プライベートが充実した

出世コースから外れ平社員に戻ったことで、残業はほとんどなくなりました。

それに伴い仕事以外のプライベートな時間が大幅に増え、これまでやりたくてもやれなかったことを次々に実行することができるようになりました。

以前であれば友人と仕事後に食事に行くことも、気になるお店に買い物に行くことも、ジムに行くこともできなかったのに、全てできるようになったのです。

仕事ばかりの毎日でまさに社畜の状態から抜け出すことができたのは、とても嬉しかったです。

たまる一方で使うことのできなかった有休も消化できるようになり、会社員としての権利を存分に使えるようになったのはすがすがしい気分でしたね。

副業をする時間が確保できた

平社員に戻ったことで、給料は以前より落ちました。

その点だけ見るとマイナスに見えるかもしれませんが、僕にとっては全くそうではありません。

なぜなら、自分の時間が大幅に増えたことによって、副業する時間をしっかり確保できるようになったからです。

今の時代、会社員としての給料はどれだけ頑張ってもなかなか上がらず、上がったとしても数千円単位です。

副業は自分1人でゼロから構築していく必要があるため大変ですが、その分可能性も大きく、上手く軌道に乗れば数万円以上を稼ぐことも可能。

何より、収入源を増やすことができるので、会社員の給料に依存することもなくなってきます。

これからの時代、正社員さえどうなるか分かりませんから、こうして自分で収入源を作ることはとても大切なことです。

スキルアップをするモチベーションが上がった

役職についていた時は、日々仕事に追われ自分のキャリアについて考えることなど全くありませんでした。

しかし、平社員に戻り時間に余裕ができたことで、「これから自分はどうしていこうか」と今後を冷静に考えるようになり、その中でスキルアップしていかなければならないと感じるようになりました。

会社員の仕事で身に付くスキルは、その会社でしか使えないものも多く、汎用性がないことが欠点です。

だから社会人として仕事をしていく上で、幅広く活かせるものをと考え、様々な資格取得に向け勉強するようになりました。

他人に指示されて渋々やるのと、自分で能動的にやるのとでは身に付くものも大違いです。

こうしたモチベーションが上がって取り組めるようになったのも、出世コースから外れたおかげですね。



出世コースから外れたって人生は終わりじゃない

僕は自ら出世コースから外れた人間なので、そうではなく外されてしまった方からすれば「お前と一緒にするな!」と思われるかもしれません。

しかし、僕がこの記事を通して伝えたいのは、「出世することが全てじゃない」ということなんです。

会社で出世できる人は、その会社での仕事ぶりなどが評価されているということです。

それは誰でもそうなれるわけではなく、素晴らしいことに間違いありません。

でも会社というのは無情なもので、自分に落ち度がなくても被害をこうむることがよくあります。

出世コースから外されるというのも、その1つです。

事実、僕の会社では数名が自分の意に反してコスト削減という名目で役職を下ろされ、出世コースから外されました。

彼等はとてもショックを受けており、見ている側としてもやるせない気持ちになりました。

ただ、もし出世コースから外れても、人生はそこで終わるわけではなく、また自分の人生が否定されたわけでもありません。

長い人生の中の単なる1つの出来事として捉え、前を向けば見えてくるものがたくさんあります。

落ち込んで投げやりになるのではなく、これを良いキッカケとして、自分の人生をより良いものにするためにどうしていこうか考える。

今まで出世コースで懸命に頑張ってきたのであれば、それもできるはずです。

ぜひ、新しい1歩を踏み出してもらえれば何よりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました